海王星で見る精神的に不安定になりやすい時期2

海王星で見る精神的に不安定になりやすい時期2


前回の「海王星で見る精神的に不安定になりやすい時期1」では、では、出生の海王星と運行の太陽、または出生の太陽と運行の海王星がアスペクトを取る場合の影響について書いていきました。

出生図でのアスペクトは、本人の性格や生まれもった運などに影響します。
出生の惑星と運行の惑星のアスペクトの場合は、それが一時的に生じると考えれば良いでしょう。

例えるならば「性格のきつい人」と「最近イライラする」、「性格に浮き沈みのある人」と「最近気持ちが落ち着かない」の違いです。
星の動きを読むことで自分の精神状態が分かり、あらかじめ気を付けて行動することができるのです。

海王星は、感情や感覚、イマジネーションを司る星です。
慈善や奉仕も表すことから、犠牲の星とも呼ばれます。
生まれつき海王星が太陽や月、木星以遠の惑星とアスペクトを取っている場合、木星とのソフトアスペクトを除いて精神的気重圧がかかることが多くあります。
出生の惑星または海王星と運行の海王星または惑星がアスペクトを取る場合は、それが一時的に現れることになりますが、海王星は公転周期が160年と非常に長いため、出生の惑星に運行の海王星がアスペクトを取る場合は、その影響が少なくとも5、6年は続くことになります。
ただ、最も強い影響が5、6年になるので、弱い影響は更に長い間続くことになります。
個人的な体感としては、10年くらいは影響があると見て良いと思います。

私自身、海王星が太陽とコンジャンクションしていた時期は、今思うとなぜあんなふらふらしていたのだろう…と思うくらい不安定な状態にありました。
特に女性の場合、太陽は男性を表すので異性関係が落ち着かなかったり男性に騙されやすい時期になりがちです。
大抵の惑星は自分を成長させてくれるものなのですが、海王星の影響については制御するための理性が混乱してしまうため制御自体が難しいものになります。

お酒を飲むようなものであまり身になる訳でもないので、海王星の影響については基本的に過ぎ去るのを待つしかないような状態になりますが、あまりにも不安定さが強いと病気になってしまいますので、カウンセリングに類するものは積極的に受けるようにした方が良いでしょう。

関連記事

海王星で見る精神的に不安定になりやすい時期1

あなたの心が満たされるとき~木星パワーを人生の味方に2~

あなたの人生がシビアになる時期~ハウスごとのサターンリターンの出...

あなたの人生がシビアになる時期~ハウスごとのサターンリターンの出...

海王星で見るあなたの精神病傾向2

関連記事ランキング