知らない間に痛いオバちゃん!!アラサーがやめるべきこととは?!

知らない間に痛いオバちゃん!!アラサーがやめるべきこととは?!

自分ではまだまだ若い気分でも、自分より年下から見ると単なる痛い女と思われることはよくあります。
女性からだけでなく、男性からも若作りの人という印象でよく思われません。

自分では好きなファッションやメイクで浮かれていても、周りがドン引きで噂の痛い女と認定されないように気をつけるべきポイントのご紹介です。

 

言葉遣いは丁寧に

年齢不詳の自称タレントやモデルのSNSには、自分のことをあたしや名前で呼ぶ、ヤバタンなどの若者の言葉、爆などの意味不明の表現などが並びます。
周りの人を見てもいい歳して自分のことを名前で呼んでたら、この人大丈夫かと思ってしまいますよね。

逆にきちんと正しい綺麗な言葉で話したり、挨拶されたり、お礼を言われると育ちの良さを感じます。
気になる男性の前だけ気をつけても、普段の言葉遣いは自然と出てくるものなのでバレますよ。

かまってちゃん的に甘えた言葉や、少々汚い言い方が許されるのは高校生までです。
大学生以降は、綺麗な日本語を心がけないとバカで痛い女と認定決定です。
30歳を超えてのギャル語は、笑いのネタです。

 

洋服のブランドが10代

洋服のブランドは年齢が設定されていて、ターゲット層が決まっています。
10代や20代前半をターゲットにした洋服を着ても、体型などに無理があります。

自分はダイエットしたり、ジムに行ったり、若い頃と何も変わっていないと思っていても、肉のつき方や、肌のハリが違います。
10台の頃は気にならなかった背中にお肉がついたり、パーンと張った肌から艶がなくなり始めます。
脚は浮腫みやすくて痩せにくく、筋肉が落ちて着てラインが崩れていきます。
自分では気づかないだけで、体のラインの変化が始まります。

しばらくテレビで見なかった芸能人や雑誌のモデルなどが、いつまでも同じイメージの服でテレビに出ていると、ネットに劣化痛い若作りと書かれるのと同じです。
学生の頃に来ていた洋服がまだ着れると喜んでないで、自分の年齢にあった服装をしないと、逆に年齢が目立ちます。
ミニスカートにニーハイブーツなど、いつの時代のファッションだろうと思う人もいますね。

童顔で年齢より幼く見える人の方が、自分の年齢にあったブランドの服を着こなしていて、幼く見えても若作りではなくおしゃれのイメージになります。
若く見られたくて頑張って若作りしている感の人の方が、ミニスカートやキャバ嬢系のブランド好きなことが多いです。

 

やたら派手…

髪の色が不自然な茶色、くるくるに巻いた髪などは年齢と共に似合わなくなります。
きちんと毛先まで手入れされた艶がある髪の方が健康的で印象もいいです。
白髪が気になるから染め始める人もいますが、カラーは派手なものより落ち着いた色の方が、知的な感じもします。

男性から人気のある職業である、アナウンサーやCAに金髪でバサバサの派手な巻き髪はいません。
みんな落ち着いた髪色で艶があります。
巻き髪もゆるく自然な感じが多いですね。

メイクも、カラコン、つけま、派手なネイルやアイメイクなどはアラサーがすると痛いです。
インスタで修正しまくりの写真を載せて、可愛いというコメントやいいねの数を稼いで頑張っている年齢不詳の人ほど、こういうメイクの人が多いです。
動画になるとボロが出るのである程度の年齢なんだなとバレます。
アラサーになると、見た目の派手さで年齢をごまかそうとするのではなく、生活習慣を見直し、自然で綺麗な肌や髪の方が魅力的です。

関連記事

男性が女性をおばさんみたいだな…と思う6つの行動...

男子が逃げる!痛いアラサー行動集!...

好きなタイプは年下の方必見!「おばさん」ではなく「綺麗なお姉さん」と言...

持っている傘で性格が分かる!? アラサー女子の性格診断...

アラサー女子の悲喜こもごもバレンタイン体験談...

関連記事ランキング