束縛する男性の特徴や対処法まとめ

束縛する男性の特徴や対処法まとめ

束縛する男をどう思いますか?あなたは彼氏から束縛されたいと思いますか?多少の束縛なら「可愛い」で済ませられますが、自由を奪われて不自由を感じるようになるのは避けたいですよね。また束縛自体、最初は軽いものから始まり、段々とエスカレートするのも束縛する男の特徴の一つ。そこで今回は、彼氏や夫からの辛い束縛を少しでも解消できるように、束縛する男性の特徴やその対処法についてまとめてみました。

束縛する男の特徴とは?

束縛する男の特徴①メールやラインの返信が早い

メールを送ったのに返事が遅い男性や、既読スルーを平気でする男性に比べたら、返信が早い男性ってマメで魅力的ですよね。しかし束縛する男性にありがちなのは、驚異的な返信の早さなのです。

彼が仕事中であるにも関わらずすぐに返信が来る。メールやラインをまだ送信していないのに、次のメッセージが頻繁に届く。こういった男性は束縛をする傾向にあるので注意が必要です。

束縛する男の特徴②自分に自信が無い

束縛をする男性というのは、自分に自信が無いことが多いです。
もし彼女や妻と別れる事になったら、次の女性がすぐに見つかるかどうか不安だから必死になるのです。

その為、束縛という女性が嫌がる手段を使ってでも関係を繋ぎ止めておくようにします。
反対に女性に不自由のないモテる男性は束縛なんて事はしません。
自信が無いことの表れで束縛をされては本当に困りますよね。

束縛する男の特徴③何があっても自分との約束が一番

束縛する男性に共通するもう一つの特徴は、約束を必ず守るという事です。
約束をきっちり守ってくれるなんて素敵じゃない!と思いますよね。

しかし束縛をする男性というのは「何があっても」というところがポイントなのです。
急遽取引先に行く事になったから、約束していたデートはまた今度にしよう!という約束の変更は受け入れてもらえません。
「俺と先に約束していたから、仕事を断って!」わがままを言い出します。

束縛する男の特徴④同級生や会社の同僚にも嫉妬をする

彼女や妻に対して嫉妬の感情を抱くことは誰にでもあるでしょう。
女性側からしても彼氏や夫に嫉妬をした事は一度くらいあるはず。
それがすぐに治まる程度の小さな感情でしたら問題ありません。
しかし、束縛をする男性は些細な事でも嫉妬の感情を露わにしてきます。

例えばデート中、職場の男性から急な事で電話があった、そんな事さえも嫉妬の対象になるのです。
その為、職場の飲み会はもちろん、異性があつまる同窓会の参加にも難色を示してきます。

束縛する男の特徴⑤過去の恋愛に重大なトラウマをもっている

束縛の激しい男性は、過去の恋愛についてトラウマをもっていることがあります。
交際していた女性にこっぴどく振られた、浮気をされて別れたなど、あまり良い別れ方をしている人はほとんどいません。

その為か、今一緒にいる彼女や妻を自分に縛り付けておく事で、傷つくのを回避しようとしているのです。
再び過去と同じようにひどい目に遭わされるのが恐いのです。

 

束縛する男の対処法は?

束縛する男の対処法①浮気を疑わないように安心させる

束縛する男は彼女や妻と一緒にいない時は、常に相手の事を考えています。その為、「今は何をしているのか」「今はどこにいるのか」といったように、相手が今どこで何をしているのか知りたくて仕方がないのです。男性の頭の中では「もしかしたら違う男と一緒に遊んでいるのではないか!」と勝手に妄想を始めます。彼女や妻からのメールやラインの返信が遅いとイライラモヤモヤする男性…かなり厄介です。

仕事や家族との用事で返信が遅れたにも関わらず、彼が怒りをぶつけてくるようなら、今後の交際についてこのままで良いのか考えてみましょう。

もしまだ束縛する男性と付き合いたいのであれば、業務連絡にならないような形で「今○○にいるよ~お腹すいた」と自分から写真付きでどこにいるのか報告するのを習慣にしてみるのもいいでしょう。「これから仕事だから夕方7時までには電話するね」など、連絡のつく時間帯を具体的に示してあげるのが良さそうです。

束縛する男の対処法②友達や家族との関係に口を出すようなら要注意

女性側の都合を一切考えずに、何が何でも自分との約束が優先だと押し付ける男性には要注意。一度言い出したら手に負えなくなってしまいます。束縛する男性の中でも、女性のほかの人間関係をすべて絶たせようとしてくるタイプがいます。そうなるとほぼ軟禁状態になり、彼氏か頼れる人がいなくなり、束縛男はエスカレートしてきます。

もしあなたが友達や家族と会う約束をしているのに、束縛彼氏が「俺の方が優先順位が高い!」と言ってくるようだったら、早く別れた方がいいと言えるでしょう。

束縛する男の対処法③職場の男性との飲み会などは条件を提示する

職場の男性との飲み会など、男性と一緒にどこかに行くことを許さない束縛彼氏の場合、しっかり話し合って条件付きで飲み会をOKしてもらうようにしましょう。男性がいる飲み会は事前に報告して何時には帰るなど。束縛するくらいならしっかり駅まで迎えに来てもらえるように言うのもいいかもしれません。

また、極力異性との連絡は取らないようにするのがベスト。ただし、会社関係などやむを得ない場合は、きちんと報告をしてからにしましょう。ここで連絡を取った事を隠した場合、万が一彼氏や夫に知られたら束縛が激しくなる恐れがあります。

束縛する男の対処法④束縛する理由を一緒に考える

もし彼が過去の辛い恋愛経験から束縛する男性になってしまった場合は、彼としっかり話し合って過去に起こった事をきちんと理解してあげるようにしましょう。
男性からの話に共感し、恐れている気持ちを取り除いてあげる事で束縛がなくなるパターンがあります。
彼のトラウマを優しく包み込む事で、彼もきっと変わるはずです。

束縛する男がDV彼氏になったら…

もし束縛する男性がDVなど暴力などをふるってくるようになったら、すぐに別れるほうがいいでしょう。無理して付き合っていてもいいことはありません。お互いのことを考えて別れるという選択をすることも大切です。別れるときも感情的に別れるのではなく、しっかり話し合って別れることをおすすめします。

束縛する男について■まとめ

いかがだったでしょうか。

束縛というと女性から男性へのイメージが強いですが、そんな事はないのです。彼氏や夫からの束縛に悩んでいる方は、まずはきちんと話し合う。話合う時も相手の話に共感する事、理解する事などが必要です。束縛をする性格は一日や二日で直るものではないので、根気強く相手と話し安心してもらう事が欠かせません。もし彼氏や夫が徐々に束縛を止めてくれたら、きっと幸せな二人になれるはずです。

 

関連記事

ココアはダイエット中に飲んでもOK?おすすめの飲み方は純ココア&...

可愛いか美人かでなくてもモテる!?どこにでもいる顔で男性が好きな...

友達づきあいは大切♥彼氏が出来てつきあいが悪くなったと言われない...

絶対に別れないカップルの特徴!すぐ別れると思われるカップルと比較...

醜い嫉妬心を無くす方法♥辛い気持ちをなくすためには?

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

優美(ゆうみ)

関西在住の30代主婦です。 これまでは事務員・ファストフードマネージャーなどを経て現在は接客講師としての道を歩き始めました。 近所の図書館に頻繁に通うのが楽しみで1か月で10冊ほどの本を読んでいます。 道尾秀介さん、恒川光太郎さん、朱川湊人さん、有川浩さんなどのファンタジーやミステリーが好きです。 文章は読むのも書くのも好きなので少しでも皆様の参考になる記事を提供できるよう頑張ります。