【辛口オネエ】運命の人は何人もいる(2)運命じゃない人と結婚することもあるの?

(1)では結婚に至る縁と前世の話をおおまかにしたけど、今回はそこまでいかないちょっとした出逢いや恋人にはなれたけど短かった関係、浅い付き合いで終わってしまった関係の相手について。

・・・の前に「運命じゃない人と間違って結婚することもある?」って疑問を、これまで離婚したがってる人とか、不倫で苦悩してる人とかに質問されたことがあるんで、それについて先に話すわね。

■「結婚相手」は一番深い縁?単なる現代の法律に則っただけ

646D68E5-FA94-45E8-B360-9C268B3122A1
まず、前回話したように結婚に至る縁はもちろん重要だし、スピリチュアルうんぬん以前に結婚制度のある現代の世界中の人が「結婚相手」こそがお互いにとって人生の最重要人物だと認識してるはずよね。

それはもちろんそうなんだけど、でももしこの世に結婚制度がなかったらどうなるかしらね。今は少ないだろうけど、一夫多妻制の国もあるわけだし。

もし一夫多妻制の国で自分が旦那さんと確かにすごく愛し合って結婚したかもしれないけど、4人目の妻だとしたら?

旦那側から見ると、結婚相手は運命の人だとして、4人の運命の人と一度の人生で出逢ってることになる。

あ、そんな日本からかけ離れた話しなくても、再婚してる人なんて「結婚する運命の人」が一回の人生で2人は現れてるわけよね。(再々婚とかもいるし)

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

辛口オネエ

魑魅魍魎の蠢く夜の世界でX年。業界口コミNo.1の占い師『辛口オネエ』が占い・スピリチュアル情報を発信。【人は本来誰もが、自分が進む道はすでに知っています。けれど、悩みや不安で道に迷ってしまったときに、占いは<その方の人生の地図を、横からライトで照らしお伝えするもの>視界が開けているときには必要ないものですし、目的地へ行くルートは幾つもあります。振り回されず、ご自身の選択のヒントにしてくださいね】