人生の岐路の意味は?人生の岐路に立った時迷いをなくすために大切なこと

人生の岐路の意味は?人生の岐路に立った時迷いをなくすために大切なこと

生きていくということは決断の連続です。そして人生の中には【人生の岐路】と呼ばれる大きな決断をしなければならない時に直面します。人生を左右する場面に立たされた時、私たちはどちらの道へ進むべきか、迷いを感じずにいられません。人生の岐路に立たされた時、意味をしっかり考えて迷いをなくすためのヒントとは・・?

 

人生の岐路の意味とは?

人生の岐路の意味とはどんなことを指すのでしょうか・・?岐路は一般的には人生を左右するための選択や、2択からどちらかの道を選ぶというような意味合いで使われています。なので人生の岐路の意味は「人生を左右する選択をする」という意味と言えるでしょう。

私たちの毎日は決断の連続です。何を買おうか、何を食べようか、どんな服を着ようか。。何気なく過ごす毎日の中にも決断して行動をするという行為を知らず知らずのうちに実行しているのです。ですが、大きな出来事が目の前に起こった時、私たちはどうすれば良いのか、自分の選択は正しいのだろうかと迷いを感じてしまいます。

人生の岐路に立たされた意味を考えてしまうから迷いが生じてしまう。そうであれば、その迷いを無くすための思考を育ててみませんか・・?

人生の岐路に立たされた意味:迷いをなくすためには

①困難な道を選んでみる

神は乗り越えられる試練しか与えない。だからこの人生の岐路もきっと意味があるのだと思ってしまいますよね。

目の前に2つの道があったとします。もしも、ゴールまで楽な道と難しい道があったとしたら。誰しもが楽な方法でゴールに辿り着く方法を選びたいと思いますが、迷いをなくすために、敢えて難しい方を選択してみるという方法があります。

難しい道を選んだら、ゴールまでの道のりは険しいでしょう。ですが、その道のりで多くのことを学ぶことが出来るのです。遠回りしたとしても結果的に良い経験が出来たり、色々なことを身に着けることが出来るかもしれません。「急がば回れ」の精神を忘れず、楽な道よりも難しい道を選んでみることで見えてくることがあります。

この人生の岐路は、いわば試練の意味合いがある。ならば、乗り越えられる試練を与えられたはずだから、あえて困難な道を選んで乗り越えようと思うことが大切です。

 

②「一日一生」と思う

「自分は大丈夫」という根拠のない自信を捨ててみませんか?今日のような毎日は、明日また来ると誰もが思っていることだと思います。でも同じ毎日は二度と来ないのです。毎日一瞬一瞬がその時だけ。一日一生なのです。今人生の岐路に立たされたということは「今」決めなくてはいけないという意味なのです。今決めなければ明日決められない、そう思うことで多くの迷いは消えていくはずです。

③ 思い切ってコインで選ぶ

人生の岐路に立った時、迷いがなかなか消すことが出来ないこともあります。どちらも選ぶことが出来ないという場面に迫られることもあるかもしれません。

そんな時は思い切って自分の意思とは関係ない「運」にかけてみるという方法があります。コインを投げて決める方法です。特にコインということに意味はありません。人生の岐路に立った時に、運で決める方法なら何だった構いません。重要なのは、「運」に賭けるということ。何が出ても今自分の「運」で決めてやるという気持ちを持って、コインを投げてみませんか?

④感情と理論を別にして考えてみる

人間は感情の生き物です。理論よりも感情が先に出てしまいます。その感情が自分の決断を迷わせているとしたら・・一時的に感情と理論を別にして考えてみるという方法があります。そのために効果的なのはノートにリストアップしてみるという方法です。感情で思っていることと理論的に考えている思考を1枚のページに左右対称にリストアップしてみましょう。そして感情の部分を隠して理論的な思考を見つめ直してみます。そうすることで、客観的に自分を見つめ直すことが出来て迷いが徐々に減って行く方向へシフトチェンジ出来るようになっていきます。

 

人生の岐路で決断するために大切な事とは?

①余計な事は考えない

「人生の岐路に立たされた意味がきっとあるはず」などどうしても余計なことを考えてしまいますよね。迷いがあるから決断出来ないのであれば、余計なことは考えず、重要なことを決断しなければならない時は出来るだけ一人で時間を過ごしてみましょう。誰かに相談しても最終的に決めるのは「自分」しかいないのです。

②直感に従う

自分の直感を何よりも大切にしてみましょう。直感力を鍛えるために日ごろから何かを決断する時には自分のインスピレーションを信じることです。外食するときにあれこれ迷うのであれば、これ!と目に入ってきたものを注文してみるなどしてみます。毎日の生活の中に直感力を鍛える出来事はたくさんあるのです。日々直観力を鍛えると人生の岐路に立たされた時に意味や効果を発揮するはずです。

③「過去は変えられる」と考えてみる

一度決めてしまったらもう二度と引き返せないという怖れは、決断力を鈍らせてしまいます。過去は変えられると思ってみませんか?過去に起きた出来事は変えられませんが、その出来事に対して自分が感じていた解釈を変えると過去は変わっていくのです。最悪だった出来事があれがあって良かったと思ったことはないでしょうか?そう、過去は自分次第で変えられるのです。

人生の岐路の意味:まとめ

アメリカの前大統領オバマ氏は大統領就任時、スーツの色は紺かグレーに決めていたそうです。アップル社前CEO故スティーブ・ジョブス氏と言えば黒いタートルネックがトレードマークでした。彼は同じセーターを何枚も持っていて、それを着回していたそうです。毎日大きな決断をしなければいけないリーダーたちは、日ごろから小さなことで迷わないようにするために創意工夫をしていたのです。

いつも小さな迷いがあるからこそ、大きな決断が目の前に来た時に多くの人は悩んでしまいます。

【人生の岐路】が目の前に立ちはだかった時、最善の選択が出来るように毎日の中で決断する力を磨いて、小さな迷いから無くしていきませんか?

関連記事

結婚観が合わないなら別れるべき?彼氏と考えが違うときの対処法4つ

【夢占い】新築の家の夢、ボロボロの家の夢、家を建てる夢の意味<前...

結婚向きな男性と結婚に不向きな男性の違い【結婚に向いてる男性編】

結婚向きな男性と結婚に不向きな男性の違い【結婚に不向きな男性編】

男性がうんざりする「決められない女子」特徴とは?

関連記事ランキング