【バレンタイン男の本音】チョコを貰ったら困るシチュエーションとは?

【バレンタイン男の本音】チョコを貰ったら困るシチュエーションとは?

バレンタインに対してどう思っているのか男の本音を調べてみました。2月14日はバレンタインデー。日本ではバレンタインは女性から好きな男性にチョコレートをプレゼントする日として定着していますが、最近では義理チョコや友チョコといった感じに、バレンタインの過ごし方もバラエティ豊かになりました。手作りや買ったチョコ、高級ブランドチョコまで数々のチョコレートたちが人々の手を行き交います。大半の男性はバレンタインにチョコレートを貰ったら嬉しいと思うはず!でも本当に喜んでいるのか、不安にもなりますよね。さっそくバレンタインに対する男の本音を見ていきましょう。

【バレンタイン男の本音】チョコを貰ったら困るシチュエーションとは?

バレンタイン男の本音■会社の同僚や後輩から渡される共同の義理チョコに困る

バレンタイン男の本音■会社の同僚や後輩から渡される共同の義理チョコに困る

バレンタインの時期になると、日ごろお世話になっている先輩や上司、同僚や後輩に感謝の気持ちを込めてチョコレートを準備する女性達も多いはず。

しかしこのような会社内で渡すチョコには、注意が必要です。もらって嬉しいと思うのは予算500円前後の物を個別で渡される事。バレンタインの男の本音として、反対にちょっと困る…というのは会社の女性一同とまとめた形で渡される事だそう。

例えば部署に女性5人がいて、一人500円出しあったら2,500円の予算になりますよね。そうなると大抵は20~30個ほどの詰め合わせチョコになる確率が高いです。男性としては貰える事は有難いのだけれど、詰め合わせとか食べきれないし、お返しに困る…という辛辣な意見。

単純に同じくらいの予算で詰め合わせのお返しをしたら良いと思うのですが、男性のプライドを考えるとそうはいきません。どうせなら一人に一個ずつお返しをしたいけど、そうなると予算もかなりのもの。それに女性ってお菓子の好き嫌いも変わってくるし、それを考えると会社の義理チョコは面倒くさい…と思う男性もいるのだそうです。

バレンタイン男の本音■会社の同僚や後輩から渡される共同の義理チョコに困る

バレンタイン男の本音■一度振った人や元カノから渡されるチョコに困る

バレンタイン男の本音■一度振った人や元カノから渡されるチョコに困る

過去に告白をされて男性から振ってしまった女性。過去に交際をしていたけれど結局別れてしまった女性。こういった女性達からバレンタインに渡されるチョコは非常に困る、そして気まずいと言うのが男の本音です。

もし男性側の方から過去にそういう事があったけど、今はちょっとだけ気になっているとかであればもちろん嬉しいはず。しかしそうでない場合は、男性の方が困ってしまうので渡すのは控えた方が無難です。

仮に男性が別の女性と交際中であれば、尚更困ってしまいます。たとえ女性側に「お世話になったから」「別に深い意味は無い」などの理由があっても、バレンタインんの男の本音として、元カノからのチョコは困るだけなので、渡すリストからは外すようにしましょう。

バレンタイン男の本音■一度振った人や元カノから渡されるチョコに困る

バレンタイン男の本音■全然知らない女性からの手作りチョコに困る

バレンタイン男の本音■全然知らない女性からの手作りチョコに困る

一昔前の漫画やドラマになるような、通勤電車での一目惚れから始まる恋の期待度は薄いと言えそう…。例えば通勤電車内でいきなり「ずっと好きでした!」といきなり手作りチョコを渡されても、正直言って困るのがバレンタインの男性の本音。

むしろ近年増えているストーカーなどの最悪の事態を思わせるのか、手作りを知らない人からもらっても食べられない男性が急増中です。「お腹を壊しそうで恐い」「中に良からぬ物が入っていそう」など男性の意見に悪気は無いのでしょうが、恋する乙女心はズタズタです。

既に付き合っている彼女や奥様からの手作りは嬉しい、という男性も多いので手作りに挑戦したいという方は、まずは距離を縮めてからにした方が良いでしょう。

バレンタイン男の本音■全然知らない女性からの手作りチョコに困る

バレンタイン男の本音■「これ○○君に渡しておいて」と託されたチョコに困る

バレンタイン男の本音■「これ○○君に渡しておいて」と託されたチョコに困る

男性にしてみたら、バレンタインは自分に関係ない!と興味の無い振りを装いつつも淡い期待をしている人もいます。そして「ねえA君…ちょっといい?」と頬を赤く染めた女性に呼び出されると、「これは、もしかして…?!」なんてテンションもアップ。

しかし実際に渡されたチョコにはA君の名前ではなく、別の男性の名前が…。とどめは「B君に渡してほしいな…」なんて自分宛てのチョコじゃない事が確実に判明する始末。無邪気な表情で「お願いね♡」なんて言われてしまうと、断れなくなってしまいます。

こういったチョコは困るというか、チョコを託された男性が何だか可哀そうになってきますよね。バレンタインに友達へのチョコを預かりたくないという男の本音があるので、本命の男性には他人に託したりせず、自分の手から勇気を出して渡すのがベストです。

バレンタイン男の本音■「これ○○君に渡しておいて」と託されたチョコに困る

バレンタイン男の本音■お返しを最初から期待されたチョコに困る

バレンタイン男の本音■お返しを最初から期待されたチョコに困る

渡す時の照れ隠しなのか、「お返しは10倍返し」という一言を添えて渡す女性がいますが、相手によっては不快に思われてしまう恐れがあります。バレンタインとはお返しを期待して渡すイベントではない事を覚えておきましょう。甘い物が苦手な男性にとったら、バレンタインという行事があまり嬉しくない人もいるのです。それでも「どうぞ」と女性が言って渡してくれるのだから、そこは素直に受け取りたい所ですよね。

しかしそれを「お返し期待していますよ」「ホワイトデーはバッグがいいな~」なんて余計な一言で、男性の機嫌を損ねないように気を付けましょう。バレンタインにお返しのプレッシャーをかけられたくないというのが男の本音。お返しの期待よりもバレンタインチョコに込められた気持ちを、上手に伝えられる女性でいましょう。

バレンタイン男の本音■お返しを最初から期待されたチョコに困る

バレンタイン男の本音■気持ちが分からない高級チョコに困る

バレンタイン男の本音■気持ちが分からない高級チョコに困る

バレンタインの男の本音として、とても高級なブランドチョコを渡されたとき、相手の気持ちが分からずに困るということもあるようです。もちろんもらえることは嬉しいですが、自分にこんな高級なチョコをくれるということは特別扱い=好意があるということ?と悩んでしまうようです。

バレンタインに高級チョコをもらうと困る男の本音として、お返しも高級チョコで返さなくてはいけないというプレッシャーを感じてしまうということも。もし高級チョコを渡すのであれば、本命だけにしたほうがいいかもしれませんね。

バレンタイン男の本音■気持ちが分からない高級チョコに困る

バレンタインに困る男の本音■まとめ

バレンタインに対する男の本音をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。一年に一度のバレンタイン、男性の気持ちを嬉しくさせるのも悲しくさせるのも、あなたの態度や言葉に掛かっています。見返りは求めずに相手の立場をよく見て、何をされたら喜ぶのかその気持ちを尊重できるのが一番良いです。男性がバレンタインに困るパターンや男の本音を知って、素敵なバレンタインになるように頑張りましょうね。

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

優美(ゆうみ)

関西在住の30代主婦です。 これまでは事務員・ファストフードマネージャーなどを経て現在は接客講師としての道を歩き始めました。 近所の図書館に頻繁に通うのが楽しみで1か月で10冊ほどの本を読んでいます。 道尾秀介さん、恒川光太郎さん、朱川湊人さん、有川浩さんなどのファンタジーやミステリーが好きです。 文章は読むのも書くのも好きなので少しでも皆様の参考になる記事を提供できるよう頑張ります。