彼氏に「思うところがある」と言われたら?意味やNG対応まとめ

彼氏に「思うところがある」と言われたら?意味やNG対応まとめ

彼氏に「思うところがあるから距離を置きたい」と言われたら「思うところって何!?フラれちゃうの!?」と不安になったり焦ったり…穏やかではない気持ちになりますよね。今回は「思うところがある」という言葉に隠された意味や、「思うところがあるから距離を置きたい」といわれた時に取るべき対応やNG対応についてまとめました。

「思うところがある」ってどういう意味?

「思うところがある」ってどういう意味?

まずは「思うところがある」という言葉に隠された意味について紹介してきましょう。これがわからないとなぜ彼が距離を置きたいと思っているのかがわかりませんからね。

不満に思うところがある

やはり一番「思うところがある」の意味として考えられるのが「彼女に対する不満」です。
たとえば「嫉妬深くすぎる」「細かすぎる」など、彼女の性格について思うところがある場合や、「愛されていない気がする」など、愛情の変化に対して不満に思うところがある場合などがあります。

言えない何かがある

不満とまではいかないですが、彼女には言えない何かがある可能性もあります。
たとえば彼女が浮気しているのを知ってしまったけれど、まだ決定的な証拠がなくて確定できないなど…。
彼女に嘘をつかれたことに気が付いて「彼女のことは好きだけど嘘をつかれたことがショックで距離を置きたい」ということなのかもしれません。

他に好きな人がいる

「思うところがある」という表現は基本的に上に紹介したように言われた側に何か問題があるかのような言い方ですよね。
しかし、言葉を濁しているだけで実は自分に好きな人ができたり、彼女のことを好きじゃなくなっただけという可能性もあります。
理由を悟られずに自然消滅を狙うために「思うところがあるから距離を置きたい」というボヤボヤっとした表現で濁しているのかもしれませんね。

「思うところがあるから距離を置きたい」といわれたら?

「思うところがあるから距離を置きたい」といわれたら?

決定的に別れを言い渡されたわけではありません。交際を継続する可能性もある、という意味で、彼は継続するか別れるかをまだ迷っているということです。彼から「思うところがあるから距離を置きたい」といわれたときの対応についてみていきましょう。

理由を聞く

「思うところがある」という言葉で濁していますが、おそらく何かしらの不満や言いたいけどいえないことがあるはずです。
距離を置きたい理由として、「思うところがある」の詳しい内容を聞いてみましょう。
もしかしたら傷つく内容かもしれませんが、距離を置きたくない、彼の不満を聞いて前向きに直していきたいと思っているのであれば、理由を聞いて改善する努力をしてみましょう。

素直に受け入れて距離を置く

彼があえて「思うところがある」と濁しているなら、詳しく聞かずに素直に受け入れるのも一つの手です。
彼自信が距離を置いて時間が欲しいと考えたのであれば、彼の気持ちを整理してもらうために素直に受け入れましょう。

「思うところがあるから距離を置きたい」に対してのNG行動

「思うところがあるから距離を置きたい」といわれたとき、間違った行動をとって別れを決定的にしてしまうことがあります。
続いてはそんなNG行動についてまとめてみました。

会うのは我慢するけどLINE・メールしてしまう

会うのは我慢するけどLINE・メールしてしまう

彼氏に「距離を置こう」と言われてパニックになる気持ちは理解できます。
先が見えないと不安になっちゃいますが、だからといって現実逃避するのはNGです。
彼が「やっぱり別れた方がいいかな…」と思いやすくなってしまいます。

そのNG行動は、『ついつい連絡をしてしまう』というもので、「会わなければいいんだよね!」と勝手に解釈して、連絡を取り続けると彼氏をゲンナリさせる原因になります。

・「悪いところは直すから、教えて?」としつこくLINE
・「おはよう!」と何事もなかったかのような態度
・宣告して1週間後…「これって自然消滅ねらってるの!?」と怒りメール

このような行動はNGで、彼の別れたい!という気持ちを加速させます。
受け入れにくい現実かもしれませんが、彼にも思うところがあることを理解して、大人しく彼と接しない時間を設けて、考える猶予を与えてみてください。
懐の深い女性であることを示せば、彼も思いとどまるかもしれませんよ。

友人を介して探りを入れる

友人を介して探りを入れる

彼の宣言を受け入れられず、友人を使って探りを入れる…これもNG行動の一つで、彼氏にバレないと思っていても、そういう探り行動は素人だとバレるものです。
探りを入れるという行動は、彼氏の浮気を疑っているようなもので、その探りに感づいてしまうと、彼はサーッと冷めてしまいますよ。
その嫌な役目を友人に託している時点でアウトです。彼氏に人間性を疑われてしまいます。

彼氏目線で言うと、まるで間接的なストーキング行為をされているような感覚でしょう。
随時行動を監視されていては、冷却期間を置いている意味がありません。彼氏はすぐに別れを選択してしまうかも…。

どんなに会わない期間が続いたとしても、じっと待つのが賢い選択です。
あまりにも長すぎるときは、「会って少しだけ話し合いたいんだけど…」と控えめな提案をして留まりましょう。監視行動だけはしないよう、くれぐれもご注意を。

気を引こうと心配させる嘘をつく

気を引こうと心配させる嘘をつく

会わない時間が多くなると、不安や心配から彼氏に嘘をついてしまうことがあります。
でも、気を引こうとついた嘘は、取り返しがつかないことも…。

・「親が病気になって辛い」と身内を使う
・「仕事で失敗してクビになるかも」と仕事を使う
・「ちょっと体調悪くて精密検査になった」と病気を使う

など、大袈裟な嘘をついてしまうと、さすがの彼氏も心配で会いに来てくれるでしょう。
でも、それが嘘だとバレたとき、ダメージはかなり大きいものになり、取り返しがつかずそのままサヨナラ…の可能性大です。
許せる範囲の可愛い嘘ならOKかな?と思う方もいるかもしれませんが、それもなるべくなら避けた方が賢明。彼氏は何かしらの理由があって冷却期間を設けたいと提案しているのです。
その間はじーっと耐え忍ぶのが賢い選択だと思いますよ!

SNSを使って病んでいるアピール

SNSを使って病んでいるアピール

彼氏に直接ぶつけられない思いをSNS上にアップするなんて経験をしたことのある女性は意外に多いのではないでしょうか。
彼氏の愚痴や喧嘩で落ちている様子などを書き込んでしまう行為で、それもまた、冷却期間にしてはいけないNG行動のひとつ。

SNSは不特定多数の人が見られる場所で、会わない間に彼氏がチェックしている可能性が高いんです。
連絡はしなくても、まだ交際している相手のことは彼氏だって気になるものですし、せめてSNSだけでもチェック…と思って病んでいる書き込みがあったらゲンナリ。
メンヘラ女、メンヘラちゃんだと思われたら連絡が来なくなる可能性もあります。
どんなに落ち込んでいても、それを悟られないよう用心しましょう!

もしどうしても病んでしまうという方は、信頼できる友人に愚痴をこぼしたり相談したりして、気を紛らわせるといいと思いますよ。

まとめ

彼氏に「思うところがあるから距離を置きたい」と言われたら聞けるようなら理由を聞き、素直にいったん距離を置くのがおすすめです。しかし、「思うところがある」という風に濁しているのは、彼女に対しての心遣いかもしれません。彼の気持ちが整理できるまで、今回紹介したNG行動はとらずに待ってあげることも大切ですよ。