いらない服・いらないものを捨てると運気アップ★ものを捨てることで良い運気が入ってくる!

いらない服・いらないものを捨てると運気アップ★ものを捨てることで良い運気が入ってくる!

いらない服やいらないものを家にためこんでいると、運気が下がるのを知っていましたか?いらない服を捨てることで本当に運気がアップするのかも分からないし、まだ使うかもしれないものを捨てるのはもったいないと思ってなかなかものを捨てることが出来ない・・という経験はありませんか?

気は物に溜まるといわれています。いらない服やいらないものを部屋にためていくと、悪い気が溜まっているかもしれません・・!

運勢をよくしたい、運気をアップさせたいと思うのであれば、いらない服やいらないものを捨てるのが吉!

ものを捨てると運気が上がる!というわけでそのための方法についてご紹介していきます。

いらない服・いらないものを捨てると運気アップ ★ 断捨離の意味

いらない服・いらないものを捨てると運気アップ⤴■断捨離の意味

長年使っていたものを捨てるって、勇気が必要です。愛着があったりいつかまた使える日が来るかもしれないと思うと、なかなかいらないものでも捨てることが出来ませんよね。

断捨離という言葉は「ものを捨てる」という意味合いで使われることが多くなりましたが、元々ヨーガの行法、断形・捨形・離形を応用した言葉です。

断・・・・入ってくるものを断つ

捨・・・・いらないもの、不要なものを捨てる

離・・・・ものへの執着心から離れる

何かものを捨てることだけではなく、断捨離には【自分にとって本当に必要なものを見つめ直す】という意味も込められています。長年溜め込んでしまった洋服や色々なもの、今の自分に本当に必要なものか、いらないものか、もう一度見直してみませんか?

いらない服・いらないものを捨てると運気アップ物にも寿命がある<運気寿命>

いらない服・いらないものを捨てると運気アップ⤴■物にも寿命がある<運気寿命>

物にも寿命があるといわれています。それは、使える・使えないではなく「運気寿命」です。大抵のものは1年で運気の寿命はなくなり、古くなるにつれて徐々に運気は減っていくのです。

物の値段が安いほど運気の寿命は短く、使えば使うほど運気がなくなるのも早くなります。日用品やいつも使っているものは1年を目安に買い替えて運気を上げていきましょう。

いらない服・いらないものを捨てると運気アップ捨てることで運気アップ!!

① 洋服

① 洋服

布は「縁」を司どります。使っていない洋服を溜めこむことは「縁」の運気を下げることになります。1年以上着ていない洋服は思い切って捨てましょう。

② 財布

② 財布

お財布も1年を目安に変えることで金運がアップするといわれています。お財布を捨てるのに最適なのは「雨の日」。ものを捨てるのに最適なのは晴れた日の午前中といわれていますが、お財布だけは別なのです。古いものには陰の気が溜まりやすく、その気が溜まったものを雨の日に捨てると離れられなくなるといわれています。そのため、ものを捨てる日は晴れた日が良いとされていますが、縁をつなげたい「金運」にまつわるお財布は雨の日に捨てることで、「金運をつなげる」ということにつながるといわれています。

③ 何も入っていない箱

③ 何も入っていない箱

靴が入っていた箱やカバンが入っていた箱など、中身がない箱を溜め込んでいませんか?中身のない箱は「魂が空っぽ」の状態。家の運気を下げる原因とされています。使っていない箱は畳んで捨ててしまいましょう。

いらない服・いらないものを捨てると運気アップ上手にものを捨てるために

① しまってあるものを出してみる

① しまってあるものを出してみる

クローゼットの奥にしまいこんであるもの、思い切って出してみましょう。使うものと使わないものを仕分けていらないものは思い切って捨ててしまいましょう。

② 1年使っていないものはもう使わない!

② 1年使っていないものはもう使わない!

1年以上使っていない物や洋服はこれから先も使わない可能性大。使わないものを溜め込んでしまうと、悪い気も溜まってしまいます。

③ 勿体ないと思わない

③ 勿体ないと思わない

物を大切にすることは良いことですが、使わないものを勿体ないという理由から溜め込むのはやめませんか?使わないものは自分に不要なものと思って、勿体ないと思う気持ちも一緒に捨てましょう。

④ 愛着を「執着」と勘違いしていないか考える

④ 愛着を「執着」と勘違いしていないか考える

愛着があって捨てられない物もあります。でも、本当にそれって「愛着」・・?ともう一度よく考えてみましょう。物に対する思いがポジティブなものならば愛着、ネガティブな思いがある時は執着の可能性があります。

例えば、元カレから貰って壊れてしまったブレスレットがあったとします。でも、「これを捨ててしまったら、彼との思い出もなくなってしまうかもしれない」そんな思いから捨てられなかった。これは愛着ではなく、執着です。物へ対する思いが愛着なのか、執着なのかの区別をきちんとつけてみましょう。

⑤ 手間をかけるなら捨てると考える

手間をかけるなら捨てると考える

まだ使えるかもしれないからリサイクルショップへ持っていこうと思って、クローゼットの奥にしまい込んでいる物、ありませんか?リサイクルショップへ持っていく手間や送る負担を考えたら捨ててしまったほうが楽ちんです。手間をかけるなら捨てると考えてみることで、物を上手に捨てることが出来るようになります。

いらない服・いらないものを捨てると運気アップおわりに

いらない服・いらないものを捨てると運気アップ⤴■おわりに

いらないものを溜め込むことは悪い気を溜め込んでしまうことへつながります。上手にものを捨てて、運気をアップさせましょう。

ものの寿命が来るまで大切に使うことで、より運気を上げることにもなります。ものを捨てる時は「今までありがとうございました」という感謝の気持ちを忘れずにいましょう。そんな気持ちでいることが、次に自分の元へ来るたくさんの物たちが開運への近道になり、運気アップさせてくれるはずです・・!☆彡

今はいらないものでも、昔から大切にしてたものなど無理に捨てる必要はありませ。あくまでも「本当にいらないもの」なので、自分の胸に手を当てて考えてから捨てましょう!

部屋も綺麗になって運気もアップするなんて、一石二鳥ですね♥

ぜひ試してみてください!

関連記事

一目惚れした人は運命の相手?縁があれば必ず結ばれる?【幸せになる...

【九星別】好きな人に愛されるにはどうすればいい?~七赤金星・八白...

クリスマスに好きな人と一緒に過ごせるおまじない★5選

失恋の癒し方。片思いの恋愛が終わった時、失恋して辛い時の対処法

サボテンで運気アップ?実はラッキーパワーを持つ縁起が良いアイテム...

関連記事ランキング