回転寿司好き女子必見!身近で危険なアニサキスを口にしない方法とは

回転寿司好き女子必見!身近で危険なアニサキスを口にしない方法とは

皆さんは最近、よくアニサキスって聞きませんか?
芸能人でも被害に遭っていて、大変な思いをしています。
どうせいいもの食べたからでしょ、なんて思ったら大間違い。
実は生魚が食べられない人以外は、誰でも体験する可能性があります。
しかも私たちのとても身近にいるんですよ。
特に回転寿司が大好きならすごく危険!
注意喚起もかねて、防げる方法をお知らせします。
そもそもアニサキスって何?から説明していきますね。
怖くて痛いアニサキス、被害に遭わないための知識をいろいろ紹介しましょう。

restaurant-1094291_640

【アニサキスは魚につく寄生虫】

「アニサキスが寄生している生魚を食べて、酷い激痛に襲われた」

そんな記事が最近出るようになりました。
アニサキスは、生の魚介類に付着する寄生虫で、ノロウィルスやカンピロバクターに次ぐ食中毒原因物質の第3位に挙げられているほど、身近で怖いシロモノです。
厄介なのが、新鮮であればあるほど、いる確率が高いということ。
しかも、産地直送でその場で調理、がとても怖いのです。

アニサキスが寄生する魚はアジ・サバ・カツオ・イカ・鮭などの内臓で、虫体の長さは2~3㎝、幅が0..5~1㎜の白色の太い糸ような形をしています。
アニサキスの卵は海中にいて、孵化したあとにオキアミを餌とする魚の体内に入り込みます。
魚が死ぬと筋肉に移動するので、身の方に潜んでいるというわけです。

実はアニサキスは加熱か、マイナス20度以下で24時間冷凍すれば死滅しますが、他の方法では生きたままです。
それを取り除くには、調理する者がその場でみつけて処理するしかありません。
見つけられる大きさなのですが、魚によっては20~30匹くらいはいるそうなので厄介です。
しかも、イカは身が白いのでとても見つけにくく、中には調理しても紛れている可能性さえあるのです。

 

【回転寿司が怖い理由は?】

実は、もう実際に回転寿司で食べたことで、アニサキスの被害に遭った人がいるのです。
回転寿司も競争が激化し、それぞれの特徴で差別化を図ってきました。
それが「産地直送」や「獲れたて新鮮」で、捌きたてのものがネタとして提供されることになりました。
獲った魚をその場でシメ、お店に送られて店で捌いてネタにするのです。
今日のオススメ!で紹介されれば、大量に消費されます。
すぐにネタにしなければならないので、時間との闘いになりますから、当然チェックは甘くなります。
それもあってアジの握りを食べた客の中に、アニサキスによる食中毒患者が出たのです。
回転寿司は、チェーン店で寿司職人が握っているわけではないので、どうしても処理が甘くなります。
なので、目玉商品とか、限定とかで新鮮なネタを謳っている場合、安易に飛びつかないことです。
一番いいのは、店員に店がアニサキスについて対処しているかどうか、聞いてみることです。
業界で食中毒患者が出ているので、きちんと対応できているなら返答してくれるでしょう。
もし曖昧だったり、誤魔化すような態度をとったら、リスク大と思ってください。

また、それは居酒屋などでも同じことが言えます。
ただ、居酒屋の場合は調理についてはプロがやっているので、チェックはしているでしょう。
刺身の盛り合わせや、今日のおすすめで旬の刺身があったら、まず店員に聞いて確かめてみてください。
客から問い合わせがあったとなったら、いい加減なことはできないはずです。
そういった情報があって、それを気にしているという態度は店側にも刺激になりますから。

関連記事ランキング