目が合うのは勘違いなの!?男性心理をアイコンタクトから見抜く

目が合うのは勘違いなの!?男性心理をアイコンタクトから見抜く

気になる男性と目が合うと、「何を考えてるんだろう」とその心理が気になることはありませんか?実は男性心理はアイコンタクトから見抜くこともできるんです。遠くから目が合うときに考えていること、目が合うと逸らす人の心理など、目線の動きによって男性の恋愛心理を知るヒントを得ていきましょう。今回はアイコンタクトから男性心理をご紹介していきます。

よく目が合う…これって勘違い?

恋愛中、男性とよく目が合うと「これって両思い?」と感じることってありませんか?目が合うだけでドキドキしたり、好きじゃなきゃ目が合うことなんてないと考えたり…。恋愛しているときは、好きな人の小さな動作から男性心理を読み取って、勘違いすることも多いですよね。ですが、目が合うだけでなく、アイコンタクトから男性の心理を考えることってできるんですよ!

男性の恋愛心理をアイコンタクトから読み解く!

遠くから目が合うだけで「好きなのかも」と思うのは、「自分を好きでいてほしい」という願望も潜んでいます。目を見るだけで好きな人の心理状態を読み解くのは、なかなか難しいです。ですが、男性の恋愛心理はアイコンタクトから読み解くことができるかもしれません。目は口程に物を言うと昔からいわれている通り、男性が恋愛しているとき、その心理は目線の動きに表れているのです。
なので、女性はまず、男性の目線から恋愛心理を探るようにしてください。男性からのアイコンタクトは好意のサインを探るのに効果的です。

目が合うとき脈ありな男性の態度

目が合うとき脈ありな男性の態度

目が合うとき、次のような態度を男性が見せたら脈ありかもしれません。目が合って恥ずかしい!とすぐにそらさずに、男性の態度をチェックしてみてくださいね。

目が合うとき真顔になっている

目が合うとき、真顔の男性って怖いですよね。ですが、実はこれも脈ありなケースがあるのです。
へらへらと笑う男は頼りなく思われてしまうかもしれないと、女性と目が合ったときに真顔になる男性がいます。真顔で真面目さをアピール、もしくはかっこいい自分をアピールしているのかもしれません。
目が合うときに真顔の男性に話しかけても、ちょっと冷たく感じることも多いです。ただ、目をそらさないようであれば不快に感じているわけではないので、負けずに頑張って話してみてくださいね!

目が合うとき見つめ返してくる

目が合うときに見つめ返してくるのも、脈ありなパターンのひとつです。ふとした瞬間に目が合うのは、その男性がよくあなたの方を見ているからです。何度も目が合うことがあるなら、思い切って見つめ返してみてくださいね。それでも目をそらさないようであれば、脈ありの可能性大です。

遠くから目が合うときの男性心理

席の離れた男性と、遠くから目が合うことが多いなぁと思うことはありませんか?遠くから目が合うと「まさか自分のこと見てるはずない」とか「遠いから勘違いだったかも」と自分に言い聞かせてしまうことも。
でもそれ、勘違いなんかじゃありません!その男性があなたのことを見ていたから、あなたがそっちを見たときに目が合うんです。あっちの方が先にあなたのことを見ていたってことです。
近くにいるならふとした時に目が合うこともあるでしょう。でも遠くから目が合うことってあります?相手は絶対にあなたのことを見てたはずです。

もうその男性は間違いなくあなたに恋愛感情を寄せているとみていいです。もしかしたらその男性自身もまだあなたへの好意を自覚してないかもしれません。「ついつい気になって目で追っちゃう」という心理ですね。

遠くから目が合った場合の男性の目線は、「好きのサイン」と断言してもいいでしょう。あとはあなたの気持ち次第。あなたもその男性が気にあるなら、目で好きのサインを送るのもいいですし、態度で好意を示してみるといいかもしれませんね。

目が合うときの見つめ合う時間で好意がわかる

目が合うときの見つめ合う時間で好意がわかる

目が合うとき、ドキッとしますよね。たまたま目が合っただけなのか、それとも自分を見ているのか気になるところです。そんなときは、目が合うことがあったら、見つめ合う時間を測ってみてください。
とある心理学の実験で、

  • 男性は気になる女性を4.5秒以上見つめる
  • 男性が女性を8秒以上見つめるのは恋に落ちているのと同じ

このような結果が出ているんです!目が合うだけでなく、そのあと目をそらさないかどうかも、自分のことが好きなのかどうか診断するポイントになります。

男性の目線が何秒、自分に向いているか計るのは難しいかもしれません…。でも見られてるなぁ…と視線を感じたら心の中で数えてみてください。

目が合うなら笑うようにしよう

男性と遠くから目が合う、話すときにじっと見つめられる、などあなたに好意を抱いている様子があって、あなたもその彼のことが好きなら…あなたも積極的にアイコンタクトをとっていきましょう!

アイコンタクトをとることで信頼感を高める効果があると言われています。相手の気持ちは目を見ればわかる、ということが分かっていただけたと思います。彼からの「好きのサイン」を受け取ったら、あなたも視線を送ってあなたの気持ちを伝えましょう。

また、目が合うときに笑うことで、相手に好印象を与えることもできます。仏頂面で見つめ合っても恋は始まりません。恥ずかしくてもぜひ、目が合ったときには笑ってみてくださいね。

話してるときの目線は?

遠くから目が合う場合は、もうほぼ好きって言ってるのと同じだと言いましたが、近くで話しているときの目線は、その男性の性格によって違います。ここでは話してるときに目が合うかどうか以外に、男性の性格も併せて見ていきましょう。

じっと目が合う、そらさない

積極的な男性を話してるとき、よく目が合うなぁ、しかもそらさない人だなぁと感じることってありませんか?
積極的な男性が好きな女性にアピールする場合、話してるときにじっと目を見つめてくるのです。そのため、「よく目が合うな」と感じます。
目は口ほどに物を言うということで、視線をそらさないで積極的に自分の好意を伝えようとしています。積極的な男性は自分のアピールの仕方も心得ているのも特徴なので、「視線」を意識してあなたに好きのサインを送っています。
相手の男性の性格が普段からぐいぐいくるタイプなら、よく目が合うから好きなのかも?と思っても、勘違いじゃないかもしれませんよ。視線をそらさないならなおさら、目で気持ちを伝えようとしているのかもしれません。

目が合わない

話してるとき、目が合わない男性っていませんか?
消極的な性格の男性の場合、基本的に喋っているときに目を合わせてくれません。俯いて恥ずかし気に下を向いていたらそれは好意の裏返しです。恋愛に消極的な性格の男性は恋愛経験が少ないので、好きな女性を前にして目が合うと緊張してしまうのです。そのため、目を合わせないようにします。
女性からすると「え、私嫌われてる?」と思ってしまいますが、実はこれも男性の目線から読み取れる「好きのサイン」なんです。

ただし、目が合うとき視線を横にそらす場合は、拒否の意味を含んでいるので、あなたに対して恋愛感情を抱いていることはないかもしれません。視線を下にそらしたときは、あなたへの好意の表れと言っていいでしょう。

目が合うけどそらす理由は?

目が合うけどそらす理由は?

ここからは、目が合うけどそらす理由を見ていきましょう。気になる男性と目が合うことがあっても、そのままそらされてしまったら傷つきますよね。もしかして嫌われてるのかも…と心配してしまうかもしれません。ですが、目の動きによってその心理を読み取って、目をそらす別の理由が見えてくるかもしれませんよ。

目を横にそらす心理

目を横にそらす心理は、相手に対していい印象を抱いていないときです。目の前にいる人を快く思っていないときに目を横にそらす心理は、その人と目を合わせたくない…ということが考えられます。
もし、好きな人から目をそらされたとき、どっちにそらされたか見てみましょう。もし、横にそらしたようであれば、目を横にそらす心理を思い出してくださいね。何か好きな人に対して不愉快な気持ちになることをしてしまったのかもしれません。

目を右下にそらす心理

目線の心理学では、目を右下にそらす心理は一般的に考え事をしているときだと言われています。そのため、好きな人と話しているとき、目線が右下を向いたら何か考えているのだろうと思ってください。
また、右下に目をそらす心理の中には肉体的苦痛を思い出しているという説もあります。右下に目をそらしたとき、どちらの心理が好きな人に当てはまるのか判断するには前後の会話から読み取るようにしましょう。あなたが質問したことに対して考え込んでいる場合もあれば、話の流れから嫌なことを思い出してしまった可能性も、目線が右下に動いたことで考えられます。

目を左下にそらす心理

目線を左下にそらす心理には、過去・昔のことを思い出していることが挙げられます。たとえば「あなたは小さい頃何をしてた?」と好きな人に質問した場合、左下に目線を向けて考えるでしょう。
また、左下に目を向けているときは過去・昔にあった嫌なことを思い出しているという可能性もあります。嫌なことを思い出している心理というのはあまり良くありません。目線が左下に向いているとき、あまり良くない心理状況だなと思ったら明るい話題を振るようにしましょう。

目が左右に動く

目が左右に動くときの心理は、落ち着きがない状態です。頭の中で何かを必死に考えている時に目が左右に動くこともあれば、その場にいて落ち着きを感じられないときに目が左右に動くこともあります。嘘をついている人にそのことを指摘したら動揺し、目が左右に動くことがありますよね。そのときと同じような心理状況なのです。
目が左右に動くということは好きな人の心理は落ち着きがない状態です。その状態でアプローチしても好印象を残すことができないため、まずは落ち着いてもらうためにゆっくり話しかけたり、急かさないようにしましょう。

目が合うときにドキッとさせる方法

目が合うときにドキッとさせる方法

男性と目が合うとき、好きな人が相手ならドキッとさせたいですよね。男性をときめかせる方法は、先にご紹介した通り、目が合ったときに「笑う」ことです。そして、その他にも「目が合っちゃったね」とわざと話題に出すのも効果的!目が合うことを意識しているのは自分だけじゃないんだと、相手の男性に思わせることができます。そのまま会話にも繋げられるので、ドキッとさせたあとに距離を縮めていきましょう。話しているときも目が合うように、相手の顔を見るのを忘れないようにしてくださいね。

まとめ

今回は「目が合うときの男性心理」についてご紹介しましたが、いかがでしたか?よく目が合うのは勘違いかな…と悩む女性の、ほんの少しでも解決のお手伝いができたら嬉しいです!目が合うときの男性の態度で、その心理にも予想がつくので、ぜひ観察してみてください。
そして、目をそらすからといって嫌われているわけではないこともお忘れずに!女性からドキッとさせる行動を取って、好きな人の心を射止めましょう。