ワガママとの境界線が重要!男性を惑わせる小悪魔女子の特徴

ワガママとの境界線が重要!男性を惑わせる小悪魔女子の特徴

小悪魔女子と聞くと男心を巧みに操る女性のイメージがありますよね。
恋愛の駆け引きにはこの小悪魔女子のテクニックを使いこなすのが恋愛上手の鍵と言われています。
しかしあまりにもやり過ぎるとただの迷惑女や勘違い女として距離を置かれてしまうのでそうならない様な線引きが重要になってきます。
今回は思わず男性の気持ちがグラついてしまった小悪魔女子のテクニックについてお伝えしていきます。

小悪魔女子の特徴①お願いをするのが上手である

重たい荷物は男性に持ってもらいたいですよね。
しかしただのワガママ女子というのは持ってもらって当たり前!という態度を取ってしまうのです。
「ねえ!荷物ぐらい持ってよ!」と怒り口調で言われたらいくら相手の事が好きでもせっかくの楽しいデートが台無しになってしまいます。
しかもその荷物も女性が自分で買った洋服やバッグなどのかさばる大きなショッピングバッグだったら男性もついカッとなってしまうかもしれません。

お願いをするのが上手な小悪魔女子はこの辺の対応の仕方をよく心得ています。
買い物した袋などを持ち歩くのに少し重たそうにしている、歩くのをわざと遅めたりするなど口には出しませんが荷物を持っている事で「歩きにくさ」を表に出します。
そこに気付いた男性は少し罪悪感をおぼえ「荷物持ってあげる」と声を掛けざるを得なくなってしまうのです。

そうなるとここからは話は早いです。
小悪魔女子は男性からの気遣いの申し入れを決して断る事はしません。
「わーい!ありがとう!〇〇君って優しいね!」と厚意に素直に甘え、相手を褒める事もします。
小悪魔女子によくあるパターンなのです。

小悪魔女子の特徴②天真爛漫、だけど気分屋

小悪魔女子の魅力は掴みどころのないギャップにもあります。
普段はピョンピョン跳ね回るくらい無邪気なのに、突然連絡を途絶えさせてみるなど一緒にいる男性は気が気ではありません。
しかし適度なタイミングでまた無邪気に擦り寄ってくるので男性もつい気を許してしまうのです。

このギャップの見せ方もとても重要です。
あまりにも短いスパンで行ってしまうとただの浮き沈みが激しい面倒な女性として見られてしまうので注意が必要です。
あくまでも普段の自分はありったけの良い部分を見せる事が大切です。
そして時にはメールやラインの返信を遅らせるなどして男性の心配を煽るのです。
そうする事で男性は四六時中相手の事を考えてしまう様になります。

小悪魔女子の特徴③もしかして他に男がいるの?と思わせる

これについてはなかなか高度な駆け引きが必要になりますが使いこなす事が出来たら立派な小悪魔女子です!
あくまでも他の男性の影をちらつかせる程度にとどめておく事が大事なのでやり過ぎると逆効果となる場合もあります。

男性は闘争心の強い生き物なので何人かに言い寄られている女性を自分が最初に手に入れる事で深い喜びを感じます。
「この前○○君と会話していて・・・」などの様に他に親しい男性がいる事を想像させるのです。
しかし忘れてはいけないのが他に親しい男性がいる中でも一番信頼しているのはあなたよ、と相手に優越感を持たせる事です。

小悪魔女子の特徴④天然な一面がある

一般常識が無いだけではあまり相手にされませんが、小悪魔女子のテクニックとしてお伝えしたいのは男性が放っておけない天然な一面があるという事です。
極端な言い方ですがおバカな振りは時に男性の心を掴みます。
その内容というのも周りに迷惑を掛ける様なレベルのものではなく、思わずクスッとなる程度の事であるのが重要です。
何もない所で躓く、携帯で会話をしながら携帯を探している、会話の中で噛んでしまう、などのどこか抜けた雰囲気は男性の心を掴むのです。

会話の中で知っている内容でも「私それ知っているから!」と言うより「へえ~知らなかった!」相手の話に興味を示すのではどちらが男性はタイプでしょうか。
知っている事でも相手の話を興味深く聞く様子は「俺がいないと何も知らないのだな」と相手の優越感を高めます。
本当は知っているけど・・・なんて頭の中では思っていても決して態度に出さずに相手の男性を持ち上げるのも小悪魔女子のテクニックです。

小悪魔女子の特徴⑤時には「NO」とハッキリ言う

小悪魔女子は男性の「追いかけたい」本能を熟知しており、その本能でさえも上手に操る事が出来ます。
何でもかんでも男性の思う通りには動きません。
ある一定期間は男性に対して「もう少しで俺の女になる」と期待を持たせます。

ここからが小悪魔女子の腕の見せ所です。
男性からの誘いをスルリとかわす様に一旦誘いを断るのです。
そうする事で男性の追いかけたいという狩猟本能に火が付きどうしても手に入れたくなるのです。
「もしかして俺遊ばれている?」と気付くかもしれませんがそれでも追い掛けたくなるのが小悪魔女子の魅力なのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
小悪魔女子と聞くと黒のドレスを纏った女王様の様なイメージが湧くかもしれませんが、この様に見てみると恋愛の駆け引きとして必要な事の様に思えてきますよね。
女性側もただのワガママではなく、好きな男性を手に入れる為に試行錯誤の努力を重ねているのです。
そんな一面を一切見せずに余裕の表情で相手を虜にさせてしまう小悪魔女子は同性の私たちから見ても魅力的なのですね。

ABOUT この記事をかいた人

優美(ゆうみ)

関西在住の30代主婦です。 これまでは事務員・ファストフードマネージャーなどを経て現在は接客講師としての道を歩き始めました。 近所の図書館に頻繁に通うのが楽しみで1か月で10冊ほどの本を読んでいます。 道尾秀介さん、恒川光太郎さん、朱川湊人さん、有川浩さんなどのファンタジーやミステリーが好きです。 文章は読むのも書くのも好きなので少しでも皆様の参考になる記事を提供できるよう頑張ります。