【辛口オネエ】2018年下半期の大予言(2)天王星と海王星の45度をちょい大げさに解釈してみる【免責よろ】

【辛口オネエ】2018年下半期の大予言(2)天王星と海王星の45度をちょい大げさに解釈してみる【免責よろ】

2018年下半期の世の中の流れをざっと出してて。アタシの占い方は基本的には第1種(メジャー)アスペクト(0、60、90、120、180)と複合(Tスクとかグラクロとかグラトラとかカイトとかヨッドとか)をメインで観ていくんだけど、今年は天王星と海王星のアスペクトが第2種(マイナー)でもかなり影響強そうだから、いろいろ予想してみるわ。

■天王星と海王星が45度のセミスクエアを形成

5/16から11/6は天王星が牡牛座の0度-1度を運行。その間、魚座の海王星とは「星座の相性」だけならセクスタイル(=個性は違うけどお互いを認め合って協力して物事を進められる、穏やかに切磋琢磨できる相性)なんだけど、度数で観るとほとんどの期間「45度」離れてるのね。

45度は、古典的な解釈では凶角とされる90度、スクエアの半分。だから「セミスクエア」と呼ばれてるわ。スクエアに次いで相性でいうなら相容れない、相互理解が困難、関わるとトラブルが起きやすい。

トランジットでこれができると、関係する天体や感受点の力が極端な形で表に出てきたり、世間一般的にはありがたくない出来事が招かれやすいのよね。

ただ、天体や星座の持つエネルギー自体には本来良し悪しも吉凶もなくて、飽くまで受け止める人間側が「これはいいこと、これは悪いこと」って解釈してるだけだから、今年後半のこのセミスクエアも宇宙から観たら何かしらポジティブな意味もあるはずよ。

じゃ、具体的かつテキトーな予言は次のページ!

関連記事ランキング