これをすれば告白の成功率はアップ♡ポイント6つ!

好きな相手がいてもなかなか相手から決定的な言葉をもらえない、または相手が自分のことをどう思っているかよくわからないけど、そろそろ告白を考えている人。
何度もデートしているのになかなか恋愛関係に進まずもやもやとしている人。

今回は、今の関係ではもう満足できない、彼からいってくれないなら自分から言っちゃおうと思っている方へ告白の成功率を上げるためにやるべきこと、気をつけたほうがよいことをご紹介いたします。

 

●出会ってから長期間がたっていないこと


告白するまでの期間のタイミングとしては出会ってから3ヶ月以内がベストなタイミングであるという調査があります。

3ヶ月以内って早すぎるんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかしダラダラとタイミングを逃してしまうと、恋愛対象としてではなく、友達として仲間の一人として見られてしまう可能性が高くなってしまいます。
出会ってからあまりに短期間で告白してしまうと、“お互いをまだよく知らないし…”という理由で断られてしまう可能性もあります。

ダラダラとしてタイミングを逃してしまったり、早すぎてよくわからないままに振られるなんてことがないタイミングとしては、出会ってから1~3ヶ月くらいがベストということを覚えていてください。

 

●告白する手段


告白する時の手段としては、

・直接会って想いを伝える
・電話で想いを伝える
・メールやLINEで想いを伝える
・友達に想いを伝えてもらう

などの方法があると思います。

この中では最も成功率が高いのは、言わずもがなですが、「直接会って自分で想いを伝える」ことです。
電話やLINEや友人を通して伝えるのだと誤解を生んでしまったり、想いがきちんと正しく伝わらないなどのデメリットがあります。

また、本人と顔を合せていない状況の場合、会っている時に比べると告白を断りやすいということもデメリットとしてあります。
告白する時には怖いかもしれませんが、直接相手とあって自分で想いを伝えることが成功率をアップさせる方法の1つだと思います。

 

●告白するときは左側からささやく


理論的な人は左脳で考え、感情的な人は右脳で考えるということを聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
人間の脳は左と右とで司っている役割が異なります。
左脳に働くのは右耳、右脳に働くのは左耳からが効果的という研究結果もあります。

告白する時には、相手の感情を司っている右脳に働きかけるのが効果的です。
相手の右脳に働きかけるために、左側から「左耳」に告白をささやくことで成功率がアップするかもしれませんよ。

告白のときだけではなくデートでカウンターなどに横並びで座る際には、彼の左側に来るような席を選ぶのもおススメですよ。

関連記事ランキング