【辛口オネエ】2018年上半期の世の中の運勢ダイジェスト【星占い】昭和の価値観再来!でも氷河期世代を冷遇したツケが

『辛口オネエの年間占い』2018年上半期版は、アプリにて先行配信を開始いたしました。

占いアプリ『辛口オネエの開運占い』のダウンロードはこちらから

Android版はこちら(google playが開きます)

iOS版はこちら(appstoreが開きます)

※こちらの記事は世の中の運気のダイジェスト版となります。

<辛口オネエの2018年上半期の占いダイジェスト版>

牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座

牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座

双子座・乙女座・射手座・魚座

世の中の運気~昭和の価値観再来!でも氷河期世代を冷遇したツケが~


 

◆2018年上半期の世の中は?

ざっくり言うと……。

2018年上半期は女性星座優勢の「守りに入る」時期

2012年から2015年まで続いた「破壊と再生」の運気でもう疲れた、改革はもういいから「安定したい」「変わらぬものが欲しい」と思う人が増えて、世の中はどんどん守りに入る時期。手に入れたものをガッチリ守る方向へのシフト。

2018年から2020年までに「昭和の価値観」が戻ってくる?

ぶっちゃけ起業ブームとかフリーランスブームとか、もっと前なら正社員より「派遣」とかって自由を求めて不安定を受け入れていく生き方に疲れた人たちと世の中が「終身雇用」を求める、女性はやっぱり子ども産んでナンボ、だって戦争になったら人口多いほうがいいから、富国強兵がお国のため……。的な。

氷河期世代を冷遇したツケがビシビシくる時代

とはいえ、それをできる、やるはずの世代が氷河期世代、その中でも、冥王星が天秤座の世代なんだけど……。

people-2566201_640

高度経済成長を生むことも結婚して子育てもできません、な人が多いから理想と現実は一致しないと思うけどね。

氷河期世代でも力を持ってる人たちはホリ◯モン的な価値観で、旧体制、昭和の窮屈な形式とルールだらけの世界はクソ喰らえだろうし。

冥王星蠍座世代、射手座世代がどの程度、懐古趣味に流れるかで結果は変わると思うけど、その世代が昭和と似た良さ(安定、経済成長)はありつつ、ガチガチのルール時代とはまた違った形を創り出せるといいんだけどね。

★アプリ版・電子書籍版ではさらに「2011年から現在までの振り返り」「2020年の東京オリンピックがもたらすもの」そして上半期の一番のターニングポイントとなる5月16日の天王星牡牛座入りに伴う「時代の変化」についてなど、大胆な予測がお読みいただけます。

IMG_2114

 

占いアプリ『辛口オネエの開運占い』のダウンロードはこちらから

Android版はこちら(google playが開きます)

iOS版はこちら(appstoreが開きます)

 

次のページでは、2018年1月~3月までの世の中の運気から「大胆予測」部分を少しご紹介!

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

辛口オネエ

魑魅魍魎の蠢く夜の世界でX年。業界口コミNo.1の辛口オネエ占い師(通称「魔女」)が占い・スピリチュアル情報を発信。【人は本来誰もが、自分が進む道はすでに知っています。けれど、悩みや不安で道に迷ってしまったときに、占いは<その方の人生の地図を、横からライトで照らしお伝えするもの>視界が開けているときには必要ないものですし、目的地へ行くルートは幾つもあります。振り回されず、ご自身の選択のヒントにしてくださいね】