おしゃれと開運は足元から!靴と収納の見直しで幸運を招くには?

靴はあなたを運のいい場所に連れていってくれるアイテム。人は毎日いろいろな場所を歩くため、行く先々で、さまざまな運を吸収しています。汚れたり、古くなったりした靴を履いていると、チャンスに弱い人になってしまいます。また、幸運に巡り逢うためには、靴の環境を整えることが大事です。

 

古い靴は処分を

まず、古い靴は処分しましょう。3年以上履いていない靴があるなら、「陰」の気がこもってしまっています。「履かない」ということは、その靴が果たすべきあなたへの役割が終了したということです。以前はその靴を履くとわくわくしたり、楽しい場所へ履いていったこともあったでしょうが、今あなたはその靴を「選ばなく」なってしまったのです。そのため、その靴には運のよい場所へあなたを導く力がもうありません。ですので、「これまでありがとう」という気持ちを込めて、処分しましょう。

 

新しい靴を選ぶときのポイント

風水的には身だしなみを整えずに、おしゃれにかまわないということは運気ダウンにつながり、陰のエネルギーを呼び込んでしまう行動です。とくに、「おしゃれは足元から」と言われるように、足元は「安定」の気を司るパーツです。新しい靴を買うときは、金運との縁をうまく結ぶためには、午後3時までに買うことがおすすめ。また、流行りのものにはプラスの印象を呼び込むパワーがあります。流行を適度に取り入れることは、運勢に新たな息吹を呼び込み、金運アップにつながる風水パワーを吸収することになります。ファッション雑誌を読んだり、人気のある芸能人のおしゃれを参考にしてみてください。陽の気を呼び込み、自然とおしゃれが身につくと同時に開運していきます。

それから、足元のおしゃれをちょっと意識することも、開運につながる秘訣です。たとえば、ペディキュアをしてみるのもいいでしょう。ペディキュアは花模様や星を描けば、恋愛運をバックアップしてくれます。

 

靴はたたきに出したままにしない

靴の収納も開運にとって大切なポイントです。靴は玄関のたたきに出しっぱなしにしてはいけません。玄関に家族の人数分以上の靴を出しておくと、家に入ってくる運気を靴が踏みつぶしてしまうことになります。とくに、その家の女性の縁に関する運気に影響を及ぼしやすいので靴は下駄箱にしまう習慣をつけましょう。

関連記事ランキング