照明器具や日光も開運のもと!おさえるべきポイントは?

照明器具や日光も開運のもと!おさえるべきポイントは?

照明器具や日光も開運のもと!おさえるべきポイントは?
風水的に照明や日光は重要な意味を持ちます。
明るさは陽の気、暗さは陰の気を持っているため、適切な場所へ適切な明るさを与えることで、自然と開運へつながっていくのです。

最初に部屋別にふさわしい明るさについて解説します。

 

照明器具や日光も開運のもと!おさえるべきポイントは?

【部屋別】ふさわしい明るさとは?

照明は種類や形状、用途などさまざまあり、私たちの生活を豊かにしてくれるものです。
そして、風水的には家の内外の陰陽バランスをとるために欠かせないものでもあります。

自宅の敷地内に玄関に向かう道、外玄関

玄関に至る道や外玄関が暗い印象の場合は、夜間用の照明を使ってライトアップすると安全であり、風水的にもおすすめです。

【部屋別】ふさわしい明るさとは?

内玄関

内玄関に日が差し込まず、暗い雰囲気の場合は、入ってきたお金が出ていってしまって貯金ができません。
新しい照明器具に取り替えて、玄関を明るくしましょう。
そうすれば、金運がよくなり、お金が貯まるようになります。

 

リビングルーム

玄関同様陽のエリアとなるので、最も明るく保ちたい場所です。
照明も明るいものを選びましょう。

たとえば、シャンデリア風の照明にすることで、開運につながります。
電球の色は、青白い色の蛍光灯よりも、温かいオレンジ色の白熱灯のほうがリビングの雰囲気をよくし、住人に思わぬ幸運をもたらします。

 

キッチン、洗面所、トイレ、バスルーム

【部屋別】ふさわしい明るさとは?-2

水まわりはできるだけ明るく清潔に保ちたい場所です。
いつもそれを心がけているだけで開運へと導かれます。

その上で、明るい照明にしましょう。

 

仕事部屋、勉強部屋

蛍光灯が適しています。
光量が足りない場合は、机の上に手元を照らすスタンドを置きましょう。

 

家の奥まった場所、廊下

家の中の奥まった場所や廊下が暗く、不可思議な現象が起きる場合は、陰の気が強すぎるので、間接照明を取り付けて明るくしましょう。
そうすれば、不可思議な現象が消えます。

 

寝室

【部屋別】ふさわしい明るさとは?-3

寝室だけは暗めのものが適しています。

寝室は陰のエリアなので、明るい照明は不要です。
やわらかい光のナイトランプや、鎮静効果のあるブルーライトが開運へつながります。