出産前にしておきたいことまとめ★妊娠中にリストアップしよう!

出産前にしておきたいことまとめ★妊娠中にリストアップしよう!

出産前にしておきたいことをまとめてご紹介します。初めての妊娠で出産を控えて何をしたらいいのか分からないとお悩みの女性も多いかと思います。出産前にしておきたいことを知っておけば、安心して出産に臨むことができますよ。出産前にしておきたいことと言えば、赤ちゃんが生まれる前の夫婦2人でやりたいこと、1人の時間を有意義にすごすことなど様々ありますよね。また、出産前にしておきたいこととして赤ちゃんを迎える準備も大切です。チャイルドシートや赤ちゃんの肌着など、赤ちゃんを迎える為に揃えていく準備がとても幸せに感じる瞬間でしょう。
初めての出産を迎える方は何を準備したら良いか?出産前にしておきたいことはなんなのか?よくわからない方も多くいらっしゃいます。今回は出産前の貴重な時間をどう過ごすか、出産前にしておきたいことをご紹介していきます。

出産前にしておきたいこと①入院に必要な持ち物を準備

臨月に入ったらそろそろ出産が近づいている実感がわいてきているのではないでしょうか?もういつ何があってもおかしくないので、必ず入院の準備をしておきましょう。入院中に必要な持ち物は出産する病院でリストを貰うはずです。入院に必要な持ち物をバックにまとめ、いつでも病院に行けるようにします。そしてパパや両親にもバックの事を伝えておきましょう。

初めての出産の場合何が必要かは分からないものです。病院でもらった準備する持ち物リストをしっかりチェックしておきましょう。そのほかの入院生活が快適になる便利な持ち物をご紹介します。

【入院生活が快適になる便利な持ち物】

★ペットボトルにつけるストロー付キャップ

寝ながらペットボトルのドリンクを飲むことができるので、入院中に必ず持っていきたい持ち物です。

★スマホスタンド

病院によってはダメなところもあるかもしれませんが、ベッドの枠にクリップで止めるタイプのスマホスタンドがあると便利ですよ。自在に調節できるスマホスタンドがあれば、ベッドに寝ながらダウンロードしておいた動画を自分の見やすい角度で見ることができます。

★Bluetooth ワイヤレスイヤホン

スマホでダウンロードしておいた動画を見る時、イヤホンを付けていたけど寝落ちしてしまい首にイヤホンが絡んでいた…なんて経験がある方も多いのではないでしょうか?そんな時におすすめなのがbluetoothのワイヤレスイヤホン。右耳と左耳のイヤホンが繋がっていて首にかけられるタイプなので、どちらか片方だけなくなるということがありません。入院時の持ち物として持っていくと便利ですよ。

出産前にしておきたいこと②産後に必要な書類は生まれる前に

産後の準備も出産前にしておきたいことのひとつです。子供が生まれてからだとバタバタしてなかなか準備できないですからね。扶養の場合はパパの会社から必要な書類をもらっておきます。
出産祝いの手続き書類や扶養に入る書類などです。
筆者の体験ですが、筆者はもともと生まれる前から帝王切開が予定されていました。その為あらかじめ、会社に「限度額適用認定証」の申請をして、入院する時に病院に提出しました。「限度額適用認定証」と言うのは出産に限らず費用が高くなる場合に先に病院に提出し、支払う金額を抑える事ができるのです。この書類は10万円以上の場合に適用されますが、部屋代や食事費用は含まれないので注意して下さい。
その他には市町村での書類や学資保険の書類など、先に準備しておくとゆっくり記入することができ、後が楽です。

出産前にしておきたいこと③赤ちゃんのために家の掃除を徹底的にしておく

出産前にしておきたいこととして掃除はとても重要です。妊娠中に産後太り解消の為に、雑巾がけやトイレ掃除など、お部屋をピカピカにしている妊婦さんは多いでしょう。
ですが子供が生まれると、3時間おきの授乳や夜泣きに追われ、ろくに睡眠時をとれない日々は続きます。掃除は二の次になってくるので、なかなか掃除まで手が回らなくなってしまいます。
その為、細かいところまで掃除しておけば、生まれてからも軽い掃除で済みますし、生まれたばかりの新生児を気持ちよく迎えられます。

出産前にしておきたいこと④一人の時間を有意義に過ごす

妊娠期間を長く感じ、早くお腹から出てきておくれー!と感じていませんか?ですが実際に赤ちゃんが生まれると一人になる時間は当分やって来ません。映画を観たり、ゆっくり読書したり、お友達とランチに行く事すら何年もたたないと難しいかもしれません。なので、生まれる前に一人の時間をじゅうぶん楽しんでおきましょう。

一人で出産前にしておきたいことをリストアップ!

赤ちゃんが出来たらできないことがたくさん出てきます。今のうちにやりたかったことを全てやれるように、出産前にしておきたいことをリストアップしましょう。妊娠中だとできないことも多いので、出産前にしておきたいことをリストアップしてひとつずつこなしていきましょう!でもリストアップした出産前にしておきたいことを無理にする必要はありません。妊娠中なので体は不安定。赤ちゃんが生まれた後でも家族や友達の協力体制を万全にしておけば、出産後でもできないことなんてありませんよ。

出産前にしておきたいこと⑤パパとの時間も大切に

以前は二人きりなので恋人気分で二人の生活を過ごしていた方もいらっしゃいますよね。一人の時間を大切に過ごすのと同様、パパと二人で過ごす時間もとても大切です。赤ちゃんが産まれてしまうと、親になりパパとママの関係に変わります。そしてママは赤ちゃんのお世話で手いっぱいになり、少し時間がある時は睡眠不足で眠ってしまう。パパとのすれ違いやパパがなかなか子育てを手伝ってくれないなど、今までになかった喧嘩が増えてくる事も事実です。これは時間やパパの理解、協力で乗り切る事ができますが、二人で過ごす時間はなかなか作れません。その為、出産前は二人きりのデートを楽しみましょう。

出産前にしておきたいこと⑥軽い運動をして体力をつける

出産に体力は必要です。そして安産に繋げる為にも軽い運動はとても重要なのです。安定期に入り、病院から運動許可をもらってからは軽い運動に励みましょう。ゆっくりウォーキングしたり、マタニティヨガやマタニティビクスなど、今や妊娠中にできる運動はたくさん種類があります。全く運動をしないと出産も大変になったり、産後の体力がなく疲れやすくなってしまったりするので、時間のある時は運動をするようにしましょう。また、おうち以外で運動をする場合は必ず母子手帳と保険証を持参しましょう。運動は必ず体調をみながら行うようにし、気分が悪くなったらすぐに休憩するようにして下さい。妊娠中はすぐに気分が悪くなったり、むくみやすいです。あまり無理をすると逆効果になってしまうので、必ず注意が必要です。

出産前にしておきたいこと⑦妊娠中しか味わえない事

妊娠中は赤ちゃんの胎動を感じたり、赤ちゃんとへその緒で繋がっていたりと、それは妊娠中にしか味わう事ができません。赤ちゃんはお腹の中でママの気持ちをすべて理解していると言います。
ママが悲しければ赤ちゃんも悲しくなり、ママが嬉しければ赤ちゃんも嬉しくなります。
妊娠中にストレスが溜まったり、情緒不安定になりパパと喧嘩してしまう事もあるでしょう。でも大丈夫ですよ。赤ちゃんはママの味方です。なるべく心穏やかに過ごすようにしましょう。

出産前にしておきたいこと●まとめ

出産前にしておきたいことをまとめてみましたが、いかがでしたか?産後に必要な書類や入院準備が終わったらあとはリラックスして赤ちゃんを待つのみです。産後の家事分担を先にパパと相談しておくのも良いかもしれません。出産は誰しも通常出産と言う訳でなく、筆者のように一人目緊急帝王切開で二人目は予定帝王切開だったりとお産の仕方も様々なのです。
出産前にしておきたいことをリストアップして早めに準備をしておくことで、後でバタバタすることもなくお産を迎えられます。出産前にしておきたいことをしっかり早めの準備をして、もうすぐ会える愛おしいわが子を心穏やかに待ちましょう。

関連記事ランキング