器量の大きい人間になる!器量とは?器量よしとは?器量の大きい人になる方法

器量の大きい人間になる!器量とは?器量よしとは?器量の大きい人になる方法

器量が大きい人とは、どんな特徴がある人のことを指すのか知っていますか?また、器量とはどんな意味があるのか知っていますか?
自分の器量がどれくらいなのか、自分の今の器はどのくらいなのか…気になったことはないでしょうか。
どうすれば器量が大きい人間になるのか、その方法を見ていきましょう。
また、「器量がいい」「器量よし」と呼ばれる人達もいますよね。器量とは2つの意味があるので、器量よしについてもその特徴を見ていきましょう。

器量とは?器量が大きいと器量がいい

器量とは2つの意味があることを知っていましたか?まずは器量とはどんな意味があるのか、2つの意味を紹介していきます。

器量とは…器量が大きいことの意味

器量が大きいという意味で「器量」を使う場合、人の役に立つ才能があるという意味で使われます。なので、「あなたは器量が大きい人ですね」と言われたら、「才能がある」と言われていると受け取っていいでしょう。

器量とは…器量がいいという意味

器量が大きいではなく、器量がいいという意味で使う場合、顔や外見、見た目が良いという意味で使われます。なので、「あなたは器量がいいですね」と言われたら、「綺麗ですね」「美人ですね」という意味になるのです。

器量とは褒め言葉で使われることが多いですが、「器量が大きい」と「器量がいい」では意味が変わります。前後の文脈などからどういう意味で器量とは使われているのか、読み取っていきましょう。

「器量がいい」の類語は「度量が大きい」?

「器量がいい」の類語として、「度量」や「度量が大きい」を使う人もいるかと思います。「度量」の意味とは、心が広いや寛容的など、人を受け入れる心の広さを意味していることが多いです。そのため、「器量が大きい=度量が大きい」で使う人もいます。顔や外見が綺麗だという意味で類語として「度量」を使う人はまずいないため、使うときは気をつけましょう。

器量が大きい人間とは?人にはそれぞれ器の大きさがある

それではまずは、器量が大きい人間について、紹介していきましょう。

人にはそれぞれ器量というものがあります。この器量というのは、人生の中で起こる出来事に対しどれだけ許容できるのかというキャパシティの広さと言えます。
同じ出来事が起きた時、柔軟に対応できる人もいれば、融通が利かない人もいます。多くの人は大抵、器量が大きい人に惹かれ、器量が大きい人ほど他人からの信頼度も上がっていくのです。

器量が大きい人になる方法は?

器量が大きい人になりたい!と思っている方へ。
自分の器を広げていくための5つの方法を紹介していきます。

器量が大きい人間になるための方法 ① 本を読んで知識をつける

本には様々な知識が詰まっています。例えば、その場所へ行かなくても本を読めば情報を頭に入れることが出来ます。本を読むことで感性を磨いて想像力を豊かにすることでいろいろな出来事を柔軟に対応することが出来るようになるのです。

器量が大きい人間になるための方法 ② 長期的な思考パターンを心がける

器量が大きい人の特徴に「余裕がある」というものがあります。
余裕を持つには、思考パターンが長期的であることが必要となります。短期的な思考はなるべく捨てて、長期的な思考パターンにするようにしていきましょう。すると心に余裕が生まれ、落ち着いて他人に接することが出来るようになります。

器量が大きい人間になるための方法 ③ あらゆる方向から物事を解釈する

物事に決めつけをせず、あらゆる方向から物事を解釈する癖をつけていきましょう。器量が大きい人は「受け入れ難い」と思ったことも一度は受け入れる傾向があります。
もしも自分だったらどうするかななど、様々な方向から考え、受け入れ難いと思ったことを受け入れられるようになれば器量が大きくなっていっている証です。

器量が大きい人間になるための方法 ④ 執着しない

執着するということは、新しい考えを阻む可能性を秘めています。客観的な立場から物事を判断出来るようになる為には、今までずっと自分が持っていた考えさえも手放さなければいけない時もあります。
自分はこうだから、自分は今までこうやってきたなど、執着を手放せないでいると器量を上げることからどんどん遠ざかってしまいます。執着は手放して心を軽くしておきましょう。

器量が大きい人間になるための方法 ⑤ 器量の大きい人に触れて学ぶ

器量が大きいと感じる人のそばにいて多くのことを学びましょう。なりたい自分になる近道は、そこへ到達している人の真似をするということです。
器量が大きい人は、人と接する時どんな態度で接しているのか観察したり、怒るような場面に出くわしたらどんな風に対処するのか聞いてみるなど、器量の大きい人に触れてたくさんのことを教えてもらいましょう。
真似出来ると思ったところはどんどん取り入れて、少しずつ自分のモノにしていくことで器が広がっていきます。

器量が大きい人間になるための方法 ⑤ 許容範囲を広げる

少しのことでイライラしたり、人を怒ってしまう人は器量が大きい人間とはいえません。まずは自分の仲での共用範囲を広げてみましょう。許せることが多くなれば、落ち着いた器量が大きい人間になったと言えるでしょう。

自分の器に入る分しか引き寄せられない

引き寄せの法則を使って引き寄せたい!と思った出来事は、自分の器に入る分しか引き寄せることが出来ないのです。
成長を重ね、器を広げていくことで多くの願望がどんどん自分の器に入ってきます。
あれが欲しい、これがしたい、など毎日意識し続けることも大切なことですが、心のどこかに抵抗があると願望を入れる器が広がらずに受け取ることが出来ません。
器を広げるために一番最初に必要なことは、自分を認め自分を愛し、自分を全部受け入れるということです。
自己愛を高めていくことが心の抵抗を少しずつ緩めていき、器を少しずつ広げていく大きなカギとなるのです。

器量よしの女性の特徴は?美人なの?

女性で「器量よしですね」と言われたら、美人って言われてるのかなと思って嬉しいですよね。では、器量よしと言われる女性にはどんな特徴があるのでしょうか?必ずしも美人だけを「器量よし」というわけではありません。

器量よしの女性の特徴 ① 肌が綺麗

器量よしの女性には肌が綺麗という特徴があるのです。外見が綺麗だという意味の「器量よし」です。そのため、顔に注目されることが多いでしょう。このとき、「肌が綺麗だな」と感じたら、器量よしの女性だなと思われることが多いのです。肌は規則正しい生活をしているかどうかをチェックするポイントでもあります。規則正しい生活を送っていれば、肌も綺麗でしょう。

器量よしの女性の特徴 ② 笑顔が輝いている

よく笑う女性も、器量よしと言われることが多いです。笑顔は人を引き寄せるという特徴があります。よく笑う女性に心が惹かれるので、自然と好意的に感じ、器量がいい人だなと思われます。

器量よしの女性の特徴 ② 見た目に気を遣っている

器量よしと言われる女性は見た目に気を遣っているという特徴があります。スキンケアやヘアケア、ネイルなどのお手入れも欠かさず、もちろん服装も「綺麗だな」と思われるように自分に合うものを選んでいるのです。

器量を上げる!まとめ

今回は器量とは何か、器量が大きい人になるための方法、器量がいい女性の特徴について紹介しました。
感情をコントロールしたり、思考パターンを変えていくことで器を広げていくことは可能です。自分を認め良しとしてしまえば、心の中の抵抗も少しずつなくなっていくことに気がつくはずです。
大きな心を持って、毎日を軽やかに楽しく過ごしていくために器を広げていくこと始めてみませんか?
また、器量がいいと言われる女性の特徴を踏まえて、自分自身の器量を上げるのもいいですよね。

器量を上げることで、今までと世界が変わって見えたり、周囲からの目も変わってくるはずです。

関連記事

絶対に別れないカップルの特徴!すぐ別れると思われるカップルと比較...

風水パワーの流れを改善して自宅をパワースポットにするポイント!

風水で厄払い!?普段の生活から悪縁を避けて自分を守る風水の方法

【マスク女子】小顔効果と補正効果で可愛さアップ!デメリットも!

【夢診断】裸の夢の意外な暗示とは?裸に関する夢占い

関連記事ランキング