好きな男性好み・理想の女性像は?メンズファッションの系統別でチェック!

好きな男性好み・理想の女性像は?メンズファッションの系統別でチェック!

好きな男性ができたら、「あの人の好みのタイプは?」「どういう系統が好きなの?」「理想の女性ってどんな人?」など気になりますよね。
片思い中の女性の悩みはいつだって、好きな人中心です。

今回は好きな男性のファッションから理想の女子像(完全なる独断と偏見で)ご紹介いたします!

恋心をアプローチするためにはまず、相手の好きな恋愛傾向を探っていきましょう。

ファッションの系統は色々ありますが、ここでは
・きれいめ・コンサバ
・カジュアル・ほっこり
・個性派(アート、モード、派手派手)

の3つに分けて見ていきます。

では、早速「きれいめ・コンサバ」からどうぞ♪

タイプ別・男性の理想の女性像■きれいめ・コンサバ

イメージするブランドはZARA、UNITED ARROWS、SHIPSなど

きちんと感、清潔感があり万人受けするこの系統は、比較的落ち着いた大人の男性が好むファッションと言えます。
このタイプの人は自分の着る服だけでなく、持ち物、インテリアなどにも自分なりのこだわりがある傾向があります。

そんな彼の理想の女子は…

理想の女性のファッション

服装は合わせてきれいめ・ちょいカジュアルがいいです。
大人っぽく、程よい高さのヒールを履いて彼の周りを歩き回りましょう。

ポイントは甘すぎるのはNGということ。
ピンクなど甘い色や甘い香りの香水を多用しすぎると、子どもっぽい印象になってしまいます。
男性に媚びない女性らしさをアピールしていきましょう!
イメージカラーは黒、グレー、ブルー、ゴールドなどです。

どんなタイプが理想の女性?

自分を持っている子・地に足がついている子です。
自分と対等な目線で言い合える、お互いを高め合えるような関係がこの系統の理想だと思います。

タイプ別・男性の理想の女性像■カジュアル・ほっこり

イメージするブランドはBEAMS、WEGO、無印良品など

カジュアルというと本当に幅広いのですが、きれいめよりは少しアウトドア色を強めた服装のイメージです。
ほっこりは、無印良品の化身(?)のような、どこかひょうひょうとしてて、可愛らしい感じです。

こちらも万人受けする、無難な系統ですね。
きれいめ・コンサバと違う点は少しやんちゃで、可愛らしい感じがするところでしょうか。

そんな彼の理想の女子は…

理想の女性のファッション

一言で言うなら、恋する女子達の大先輩、aiko先輩です。
こなれた感じでちょっぴりボーイッシュ、だけど可愛らしい、そんな雰囲気。
aiko先輩はサラ~っとやってるようですが、あの雰囲気を出すのはなかなか難しいですよね。

ですが、私なりに感じたポイントは、ボトムをゆるくすることです。
スカートでも、ズボンでも、ぴったりしたサイズ感のものではなく、ふわふわ、ちょっとゆる~いものを選ぶと、それっぽくなると思います。
イメージカラーはベージュ、茶、白、黄色、赤などです。

どんなタイプ理想の女性?

おちゃめなで、アウトドアも積極的に楽しむ、くったくのない笑顔で笑う子。
結論、aiko先輩ですね。お手本にしましょう。

タイプ別・男性の理想の女性像■個性派(アート、モード、派手派手)

イメージするブランドは…ないです!しいて言うなら古着屋さん。

ファッションでその人の世界観が全部見える系の人ですね。
こういう人は一見とっつきにくそうに見えますが、話すと案外シャイだったり、独特な面白発言をしたりします。
カメラや音楽など、アートな趣味にはまり込んでる率も高いです。

そんな彼の理想の女子は…

理想の女性のファッション

ファッションは同じように古着屋さんを駆使して、サブカル色の強い感じにしましょう。
同じ世界の住人なんだということをアピールすることが大切です。

どんなタイプが理想の女性?

このタイプの男性は、美人よりかわいい子、特に目が大きい子に惹かれやすいと思います。
カラコンが入ってたり、アイプチで二重幅を広げたり、多少不自然でも目を大きくして甘めのかわいさを作ることが理想の女子になる近道かと思います。

また、前に書いたように話すと人見知りですが、自分の興味のあることについてはやたら饒舌になる傾向があるので、積極的に話しかけていけばすぐに心を開いてくれると思います!

タイプ別・男性の理想の女性像■まとめ

以上、完全に主観を交えてでしたが
ファッション系統別に見た、男性の理想の女子像をまとめてきました。

あくまで、私が出会ってきた人がそういう傾向にあったというだけなので、参考程度で見ていただければ幸いです…。

ああだこうだ言ってきましたが、

そもそも職場の人だからスーツ(制服)を着てるところしか見たことがないよ!

そうお思いの方もいらっしゃるかと思います。

けれど、私服を見たことがないような状況でも、持ち物(バッグ、財布、名刺入れ、ストラップなどなど…)をよく観察すれば、このブランドが好きなんだ、結構こだわって小物を選んでるんだ!
…などなど、ファッションへの力の入れ具合は大体掴めると思います!

そういう小さな観察はきっと気になる人との話題が盛り上がるきっかけにもなると思います!

そんな目的もかねて、好きな人のファッションチェック、ぜひぜひやってみてはいかがでしょうか??

関連記事ランキング