体脂肪率による見た目の変化は?計算方法と体脂肪率の減らし方

体脂肪率による見た目の変化は?計算方法と体脂肪率の減らし方

体脂肪率によって見た目の変化があるのでしょうか?女性が気になる見た目。その見た目は体脂肪率によって違いがあると言われています。今回は体脂肪率の見た目の変化や理想の体脂肪率、そして自分の体脂肪率を計算する方法をご紹介していきます。体脂肪率を減らすにはどうしたらいいのか、減らし方も併せてチェックしていきましょう。

体脂肪とはそもそも何?

体脂肪とはそもそも何?

体脂肪率は低いほど良いと思いがちですが、私たちは生きていく上で一定量の体脂肪が必要です。そもそも、体脂肪ってどんな働きがあるの?と思った方へ。

体脂肪は、人間が活動するにあたって必要なエネルギー備蓄としての働きをしています。体調を崩したりして食べることが出来ず栄養が足りなくなったとき、私たちの身体は備蓄していた体脂肪から必要なエネルギーを消費していきます。他にも体脂肪には免疫力を高める効果などもあるため、風邪が引きにくい身体を作ったりしてくれています。

このように生きていく上で体脂肪は、一定量を目安に維持していく必要があるのです。

体脂肪率によって女性の見た目に変化がある?

体脂肪率によって女性の見た目に変化がある?

体脂肪率は体の中の脂肪の割合ですが、その数値が高いか低いかによって女性の見た目には変化があります。
体脂肪率40%以上の場合、見た目はだいぶ肥満体型に見えるようです。体脂肪率25%程度なら標準より少し太めに見えるか、筋肉のつき方などによっては下半身の方が太った見た目に思えたり、胸囲が気になったりするようです。
15%程度ですとモデルと同じくらい体脂肪率なので、女性の見た目もすっきりして見えるでしょう。ですが、体脂肪がないので、筋肉もない人だと体調を崩しやすかったり、疲れやすかったりします。
女性にとって見た目は重要とは思いますが、見た目ばかり気にして健康を蔑ろにしないようにしましょう。

女性の体脂肪率の理想は?

ここで、女性の体脂肪率の理想の数値を見ていきましょう。
アスリート・マーケティング株式会社が運営しているWebサイト「cocoKARA」では、女性の理想の体脂肪率は18歳~39歳までで体脂肪率が21~27%の場合は標準より痩せ気味だと紹介しています。また、28~34%が標準より少し太り気味と書いてあります。
おそらく、25~30%程度の体脂肪率が20代、30代の女性にとっては理想的な体脂肪率なのではないでしょうか?

ですが、女性にとって理想の体脂肪率と言えば、モデルのような見た目を思い浮かべる人も多いと思います。
そこで、モデルに多い体脂肪率も見ていきましょう。

体脂肪率の理想は女性モデル?

体脂肪率の理想は女性モデル?

女性の理想とも言える見た目を持つモデルたちの体脂肪率はどのくらいでしょうか?
一般的に体脂肪率を公開している女性モデルはほぼいないので、ネット上の情報を参考にしてみました。
モデルの体脂肪率は標準よりも下回っている可能性が高く、10~15%ほどではないかと言われています。
モデルの体脂肪率と同じが理想となると、かなり標準より下の数値まで減らす必要が出てくるでしょう。

先に紹介した通り、体脂肪率は生きる上で必要なエネルギー源です。体脂肪率の理想がモデルと同じくらいだからと言って、女性はあまり無茶な減量をしない方がいいでしょう。

体脂肪率の計算

体脂肪率の計算

体脂肪率の計算方法は、少々めんどくさいですよね。家に体脂肪率を計算してくれる機会があれば手軽に計算することができますが、自分で計算式に数字を入れて計算していくのはめんどくさいです。
そんなときにおすすめの計算方法が、ネットにあるツールに数字を打ち込んでワンクリック計算です。

体脂肪率 – 高精度計算サイト

CASIOが運営している計算サイトで、体脂肪率の計算ができます。ただし、体脂肪率の計算方法は「上腕背部」と「肩甲骨下部」の厚みを測らなくてはいけません。
ちょっと面倒にも感じますが、家に体脂肪率を計算してくれる機会がないときに助かりますね。

体脂肪率の減らし方

体脂肪率の減らし方

体脂肪率を計算してみて、自分は少し、減らす方がいいのでは…と思った人もいるのではないでしょうか。体脂肪はほどほどにあった方がいいですが、肥満もよくありません。体脂肪率が高いから減らしたいという人に向けて、体脂肪率の減らし方にはどんな方法があるか見ていきましょう

体脂肪率の減らし方①食事に気をつけて摂取カロリーを抑える

毎日のランチを外食している場合にはお弁当にしてみたり、コンビニで売られているお弁当を買う時も記載されているカロリーを意識するようにしたりするだけで、摂取カロリーを抑えることが出来ます。毎日の積み重ねを忘れずに無理なく食事を制限してみましょう。

体脂肪率の減らし方②筋トレなどをして基礎代謝を上げる

基礎代謝は30代を境に年々に下がっていくと言われています。基礎代謝を上げるためには、日々筋トレしたり運動を取り入れたりすることが有効な方法。ウォーキングや水泳などの有酸素運動を毎日の習慣に取り入れたり、筋トレをして筋力を上げることが必要となります。

通勤・通学で電車を使っている方は一駅分を歩いてみるなど、無理なく毎日出来るように運動を取り入れることから始めるのが、体脂肪率の減らし方としておすすめです。

体脂肪率の減らし方③体温を上げる

体温を上げることで体脂肪を燃焼出来るといわれています。体温を上げるおススメの方法は【白湯】。毎朝起きたらゆっくりと時間をかけて白湯を飲みます。白湯を飲むと、体温が上がる他にも美肌効果も期待出来ます。体温が1度上がると基礎代謝は15%も上昇するといわれています。お風呂もシャワーだけではなく、湯船にゆっくり入ることも意識してみましょう。

白湯でダイエットもできる!?詳しくはこちら

おわりに

今回は体脂肪率によって見た目が変わること、女性にとっての理想の体脂肪率をご紹介してきました。体脂肪率を計算してみて、自分は少し体脂肪率を減らす方がいいのかもしれない…と思った人は、最後にご紹介した、体脂肪率の減らし方を実践してみてくださいね。痩せすぎでもなく、太すぎでもなく、ちょうどいいボディバランスを手に入れましょう。