公園デートを楽しむための心得とは?持ち物や準備、おすすめの服装など

公園デートを楽しむための心得とは?持ち物や準備、おすすめの服装など

目次

公園デートをしたことありますか?お付き合いを始めると「インドア派」のカップルではない限り、いろいろな所へお出掛けすると思います。公園デートもそのひとつですよね。彼氏から公園デートに誘われたり、自分から彼氏を誘ったり…今回は公園デートの心得として、公園デートで何をするか、持ち物や準備、おすすめの服装などについて紹介します。

公園デートで下調べすべきことは?

公園デートで下調べすべきことは?

公園デートが決まったら、まずは当日困らないように下調べをしておきましょう。

アクセス・マップ・駐車場をチェック

子供の頃に遊んだいわゆる「地元の公園」みたいな感じで、敷地が決まっていて下調べをしなくても大丈夫というところなら問題はありません。しかし「膨大な面積を誇る広い公園」の場合、ゲートが数ヶ所あったり「~ゾーン」という感じでゾーンがいくつもあったりします。
まず最初に「荷物を置く場所」を決めて、その場所から近い駐車場を選ばなければいけないので下調べが必要となります。
下調べをしないで行くと、駐車場がありすぎてどこへ停めていいかわからない。なんとか駐車をして公園の中へ入ってもどこへ行っていいかわからない。など、無駄な時間ばかりが過ぎていく感じになってしまったり、ケンカや揉め事の原因になるので、PCなどを使って下調べをするようにしましょう。

天気予報をチェック

公園デートは基本的に屋外で過ごします。そのため天気予報が雨の場合は中止もしくはすぐに雨宿りできる場所があるかを確認しておきましょう。
公園の中にカフェがあったり、近くに室内で楽しめる施設があれば、晴れ時々雨の天気予報でも混乱せずに冷静に対応できますよ。

お昼ごはんをチェック

お昼ごはんを買う場所があるのか?飲み物を買う場所があるのか?持参した方が良いのか?など、きちんと下調べをしておきましょう。
下調べをしないで目的地へ着いてお昼ごはんを買いに行ったら、お弁当は全部売り切れ、飲み物は水しかないなど、悲惨なことになりかねないので、下調べをきちんとして判断しましょう。
また、自分達が拠点にする場所(荷物を置く場所)からお弁当が売っているところまで、どれくらの距離があるのかも下調べしておきましょう。
あまり離れているならば、お弁当を持参しましょう。
買いに行くまでに時間を費やして並ぶのに時間を費やして戻るのにも時間を費やしていたら、時間の無駄になってしまいますからね。

公園デートで何する?

公園デートで何する?

公園デートって実際何をするのがいいのか迷ってしまいますよね。基本的に二人で自然の中でのんびりすることが大切です。

会話を楽しむ

公園デートで何するかといわれると、特に何もせずおしゃべりするだけというカップルも多いです。二人で座って公園を行き交う人たちを眺めたり、他愛もない会話を楽しむのが公園デートの楽しみ方です。

まったりランチ

公園デートは朝から晩までずっと公園で過ごす人は少ないですよね。お昼前に集合して、公園でランチを楽しんでまったりした時間を過ごし、そのあとまたどこかへ出かけるなんてカップルも多いです。

お昼寝

公園デートといっても何をするでもなく、ただ大自然の中で寝そべってお昼寝するのもいいでしょう。ショッピングを楽しんだあと、ご飯を食べてまどろむ時間帯などに少し横になってお昼寝をするのも気分がリフレッシュしていいですよね。

スポーツを楽しむ

アクティブなカップルなら、ボールやフリスビーなどアイテムを用意してスポーツや運動を楽しむのもいいですよ。荷物が増えますし服装にも注意しなくてはいけないですが、体を動かしたいカップルにおすすめです。

読書などお互い好きなことをする

公園デートでは二人で何かをするのではなく、お互い好きことをして過ごすのもおすすめです。読書したりお昼寝したり自然の中でまったりと過ごすことができます。

公園デートに適した服装は?

公園デートに適した服装は?

続いては公園デートにおすすめの女性の服装を紹介します。

公園デートにNGの服装

よく「TPOをわきまえてください」なんていう発言がありますが、公園へ行く時も同じです。
基本的には、パンツスタイル+カジュアル系にしましょう。
「絶対!ダメ!」「それダメ!」となるのは、ヒールの高いパンプス、サンダル、ミュール、ピンヒールです。
それこそ彼氏さんにドン引きされてしまう原因になります。

また、スカートもオススメはできません。理由は、虫対策が出来ないからです。
今は、虫よけスプレーが豊富にあるので予め虫よけスプレーを付けて行けばいいのですが、100%防げるとは限りません。
「安全対策」「虫よけ対策」としてもパンツスタイルの方をオススメします。
動き回らずシートの上でゆっくり過ごしたいという人は、スカートでも構いませんが虫対策が出来ていない格好になるので気を付けなければいけません。
靴と同様に服装でも彼氏をドン引きさせないように気を付けましょう。

公園デートにおすすめの服装

行く前に服装に迷ってしまうという人は「何をしに公園へ行くのか?」を考えて決めた方がいいです。
運動したり、歩いたりなど動き回るという人は、パンツスタイル+カジュアル系がいいと思います。
スカートの場合でも公園でゆったり寝そべりたいのであれば短めのスカートは避けて、ゆったりしたロングスカートがいいでしょう。
また、一枚カーディガンなどの羽織るものを持っていけば、寝そべったとに体にかけることができるのでおすすめですよ。

公園デートに必要な持ち物は?

公園デートにあると便利な持ち物

続いては公園デートに必要な持ち物について紹介します。

公園デート基本の持ち物

「荷物が多くなるから嫌だ」なんて言えません。公園は、基本的には大自然の中にあります。
お財布、免許証、ハンカチ、ウェットティッシュ、ティッシュくらいでいいと思っているならそれは間違いです。

  • レジャーシート
  • 除菌ウェットティッシュ
  • 日焼け止め
  • 虫除け
  • ゴミ袋(スーパーのレジ袋でOK)
  • タオル(ハンカチとは別にもう1枚あると便利)

公園デートに行く際はこ知らの持ち物があると便利ですよ。

公園デートであると便利な持ち物

何回も書きますが公園は、大自然の中にあるので、虫もいますし、いつ何が起こるかわかりません。
ですから「最低限の救護道具」くらいは持って行くようにしましょう。
傷薬、虫刺されの薬、ガーゼ、絆創膏、アルコールが入っているウェットティッシュ、常備薬など、ジプロックにまとめてぺたんこにしてバッグの下に入れておけば、かさばりません。

100%何もないとは言い切れません。
何もないのが一番なのですが自分と彼氏のどちらかが何かあってもいいように持って行きましょう。

公園デートにお弁当は作っていくべき?

公園デートにお弁当は作っていくべき?

よくドラマなどで「実は…お弁当作ってきたの」とおもむろにカバンからお弁当を取り出すシーンがありますよね。彼氏も手作りのお弁当に大喜び!という流れ。公園デートのときにお弁当を作ったほうがいいのか迷いますよね。

お弁当を作るなら事前に確認を

サプライズで驚かせたい気持ちもわかりますが、彼も彼なりに「この店でランチしよう」「ここでサンドイッチを買って食べよう」「おいしいお弁当屋さんに予約しておこう」など考えているかもしれません。
手作りお弁当は嬉しいものですが、サプライズではなく事前に「お弁当作っていこうか?」と確認しておきましょう。

食中毒に気を付けて!

暑い時期の公園デートではお昼の時間までお弁当を持ち歩かなくてはいけません。保冷バッグにきちんと入れて持ち歩いているならまだいいですが、保冷バッグはかさばるし荷物になりますよね。そのため、夏など食中毒が起きやすい時期は、お弁当を作らずにお店で買って食べたり、店内でランチするのが無難でしょう。

荷物が多いなら作らないほうがいい

車移動なら車に荷物が置けますが、電車移動や歩きが基本ならお弁当を作って持っていくだけでとても荷物が増えて邪魔になります。ただでさえ公園デートは荷物が多いですが、彼氏と自分の2人分のお弁当を保冷バッグに入れてお箸なども持っていくとさらに荷物は増えます。使い捨ての容器で帰りの荷物を減らせるかもしれませんが、公園内でゴミ箱がない場合や遠い場合はゴミを持ち歩かなくてはいけません。
荷物が増えすぎると疲れやすかったり、置忘れで慌てたりなど、あまりいいことはありません。そうなるくらいならお弁当は作らずにお店で買って食べたほうがいいといえるでしょう。

公園デートが向いていない人とは?

公園デートが向いていない人とは?

続いては公園デートが向いていない人について紹介します。こういった人は彼氏から公園デートに誘われても、楽しむことができない可能性があるのでよく考えてみましょう。

虫嫌いなら公園デートは避けたほうがいい

虫が大好きという女性は、少ないでしょう。むしろ虫が嫌いという人が圧倒的に多いです。
しかし、公園=虫です。虫がいない公園なんていません。虫が嫌いならば、予め伝えておくか公園デートを避けましょう。
虫が嫌いなことを黙っていて虫と遭遇した時にぎゃあぎゃあ騒ぐ人がいますが、他の人の迷惑になりますし、彼氏に恥をかかせてしまうのでそれは控えた方がいいです。
もし虫と遭遇してしまった場合には、落ち着いて対処しましょう。(蜂は別です)地面にいるような虫ならば騒ぎ立てずに彼氏さんに話しましょう。
また、わざと「虫こわーい」などと言ったりして、ぶりっ子するのもダメな行動です。わざと!?と思われる可能性があります。どうしても無理という場合には「公園デート」を避けるようにしましょう。

日焼けを気にしすぎる人

公園デートは基本的にずっと屋外で過ごします。自然の中で太陽を浴びながら過ごす時間を楽しむものですが、日焼けが気になって何をするにも日傘やサングラスが欠かせないという人には公園デートは向いていないといえるでしょう。

付き合いたてのカップル

公園デートは基本的にまったりとした時間を過ごしたいカップルにおすすめです。付き合いたてのカップルにもおすすめですが、「会話が途切れると気まずい」ようなカップルだと居心地が悪く感じることも。
会話が途切れても気まずくないカップルや、ずっと楽しくおしゃべりできるカップルには公園デートはおすすめです。

まとめ

公園デートをするなら、しっかり下調べをして準備する必要があります。当日雨に降られたり虫が多くて大騒ぎしたり、ご飯でもめたりするとせっかくの楽しいデートも台無しになります。しっかり準備をして素敵な時間を過ごしてくださいね。