「結婚しよう」と言ってくれない彼氏の本音6パターン

「結婚しよう」と言ってくれない彼氏の本音6パターン

恋人としての付き合いも長くなり、そろそろ結婚したい!けれど、彼はなかなかプロポーズの言葉をくれない…。
結婚を口に出してはいるものの、決定的な言葉は未だもらえてない…。

なぜ彼は「結婚しよう」と言ってくれないのか、知りたくないですか?本当に結婚する気があるのか、このまま付き合い続けていいのか、悩んでしまう女性も多いですよね。

「結婚しよう」と言わない男性の本音をご紹介します。交際を続けるか続けないかは、あなた次第!

彼氏の本音①結婚する前に、まだ遊びたい

彼氏の本音①結婚する前に、まだ遊びたい

結婚を決められない独身男性に最も多いのがこのパターン。結婚する前にまだまだ遊びたい、もうちょっとだけ…と先延ばしにした結果、ズルズルと結婚が遠のくパターンです。
遊びの範囲がどれ程のものなのか、それは人によって異なりますが、友人達との交流ならば結婚したってできますよね。

遊びたいから結婚しないという男性は、あまり誠実とは言えません。見極めが難しいかもしれませんが、遊び好きの男性ならよく観察するべきです。

彼氏の本音②付き合うのはいいけど、結婚する相手じゃない

彼氏の本音②付き合うのはいいけど、結婚する相手じゃない

結婚を期待してズルズル付き合っていても未来がないパターンが、あなたを結婚相手にしたいとは思っていないパターンです。
綺麗で可愛くて付き合う分にはいいけど、結婚となるとちょっと違う…そう思われてしまったら彼との結婚は期待できません。

ご自分の料理の腕や、掃除洗濯の技術はどうですか?彼はあなたといて居心地良さそうでしょうか?
生涯をともにするとなれば、一生一緒にいても苦じゃない人を選ぶのが人間です。付き合い方を改めるか、結婚したい女性へ変わる努力が必要かもしれません。

彼氏の本音③自分の時間が作れなくなるのは嫌だ

彼氏の本音③自分の時間が作れなくなるのは嫌だ

趣味に力を入れている男性、一人好きの男性に多いパターンが、自分の時間が作れなくなることに抵抗を感じて結婚できないパターンです。
特に趣味に力を入れている男性は、給料も注ぎ込んでいる場合が多いですよね。結婚することで時間もお金も自由に使えないとなれば、結婚に消極的になってもおかしくありません。

また、一人好きの男性は部屋を別にして一人でいられる時間を作ってあげることで、抵抗が無くなる場合も。さりげなく結婚後の間取りや部屋の使い方を話してみるのがいいかもしれません。

彼氏の本音④家庭を守っていけるか不安

彼氏の本音④家庭を守っていけるか不安

誠実であればあるほど陥りやすいのが、結婚して家庭をしっかり守っていけるか不安に感じているパターンです。
収入面や仕事の忙しさでこの不安に陥ることが多いです。夫婦共働きは今や当たり前。彼だけの収入に頼るわけじゃないことを伝えて、私もあなたを支えるからと告げれば、結婚に踏み出す男性も多いかもしれません。

金銭的な問題よりも、精神的な問題で不安を感じている男性もいます。自分に家庭を持つ甲斐性があるのか不安に思っているようなら、しっかりと将来設計を話し合って不安を取り除いてあげるのが結婚への近道です。

彼氏の本音⑤同棲してるからわざわざ結婚しなくていい

彼氏の本音⑤同棲してるからわざわざ結婚しなくていい

お付き合いの時点で同棲を始めてしまった場合になりやすいのが、同棲してるからわざわざ結婚しなくてもいいと考えているパターンです。
二人が結婚の意思を持って夫婦として生活していれば事実婚になるケースもありますが、同棲の旨味だけを味わって結婚する気がない、というのはただの同居です。
もしあなたが料理や掃除など身の回りの世話をしている場合、それが当たり前に感じて結婚の必要性を感じていないパターンも考えられます。

あなたが彼にとってどれだけ大きな存在なのか、改めさせるチャンスです。同棲してあげてるのは当たり前じゃないのよ!というスタンスで、彼を試してみるのもいいかもしれません。

彼氏の本音⑥結婚したことで環境が変わるのが面倒

結婚にはさまざまな手続きが必要になります。婚姻届を出すのはもちろん、新居を構えるなら引っ越しの手続きも必要になります。
会社に結婚の申請をして、保険を見直すことにもなります。
結婚は幸せなことですが、もちろん大変なこともあるんです。それを面倒に感じてイマイチ結婚に踏み切れない…というズボラな男性もいます。

そんなズボラな男性が特に面倒くさがるのが結婚式。女性にとっては憧れを持っている方も多い結婚式ですが、男性は結構どうでもいいと感じている方が多いのも事実です。
さらに結婚したことで二人で住む家に引っ越すなど、住み慣れた環境から出ていくことに抵抗を感じる男性も。
このパターンは根気よく待つか、あなたが主導権を握る必要がありそうです。

まとめ

「結婚しよう」と言ってくれない男性の、結婚したがらない本音をご紹介しました。

人によってさまざまな理由がありますが、付き合いも長くなったしそろそろ結婚!と感じてもなかなかプロポーズされない場合は、このような本音が隠れているかもと思ってください。
それでも私は彼と結婚したい!というのであれば、逆プロポーズも視野に入れましょう。
実は踏ん切りがつかないだけで、あなたからの逆プロポーズで決意を固めてくれるかもしれませんよ!