年の差カップルが苦労する5つのこととは?

付き合う上で、年齢の差は関係ないと考える人は多いです。付き合い始めるときは、やはり誰もが年齢差があってもうまくやってみせると思うものですね。

しかし、現実としては苦労することも多いのが、年の差カップルの難点とも言えます。今回は、そんな年の差カップルが普段苦労しがちなことを紹介していきます。

彼氏との年齢差に悩む女性、かなり年の離れた男性を好きになってしまった女性はぜひ参考にしてみてください。

 

① ジェネレーションギャップは避けられない

年の差におけるジェネレーションギャップはどう頑張っても避けられないものです。

例えば10歳ほど年齢が離れているだけでも、触れてきた文化や慣れ親しんできたものは大きく違うことが多いです。

特に最近はデジタル化が目まぐるしく進んでいます。若い世代にとってスマホやパソコンは当たり前にいじれるものでも、少し上の世代だと結構そうでもないことが多いのは事実です。

スマホで楽しくLINEをしたいと思ったら、彼氏がどうしてもLINEを積極的に使いたがらないなど、障害を感じることはあるでしょう。

また、好きな曲や芸能人の話などでも、話がかみ合わないことは多いものです。最初は放置できても、話がかみ合わないのはカップルとして不和を生む可能性があることです。お互いに共通の趣味を持つなどの姿勢を持たなければ、好きなものを共有する時間が減り、自然と心の距離も離れていってしまうかもしれません。

 

② どちらかが子供扱いされてしまう

例えばかなり年上の男性と付き合った場合、同目線で接しようとしても、どうしても相手からは「年下の女の子」や「妹」、「子供」、そんな目線でしか見てもらえないことも多いです。

恋人同士でいたとしても、子供扱いされてしまうことに悩む女性は多いでしょう。年の差はどうしても埋めることのできない差なので、お互いに横目線で会話をする姿勢を持たなければ改善はされないでしょう。

また、逆もあります。子供扱いされてしまうせいで、結局彼に甘えてばかり…という女性も多いものです。その結果、彼は甘えられるばかりでつまらないと感じてしまい、お別れを選択するカップルも少なくありません。

かなり年下の男性と付き合ったときも、自分自身が相手の扱いに困るはずです。男性として頼りたいという気持ちもありつつ、結局年下の男の子扱いしてしまう自分もいるでしょう。

その結果、彼に男らしさを感じなくなり、付き合うことがつまらないと感じてしまうことは多いのです。

 

関連記事ランキング