【辛口オネエ×Ku】究極開運法(4)やっぱ大事な相性:日干の相性をまずチェック!

【辛口オネエ×Ku】究極開運法(4)やっぱ大事な相性:日干の相性をまずチェック!

最近アタシがガシガシ話してる「運のすべて」で、ちょうど人間関係がうまくいかない人の話まで進んだのね。

辛口オネエの「運」の全てを語るシリーズバックナンバー

で、ナメられがちな不運女子がナメられなくなるための話をしようと思ったんだけど、でもやっぱり人間関係って「相性」抜きにしては語れないから、先に

・不運女子でも「この相性の相手」と出逢いさえすればそんなに努力しないでもうまくいく

・愛され幸運女子でも「この相性の相性」とはどうしてもうまくいかない

相性の簡単なチェック方法を紹介することにしたわ。これ、知ってる人は読む必要ないんだけど、初めて聞くわ!って人のために話すと・・・。【四柱推命】の命式(西洋占星術のホロスコープ的なものね)の『日干と日支』の組み合わせで、その人の性格や他人との相性が分かるのね。

しかも相性だけなら、西洋占星術みたいに10天体プラス感受点とか、たくさんの組み合わせを観なくていい(注1)から、毒友やセフレとの関係が努力すれば本物の関係に昇格させられるのか、切るしかないのか判断の材料にしてもらえるかなと思って。

じゃ、あとはコンサル時代から四柱推命やってたKuにバトンタッチするわね。そうそう、四柱推命を本格的にやってる人からは絶対これは「四柱推命ではない」って言われるに決まってるんで、ここでは『日干支占い』と呼ばせてもらうわね。

注1:実は四柱推命は流派とかもいくつもあるし、プロになろうと思うレベルで勉強しようとするとドツボにハマるし西洋占星術より難しいわ。でも、簡単に出せる部分のみでもかなり「ダメなものはダメ」って相性の良し悪しがはっきり分かるのがメリット。

西洋占星術だと基本的な相性観るためにも、最低限お互いの太陽月金星火星観ればいいのが建前だけど、実際は出生時間の分単位まで分かってないとだし(四柱推命も実はそうだけど)リリスとかドラゴンヘッドとかバーテックスとかハーフサムとかまで観てようやくどれくらい縁があって惹かれ合うかが判明するんで、1人との相性占うのもかなり大変なのね。

その点、親や学校の友達や会社の同僚や上司や・・・って、たくさんの人数を占いたいときや「切るかも」な相手を占うなら、観る場所がたった2箇所でOKな占い(これはあとでKuが説明するわ)のほうがラクよね。

日干支占いは次のページから

関連記事ランキング