いつも身体だけの関係に…男性にとって都合の良い女性の特徴とは

いつも身体だけの関係に…男性にとって都合の良い女性の特徴とは

最近、彼からの連絡がそっけない…。会ったとしても夜だけしか会えない。気付けば身体だけの関係になっていませんか?彼氏と付き合っても最初は良いのにだんだんそんな仲になってしまう女性も少なくありません。いつも密室に居たり、昼間から会わないような関係なら身体だけの関係になっているように思えます。今回は、いつも身体だけの関係になってしまう都合のいい女性の特徴についてまとめました。参考にしていただければ幸いです。

身体だけの関係とは?

そもそも身体だけの関係とはどういう意味なのかご紹介します。

身体だけの関係とは『セックスする関係だけど、恋愛関係ではない』ということです。お互いに身体だけの関係だと割り切っているならいいのですが、どちらか一方が相手の好意を利用して身体だけの関係を持とうとするパターンが多いのです。好きな人となら身体だけの関係でもいい…と思ってしまう人もいるようですが、やはり愛し合っているセックスと愛のないセックスは違うもの。身体を重ねているときは嬉しい気持ちでも、セックスが終わった後にむなしい気持ちが押し寄せてくることが多いようですね。

身体だけの関係になりやすい女性って?

自分では身体だけの関係になりやすい女性には共通の特徴があります。男性にとって都合のいい女性になってしまうと身体だけの関係になってしまうのです。

自分では身体だけの関係になっていると気づいていない女性もいます。自分は好きな人にとって『身体だけの関係』だと思うと女性の心を傷つけてしまうような内容かもしれません。しかし、自分も「身体だけの関係になりやすい女性かも…」と心当たりがあるなら少し覚悟したほうがいいかもしれません。
少し耳の痛い話かもしれませんが、身体だけの関係に甘んじてしまい泥沼になって抜け出せない女性が多く見られます。もしそんな状態なら一刻も早く身体だけの関係を抜け出して次に行かなくてはいけませんし、その男性から離れましょう。

まずは身体だけの関係になりやすい女性の特徴を知って、自分はそうなっていないか確認してみましょう。

身体だけの関係になりやすい女性の特徴

彼に優しすぎ

身体だけの関係に甘んじてしまう女性の特徴は、彼氏に優しすぎるということ。

優しいのは良いことです。優しさや伝染して彼を優しくしたりしますし、彼が読者様からの優しさを受けて性格が変化したり居心地のいい場所だと思ってくれる方も居ます。優しさは何の問題も無いですし、本当に素晴らしい方なんだと思います。

ですが、優しさよりも大事なのは厳しさです。怒ることをしないカップルは絶対にどちらかが苦しい思いをしています。わがままは度が過ぎると面倒くさいですが、多少のわがままはカップルにとって大事なことになります。だって、男性だってわがまま言うことありますよね?

ときには自分の気持ちがのらない時だってあります。そうやってお互い自分の気持ちを寄せ合いながらたまにはわがままを言いながらカップルはやっていくのです。でも、優しさだけで彼の全てを許してしまっては、それはカップルではなくお母さんですよ。しっかりと彼を優先させつつ優しさだけでなく厳しさを持って彼とお付き合いしたいですね。

自分の意見を言わない

身体だけの関係になりやすい女性の特徴として、なんでも彼の意見に合わせてしまうということも挙げられます。
自分の意見があっても言わない。または言いにくくて言わない。そんな自分の気持ちを押し殺してしまうのはとっても良くないですよ!

まずは、どんな理由で彼に意見を言わないんですか?嫌われたくないから?怒られるのが怖いから?喧嘩したくないから?どれも、彼の都合に合わせた勝手なものじゃありませんか?喧嘩を避けてばかりでは大きい喧嘩をしてしまった時に修正効かなくなりますし、意見を言うだけで怒ったり嫌いになったりするような幼稚な男性はまだ恋愛するには早いんじゃないかと思います。

世の中は自分の思い通りには行きません。それは仕事、学校、家族、友人、恋愛全てにおいて共通の事実です。その事実を皆さんわかって行動していますよね。人付き合いは相手が居て成り立つものです。読者様が意見を言わなければ彼の言いなり人形になってしまいます。いつか捨てられる運命を辿ってしまいます。

もし彼と本当に心から繋がっている関係になりたいのであれば、自分の意見をしっかり言って自分をしっかり保てるようにしましょう。相手の意見と自分の意見をお互いに納得しながら合わせていくのがいいでしょう。自分を変えるのは自分しか居ませんよ。身体だけの関係になりやすい都合のいい女性になる前にしっかりと自分を保ち、相手と対等な関係で付き合えるようにしましょう。

母性本能が強い

子供をかわいがったり、人に対しての面倒見がいい女性は母性本能が強い女性ですよね。母性本能が強いことはとても良いことなのですが、母性本能が強いがゆえに損する役目になってしまうこともあります。優しかったり、家事をしたり、家政婦さんのように彼の周りの世話をてきぱきこなしてしまうのです。

同棲しているなら家事をするのもいいでしょうが、正確に同棲しているわけでもなくひたすら家事をして彼の帰りを待ったりしている状況なら本当に家政婦さんとしか思っていないかもしれません。疲れて返ってきても、全てが終わっていて性欲も満たせるならそんな良いこと無いって男性は思っているかもしれませんよ。彼が休日どこも出かけてくれなかったり、仕事が忙しいと言ってデートしてくれなかったりしたら要注意です。

身体だけの関係を求めてくる男性は、他に女性がいて二股していて、ましてやそっちが本命の彼女だったりします。とにかくクズですね。
そんな男性に捕まらないようにお世話を焼くのは程々にしましょう。自分のことはしっかり自分でやらせるのが一番ですよ。

身体を許すのが早い

身体だけ関係に甘んじてしまう女性の特徴は、あまりにも早くに身体を許してしまうからだと思います。相手のことをしっかりわかっていて、心が通っていると確信した上で身体を預けましょう。心が通っていない状態で身体を交えてしまうと、その相手に対してどうでも良くなってしまうんです。それが身体だけの関係を求める男性の心理です。だからこそ付き合う前から身体の関係を持ってしまうのをOKとしている女性は、そのまま付き合うこともなく身体だけの関係が続いてしまうのです。

自分からの連絡頻度は少ない

身体だけ関係になりやすい女性は、自分からの連絡頻度が少ないという特徴があります。さらに、相手からの連絡頻度がどれだけ多くても、変身はすぐにしてしまうというのも身体だけ関係になりやすい女性に多い特徴です。男性にとって連絡頻度が少ないけど、返信が早い女性は「身体の関係だけにしやすい都合のいい女」と思われてしまうのです。身体だけの関係になりたくないなら、連絡頻度を調整して都合のいい女になるのはやめましょう。

身体だけの関係って虚しい…身体だけの関係をやめるには?

身体だけの関係ってセックス中でも相手の愛を感じず虚しいと感じる人も多いようです。虚しい身体だけの関係をやめるにはどうしたらいいのでしょうか?

身体だけの関係から恋人になることもできますが、相手はあなたをすでに「手に入れた」と思って満足している状態。「私たち付き合ってるの?」とドラマのような問いかけをしてもあいまいな返事を返されて虚しい気持ちは増すだけ…。身体だけの関係をやめるには、その相手との別れが一番いいでしょう。虚しい身体だけの関係をすっぱり切って、新しい恋を始めてみましょう。

身体だけの関係をやめる!でも相手のことは好き…という場合は相手を振り向かせるために努力しなくてはいけません。あなたが彼にとても大切な存在であると思わせることが大切です。あんたという存在の価値を彼の中で大きくさせて、「付き合ってほしい」と正直に彼に伝えましょう。その際は「身体だけの関係をやめる」ということもはっきり伝えましょう。「付き合う」「二度と会わない」という二択を相手に突き付けるのです。あなとの身体だけの関係をやめる=もう会わないという最低な男もいますが、そんな男と身体だけの関係を続けていても虚しいだけで時間の無駄なので、切れてよかったと思うようにしましょう。

身体だけの関係って英語でなんて言うの?

身体だけの関係を英語で表現すると何というのでしょうか?

日本だと「身体だけの関係=セックスフレンド(セフレ)」という英語の表現をよく使いますよね。しかし、実際に身体だけの関係を英語で「sex friend」とは言いません。英語で身体だけの関係と言いたいのであれば「Friends with benefits(利益ありの友達)」が適切と言えます。身体だけの関係の他の英語表現はスラングでは「Fuck buddy」などが使われているようですね。

まとめ

でも、女性はその相手のことをどんどん好きになっていくそうです。
逆の道を歩んでしまうんですね。
そんなすれ違いが起きて都合のいい女性にならないようにしっかり用心していきましょう。