すぐ泣く女はどう思われている?すぐ泣く彼女に対する男性の本音

すぐ泣く女はどう思われている?すぐ泣く彼女に対する男性の本音

今回はすぐ泣く女性についてまとめてみました。特に付き合っている彼氏の本音としてすぐ泣く彼女をどう思っているのでしょうか?というわけで女の涙、どこまでOKでどこからがNGなのかをまとめてみました。他にもすぐ泣く女に対する同性の意見もまとめましたので、涙は本当に女の武器なのかしっかり見極めてみましょう。

すぐ泣く女に対する女性の本音

すぐ泣く女の子って同性である女性から見てどうですか?

  • 心が優しい子なのかなと思う
  • 正直ウザい
  • 泣いても何も解決しない

などなど、すぐ泣く女に対して色々な意見があると思います。

筆者は冷血鉄仮面なのでめったなことでは泣きません。なのでよく泣く感動屋さんの女の子とか見ると「すげえ感受性豊かだな・・・」と妙に感心してしまいますが、何かというとすぐに泣く人は「情緒不安定だな。」と思ってしまいます。

涙は女の武器だけど諸刃の剣でもある

涙は女の武器というのは本当だと思いますが、武器と言っても両刃の剣であり、下手をすればその刃は自分を傷つけることもあるのです。

特に女性同士では嘘の涙はすぐに見破られますし、喧嘩しているときに泣かれると喧嘩内容にかかわらず泣いた方が被害者、泣かせた方が加害者という立場になってしまい、めちゃくちゃ嫌われることも。

では、男性にとってすぐ泣く女はどうなんでしょうか?特にお付き合い中の女性がすぐ泣く彼女だったら…男性の本音に迫ってみます。

男性の本音|すぐ泣く彼女のNGな涙

では男性の本音としてすぐ泣く彼女のNGな涙はどういったものがあるのでしょうか?すぐ泣く彼女でもOKな涙とNGな涙があるようです。

すぐ泣く彼女のNG涙:人前で泣く

「今日職場で怒られて泣いちゃった」など、正直これは大人として、社会人としてないですよね…すぐ泣く彼女に対して恋愛面で見てどうかというよりも、人としてちゃんと成熟していない感じがします。一人静かにぽろぽろ涙を流す、というのならまだしも、人前でヒステリックにぎゃんぎゃん泣かれてはもう最悪です。論外です。

すぐ泣く彼女のNG涙:ケンカ中に泣く

これは男性の本音としても大変めんどくさいですよね。特に女の方が明らかに悪い時に泣くと「こいつ泣けば済むと思ってるな・・・」ってどうしても思ってしまいます。そんな気ないのかもしれないけど、どうしても。泣かれると冷静な話し合いができなくなってしまうんですよね。喧嘩中にすぐ泣く彼女は男性としても許せないようです。

すぐ泣く彼女のNG涙:虫が出ただけで泣く

ゴキブリが家に出たらそりゃ確かに大騒ぎはしますが、泣くほど?と男性も引いてしまうようです。まあ一人暮らしの部屋とかで遭遇すると一瞬物凄く絶望的な気分になるので分からなくはないですが、泣く程のことではない。誰にでも生理的に受け付けないっ!ってものはあると思うのですが、あんまりひゃーひゃー騒いでると周囲は不快ですよね。
涙は流さずに「きゃーこわーい!」とか言って彼氏の後ろに隠れたりするぐらいなら可愛いと思いますよ。

男性の本音|すぐ泣く彼女のOKな涙

続いてはすぐ泣く彼女でもこんな涙ならOKという男性の本音をご紹介します。

すぐ泣く彼女のOK涙:ギャップが激しい時

普段はあまり涙を流さないし、しっかりして強く見える子が「ある特定の条件のときだけすぐ泣く」というのは男性としてもきゅんとするものがあるようです。「感動ドラマを見たらすぐ泣く」「子供が頑張っている映像を見たらすぐ泣く」などなど。
何かの拍子にぽろっと涙をこぼして泣いたりすると、それはもう威力抜群です。いい例がロシアのプーチン大統領ですかね。2012年に大統領に復帰することが決まったとき、支持者集会の演説で泣いてたのを皆さん見ましたか?演説の内容よりもプーチンさんが泣いたことがニュースになっていたので、皆さん相当ショックだったのでしょう。しかもその後涙の理由を聞かれて、「風が目にしみただけさ」と答えるというテレ具合。
もう泣くんだったらこれぐらいじゃないとね!

すぐ泣く彼女のOK涙:純粋に泣く

何か嬉しい事や悲しい事があると感動してすぐに瞳がうるうるしてしまう、感受性の豊かさ故の涙は好印象なようです。特に自分が何かやってあげたこと、例えば誕生日にプレゼントあげたとかぐらいすぐ泣く彼女だと、「こいつ可愛いな」ってなりますよね。泣く泣かないに関わらず、感情表現の大きい人は人から可愛がられやすいようです。

まとめ

マスカラがくずれぬように泣いている 女を二十五年もやれば   ―佐藤真由美

もうすべてが計算ずくなのか?と一瞬思ったけどそうでもないらしい。女を二十五年もやればこういう芸当はできるようになってしまうらしい。「うわ、女って怖っ」という短歌ではなく、「女とはこういうものだよ」という短歌なのです。

また、自分の涙くらいコントロールできるようにならなければ女ではない、ということだとも思うのです。人前で流す涙は、自分の顔を汚すような涙であってはならないのです。

以上。