聞き上手になりたい!相手を安心させる話の聞き方とは?

聞き上手になりたい!相手を安心させる話の聞き方とは?

聞き上手になりたいと思う人も多いのではないでしょうか?聞き上手の女性は非常にモテると言われています。それはなぜかと言うと、男性は女性よりも、比較的「自分の話を相手に聞かせてあげたい、聞いてもらいたい」と感じている人が多いからです。そんな男性の欲求を満たせる聞き上手な女性は、自然と好印象を持たれることが多く、モテ女を目指すなら、聞き上手としてのスキルをつけておくことは絶対なのです。

聞き上手になりたい理由

聞き上手になりたい理由

まずはどうして聞き上手になりたいと思うのか、聞き上手になりたい理由は以下のとおりです。

モテたい

聞き上手になりたいと思う大きな理由、それは聞き上手な人は自然と周囲に人が集まってくるからです。恋愛の面では、聞き上手であれば男性から「この人と一緒にいると楽しい・楽だな」と思われます。聞き上手になると人から話を引き出すのがうまくなり、恋にも役に立つのです。

仕事がデキる人になりたい

聞き上手になれば仕事も円滑に進みます。相手の意見をくみ取りつつ、的確に質問をしたり、相手の気分をよくして情報を引き出すことだ手出来るのです。

人間関係で悩んでいる

聞き上手になりたいという人は、人とのコミュニケーションがうまくいかず、人間関係で悩んでいる人が多いようですね。どうしても話が続かない、喧嘩してしまうなど、コミュニケーションでの悩みを抱えている人は、聞き上手になりたいと思うようです。

 

今回は特に気になる男性から「話しやすいな」と思われる聞き上手になりたい!という人に向けて、聞き上手になるためのコツなどをご紹介していきます。

聞き上手になりたい人必見!話の聞き方のコツ

聞き上手になりたい人必見!話の聞き方のコツ

聞き上手としてのスキルですが、どのように相手の話を聞いていけば、男性から「この人とは話しやすい」と思われるものなのでしょうか。早速、聞き上手になりたい人が知っておきたい「話の聞き方のコツ」をまとめてみました。

ただ相槌を打っていれば良いわけではない

聞き上手になりたい人に意外と勘違いされがちなのが、「聞き上手=ただ話を聞いている」ということです。そもそもただ話を聞いていることなら誰だってできるものでしょう。

では、聞き上手の女性はどのようなテクニックで話を聞いているのかと言うと、相槌やオウム返し、話に対する質問などをちょうど良く織り交ぜて聞いているのです。ただずっと相槌を打っているだけでは聞き流している感満載ですし、いつもオウム返しでは不自然なものです。質問してばかりでは、逆に相手の話を遮ることになりますので、この3つもうまくバランスよく使い分けていくことが重要なのです。

基本的には常に相槌を打ち、気になったことにはオウム返しをしたり、質問をしたりします。これだけで、相手の話に「興味を持って」聞いている感が出てくるのです。

話に興味を持つことが大事

前項では解説してきたことをおさらいすると、相槌、オウム返し、質問、この3つを織り交ぜて話を聞くことで、話に興味を持っている印象が強く出るものです。この興味を持っているという姿勢が、聞き上手としてのスキルを高めるうえでとても重要なポイントになります。

聞き上手の女性は、ただ話を右から左に聞き流しているのではなく、自分も相手の話に興味を持って耳を傾け、「聞く」というかたちで会話に参加しているのです。だからこそ「それで、それはどうなったの?」「それってこういうこと?」という質問も出てきますし、「すごーい!」などのリアクションも出ます。相手の話を聞き流したいから聞き上手になりたいということでは、残念ながら一生聞き上手になることはできません。

相手の話に興味を持つ、自分の知らないことを知ることができる喜びを感じること、その姿勢が、聞き上手には何より求められるのです。

合コンをしていて、その場では話も弾んで盛り上がって、仲良くなれるかも!と思っても、あれからお礼のLINEをしただけで連絡を取ったり会ったりしていない…そんな経験をお持ちの方は男女ともに多いはず。

お互いが待ちの姿勢だと、その後の交流が生まれないのは当然ですが、それ以外にも次につながらない理由はあります。

★引用元:合コンから次につなげるためのテクニック~聞き上手編(by lulu)

 

リアクションにバリエーションを

聞き上手になりたいのなら、リアクションにバリエーションを持たせること、そして感情を込めてリアクションすることが大切です。

例えば、相槌を打つにしても、いつも「うん」ばかりでは、「本当に聞いてるのかな…」と相手に不安を与えることになってしまいます。相槌も、「うん」「そうだね」「そうそう」「へ~」など、いろいろなパターンを織り交ぜて挟み込んでいけると良いでしょう。「すごい」など、相手を褒めるようなリアクションも、「さすが」「かっこいい」「最高だね」など、バリエーションを持たせることはいくらでも可能なものです。そしてもちろん、感情や抑揚をつけることも忘れずに、です。

聞き上手になりたいなら、ただ自分の脳を停止させて話を聞いていれば良いというわけではないのです。相槌やリアクションの部分で、聞き上手の女性はしっかりと頭を使いながら話をするものなのです。

 

相手を肯定するように話を聞く

話を聞く際は、基本的に相手を肯定するように聞いていくことがポイントになります。

相手が話しているとき、「でも…」「だって…」と否定的な意見を挟むようでは、相手は気持ちよく話すことができません。繰り返しになりますが、特に話好きな男性は、自分の話を聞いてもらいたいという気持ちが強いため、「否定的な意見を言われること」は求めていないものなのです。状況にもよりますが、基本的に「そうだね」「そう思う」と肯定的に話を聞くようにすると、相手は話す環境としてとても穏やかな空気を感じ取ってくれるのです。

そんな空気感こそが、聞き上手の女性が出せる魅力的な雰囲気です。相手の男性は、「一緒に話していると落ち着く」という印象を持つようになり、積極的にその人のもとに行くようになります。これが聞き上手の女性がモテる理由の一つですね。ぜひ相手を肯定して話を聞く、そんな心地よい空気作りを心がけてみましょう。

好きな人と一緒にいると緊張して何を話していいかわからない・・・そんな悩みを持つ人には是非参考にして欲しい内容です。
恋愛だけでなく、学校や仕事でもつかえる「聞き上手」になるコツをお伝えします。

★引用元:絶対身につけたい!恋愛以外にも役立つ「聞き上手」になれる方法♡(by Mayako)

聞き上手になりたい人がやってはいけないこと

聞き上手になりたい人がやってはいけないこと

最後は、聞き上手になりたい人がやってはいけないことをご紹介します。聞き上手どころか「この人と話したくない」と思われないように注意しましょう!

食い気味の返事

まだ彼が喋っているのに「それってこういうことでしょ?」と遮って勝手にまとめてしまったり、相槌を打ちすぎてしまうのはよくありません。男性からしてみると自分の話が下手なのか、焦らされてるのかと不安になってしまいます。

嘘をつく

彼によく思われたいからといって、適当に「私もそう思う!」と彼に共感したり、「私もそういう経験あるな~」と嘘をつくのはやめましょう。後々嘘がバレるとモテるどころか嫌われてしまうかもしれませんよ。

ながら聞き

聞き上手になりたいなら話は真剣に聞きましょう。スマホをいじりながら話を聞いたり、全然違う方をみながら話を聞いたり、自分ではちゃんと相槌を打って聞いているつもりでも、相手からすると「全然話聞いてないじゃん!」と思ってしまいますよ。

まとめ

いかがでしたか?聞き上手の人はただ話を聞いているだけかと思いきや、意外といろいろなところで気配りを欠かさないものなのです。ただ話を聞いていれば聞き上手になれると思っていた人は、少しハードルが高く感じられるかもしれません。

ですが、相手の話に自分から興味を持って耳を傾けるようにしていけば、上でご紹介してきたような話の聞き方は、実は簡単にできてしまうものです。

まずは相手の話、そして相手自身に興味を持つことから始めてみましょう。そうするだけで、あなたのモテ度は大きく変化すること間違いなしですよ。