【甘えん坊の彼氏】しっかりしてない彼氏の特徴&対処法

【甘えん坊の彼氏】しっかりしてない彼氏の特徴&対処法

甘えん坊の彼氏って可愛いと思う反面「こんなしっかりしてない彼氏でいいのかな…」と悩んでしまうことも。自分に甘えてくれる姿はとても可愛くて、日々の癒しになりますがあまりにもしっかりしてない彼氏だと「ヒモ」みたいで嫌な印象を持ったりしますよね。今回はそんな甘えん坊でしっかりしてない彼氏との付き合いにお悩みの方へ、しっかりしてない彼氏への対処法をまとめました。

甘えん坊でしっかりしてない彼氏の特徴

甘えん坊でしっかりしてない彼氏の特徴

まずは甘えん坊でしっかりしてない彼氏の特徴をご紹介します。あなたの彼氏が当てはまったら要注意ですよ。

1:人に頼るのが得意

仕事でもプライベートでも人にお願いするのが苦手な人っていますよね。それとは逆で人に頼るのが得意と言う人もいます。甘え上手で人の心理をしっかり押さえて相手に嫌味なく頼ることができるのです。しっかりしていない=だらしないという訳ではなく自然とそういう対応が上手になるのが甘えん坊の特徴なのです。

2:親や兄弟に今まで何でもやってもらって育った

親や兄弟に今までなんでもやってもらったタイプの男性は、甘えるのが当たり前でしっかりしなくても周りがサポートしてくれるため思うように生きてこれたのです。そのため、大人になっても自然と周囲に頼ってしまい、しっかりしなくてはと思うことすらないのです。

3:優柔不断

甘えん坊でしっかりしてない彼氏は優柔不断なタイプが多いです。誰かに決めてもらうのが当たり前なので自分が決めるということが苦手です。

しっかりしてない彼氏対策:彼氏を改善させる対処法

しっかりしてない彼氏対策:彼氏を改善させる対処法

しっかりしてない彼氏の対策としてはやはり彼氏にしっかりしてもらうしかありません。続いては彼氏を改善させる対処法をご紹介します。

1:自分でできることはさせる

甘えん坊でしっかりしていない彼氏というのは具体的にこういう人というものがないので言いにくいですが、2人の時間に甘えられてしまうと母性本能が働いて彼の身の回りのこともしてあげてませんか?そうなってしまったら2人でいるときは何もしなくなってしまいます。
しっかりしてない彼氏にもっとしっかりしてほしいと思うなら自分でできることはちゃんとさせましょう!あなたが全てやってしまったらお母さんになっちゃいますよ。2人の関係をもっと良くしていきたいなら、お母さんではなく恋人なのだともう一度確認させましょう。
甘えるあなたも好きだけどしっかり自分のことは自分でやりなさいと、そこは厳しくいかなくてはいけませんよ。

2:プレッシャーをかける

これは頼るのと少し似ていますが、プレッシャーをかけるのも効果的です。これは例ですが、ドラマや映画を一緒に見ているときに出てきた俳優さんを「頼れそうで素敵だなあ」と大げさではなく普通の会話のように言ってみてください。しっかりしてない彼氏にこのままじゃいけないと思わせることができます。程よいプレッシャーは彼をシャキッとさせる何かのきっかけになるかもしれません。
やきもちを妬かせたいわけではないので、イケメンに限らず性格面を褒めるのがいいですよ。

3:素直に言う

これを言ってはおしまいかもしれませんし、もう言っている方もいらっしゃるかもしれませんが、素直に言ってみるのもありかもしれません。
甘えん坊で頼ってくれるあなたも大好きだけど、私もあなたに頼ってみたいしいろいろ決めてほしいし、男らしいとこ見せてくれたらもっと好きになるんだけどなあと。今のままのあなたも十分素敵で大好きということを伝えつつ、もっとこうなってくれたら嬉しいなあ、好きなってしまうなあと言ってみましょう。
もしかしたら、彼が性格を否定されたように感じてしまうかもしれません。そうならないためにもちゃんと今のあなたが大好きということを言わなくてはいけませんよ。

4:甘えん坊な彼も受け入れてあげる

付き合っている時点で受け入れてあげているとは思うのですが、しっかりしてほしいと思う気持ちの裏にはマンネリや他の男性の頼れる姿を見てしまったからかもしれません。そういう時は今の甘えん坊でしっかりしてない彼氏をもう一度受け入れてあげましょう。
自分がしっかりしようと思った方も、彼を変えさせる決意をした方も彼を受け入れてあげるのが大事ですよ。

 

しっかりしてない彼氏対策:自分で努力する対処法

しっかりしてない彼氏対策:自分で努力する対処法

しっかりしてない彼氏を構成させるためには彼だけでなくあなた自身も努力する必要があります。しっかりしてない彼氏を改善させるために、あなた自身が努力する対処法をまずはご紹介します。

1:彼にちょっぴりの罪悪感を背負わせる

罪悪感と言ったら大袈裟ですが、多少彼がしっかりしないから起きてしまった嫌なことを言ってしまってもいいんですよ。例えば、あの時に彼が甘えて何もしなかったから、次の日の計画がだめになっちゃったんだよ。とか。甘えん坊の度合いにもよりますが、2人でいるときは常に甘えている状態だと少し疲れちゃいますよね。甘えん坊だけならいいですがわがままになってしまうのはダメなパターンですし!少しはチクチク攻撃しちゃいましょう。

2:ごくごくたまーに「一人になりたい」や「少し疲れているの」と言ってみる

あなたがしっかりしていていろいろ彼の身の回りのことをやっているなら、こういうちょっとした弱音を吐くのも効果的です。甘えん坊の彼はあなたが全てを許してくれることにあぐらをかいている可能性があります。ちゃんと2人の関係が対等な関係になるようにあなたの弱い部分を見せてみましょう。
しかし、毎日のように言ってしまうのはよくありませんので疲れてしまったときに、言うことにしましょう。あくまでもごくごくたまにですよ!

3:あなたが全て背負う必要はないから、彼に相談する

もしあなたが全てを背負っている状態なら彼に相談しましょう。しっかりすると決めたのかもしれませんが疲れちゃうときありますよね。
そういうときは甘えん坊だろうがなんだろうが頼りましょう!あなたも一人の人間ですので自分でやれる限界があるはずです。ちゃんと頼っていきましょう。

4:私は、あなたに決めてほしいのになあと少し頼ってみる

全て自分でやると決めても、まだ諦めてはいけません。男性はとても単純な生き物なのでしっかりしているあなたに頼られたら張り切って違うことをしだすかもしれません。彼は甘えん坊だしと思っても少しずつ頼れば変わっていくかもしれませんしね。

まとめ

甘えん坊でしっかりしてない彼氏にもっとちゃんとしてほしいと思うのはいろんな読者様の気持ちの表れかもしれません。甘えん坊な彼氏でも、しっかりしてない彼氏でも愛しているのであれば、もう一度よく話し合ってみることがおすすめですよ。