アラサーとは何歳から?痛いアラサー女にならないための態度や行動とは

アラサーとは何歳から?痛いアラサー女にならないための態度や行動とは

アラサーとは、だいたい30代の女性を指しますよね。具体的にアラサーとは何歳からなのか、考えたことってありますか?ハッキリと決まっていないように感じられるアラサーの定義ですが、周りからアラサー認定されたあとは行動や態度を変えていった方がいいでしょう。「彼女、痛いアラサー女ね」なんて言われないよう、おばちゃん化したアラサー女の特徴をチェックしていきましょう。

アラサーとは

アラサーとは

アラサーとは何歳からか、気になりますよね。大体どれくらいの年齢の人を表す言葉か知っていますか?
よくわからずアラサーが使われていることもありますが、アラサーとは30歳前後の人のことを指す言葉です。アラサーとは女性が嫌がる言葉のひとつでもありますが、その理由は年齢を感じさせるからかもしれませんね。

25歳~34歳以下をアラサーと呼ぶ、28歳~32歳以下をアラサーと呼ぶなど決まった年齢幅がなく、アラサーとは便利な使い方をされる言葉です。

大体30歳近くになったアラサーの人は、20代の頃とは違う態度を求められることも増えます。今回はそんなアラサーの人が周りから痛いと思われる行動の特徴を紹介していきます。

言葉遣いは丁寧に。意味のわからない言葉は使わない

アラサーになっても言葉の使い方が学生の頃のままだと、痛い人に見られます。
年齢不詳の自称タレントやモデルのSNSには、自分のことをあたしや名前で呼ぶ、ヤバタンなどの若者の言葉、爆などの意味不明の表現などが並びます。
周りの人を見てもいい歳して自分のことを名前で呼んでたら、この人大丈夫かと思ってしまいますよね。

逆にきちんと正しい綺麗な言葉で話したり、挨拶されたり、お礼を言われると育ちの良さを感じます。
気になる男性の前だけ気をつけても、普段の言葉遣いは自然と出てくるものなのでバレますよ。

かまってちゃん的に甘えた言葉や、少々汚い言い方が許されるのは高校生までです。
大学生以降は、綺麗な日本語を心がけないとバカで痛い女と認定決定です。
30歳を超えてのギャル語は、笑いのネタです。ヤバタン、つらたんなど、皆に意味が伝わらない言葉はアラサーになったら使わないようにしましょう。

洋服のブランドが10代で止まってるアラサーは痛い

洋服のブランドが10代で止まってるアラサーは痛いと思われてる

着ている洋服も、物によっては痛いアラサーだと思われるでしょう。
洋服のブランドは年齢が設定されていて、ターゲット層が決まっています。
10代や20代前半をターゲットにした洋服をアラサーが着ても、体型などに無理があります。

自分はダイエットしたり、ジムに行ったり、若い頃と何も変わっていないと思っていても、肉のつき方や肌のハリが10代の頃とアラサーの今は違います。
10代の頃は気にならなかった背中にお肉がついたり、パーンと張った肌からツヤがなくなり始めます。
脚はむくみやすくて痩せにくく、筋肉が落ちて着てラインが崩れていきます。
自分では気づかないだけで、アラサーになると体のラインの変化が始まります。

しばらくテレビで見なかった芸能人や雑誌のモデルなどが、いつまでも同じイメージの服でテレビに出ていると、ネットに「劣化」「痛い」「若作り」と書かれるのと同じです。
学生の頃に着ていた洋服がまだ着れるから…と着たりせず、自分の年齢にあった服装をしないと、逆に年齢が目立ちます。
ミニスカートにニーハイブーツなど、いつの時代のファッションだろうと思う人もいますよね。

童顔で年齢より幼く見える人の方が、自分の年齢にあったブランドの服を着こなしていると、幼く見えても若作りではなくおしゃれのイメージになります。
アラサーになって痛い人認定されたくないときは、きちんとおしゃれのアップデートを行っていきましょう。

やたらに派手なアラサーの人は痛い目で見られている

カラコンなど、やたら派手なアラサーの人は痛い目で見られている

服装だけでなく、見た目についてもアラサーと10代の頃では、自分に合うものが変わってきます。髪の色が不自然な茶色、くるくるに巻いた髪などは年齢と共に似合わなくなります。
きちんと毛先まで手入れされた艶のある髪の方が健康的で印象もいいです。
白髪が気になるから染め始める人もいますが、カラーは派手なものより落ち着いた色の方が知的な感じもするでしょう。

男性から人気のある職業である、アナウンサーやCAに金髪でバサバサの派手な巻き髪はいません。
みんな落ち着いた髪色で艶があります。
巻き髪もゆるく自然な感じが多いですね。

メイクも、カラコン、つけま、派手なネイルやアイメイクなども、アラサーがすると痛いです。
インスタで修正しまくりの写真を載せて、可愛いというコメントやいいねの数を稼いで頑張っている年齢不詳の人ほど、カラコンを入れていたり、派手なメイクの人が多いです。
動画になるとボロが出るのである程度の年齢なんだなとバレます。
アラサーになると、見た目の派手さで年齢をごまかそうとするのではなく、生活習慣を見直し、自然で綺麗な肌や髪の方が魅力的です。

アラサーのパリピ感は痛い

アラサーのパリピ感は痛い

アラサーになっても学生気分でクラブやイベントに行ったり、やたら露出の多い服でフェスに行ったりするのは楽しいですが、いつまでも学生のノリだと痛い女決定です。
フェスで露出したお尻が垂れていたり、ハロウィンで裸のようなコスプレでエッチ狙いの男に囲まれてチヤホヤされている勘違い女は同性からも痛い目で見られるでしょう。
10代や大学生なら可愛いとか、若いから露出しちゃっても仕方ないよねとなりますが、ある程度の年齢になると、いい歳してあんな格好して恥ずかしくないのかなと言われるようになります。

男性も楽しくてノリのいい子から、知的で家庭的な女性へと好みのタイプも変わります。
この人が自分の奥さんになったら、派手な格好してパーティーに行き、知らない男に囲まれているかもと思ったら、遊び相手としては最高ですが結婚相手とは違います。
アラサーになったらパリピは卒業し、落ち着いた社会人になる方が痛い人に思われずに済むでしょう。

よくわからない資格ばかり持っているアラサーは痛い?

よくわからない資格ばかり持っているアラサーは痛い?

アラサーになると自分磨きとして、資格をたくさん取得している人も多いですよね。
勉強熱心で知的な印象で、仕事もできそうなイメージですが、本当にその資格のエキスパートでしょうか。

例えば、英語、韓国語、中国語、ロシア語など複数の言葉が話せるといっても、全ての言語が挨拶程度でネイティブの人と会話が成立しないのでは意味がありません。
英語だけ、韓国語だけなど限られた言語でも、留学したり自力で勉強して、ネイティブレベルで仕事もしていたりする方がしっかり身についていると言えるでしょう。
たくさん資格を持っていても、全てが初心者レベルでは役に立ちません。
むしろ、賢いふりという演出のようで痛いと思われてしまいます。

まとめ

このように自分では大丈夫と思っていても、気づかないだけで痛い女となっている可能性は高いです。
自分の年齢に無理して若いフリしても、現役大学生と並べばすぐに違いは分かります。
若作りした痛いオバちゃんではなく、歳と共に綺麗になっていける魅力的な女性を目指していきましょう。