六方拝とは何?六方拝のやり方や順番を覚えて感謝の習慣を手に入れよう!

六方拝とは何?六方拝のやり方や順番を覚えて感謝の習慣を手に入れよう!

六方拝とは何か、知っていますか?読み方もわかりづらい六方拝ですが、六方拝をすると何か効果が得られるのでしょうか?今回は感謝の習慣化にもなる六方拝とは何かご紹介しつつ、そのやり方や順番をご紹介します。

六方拝とは何?奉拝とは違うの?

六方拝とは何?奉拝とは違うの?

まずは六方拝とは何かをご紹介していきます。聞きなれないという人も多いだろう六方拝ですが、どんな意味なのでしょうか?よく御朱印などで目にする奉拝とは違うのかチェックしましょう。

六方拝とは

六方拝とは東・西・南・北そして天・地すべてへ感謝をすることです。
六方拝で感謝する方法は、その方角に向かって手を合わせながら心の中で感謝する方法、実際に声に出して感謝する方法など、やり方はなんでもOKです。六方拝をやるときに大切なのは、感謝の気持ちを大切に、気持ちを込めて行うことです。これは仏教の考えに基づいて考えられたものと言われています。
感謝の習慣として、六方拝を続けるのもいいでしょう。

六方拝の読み方

六方拝とはどんな読み方なのか、ちょっと読みづらいですよね。六方拝の読み方は「ろっぽうはい」になります。読み方通りにキーボードで打っても最初は出てこないかもしれません。

奉拝とは

奉拝とは、御朱印を書いてもらったときによく目にする言葉かと思います。奉拝とはどんな意味なのかというと、「謹んで拝むこと」です。御朱印で奉拝と書かれるのは、「このお寺に参拝しました」「この神社に参拝しました」という意味になります。奉拝とは仏様、神様に拝んできましたという意味になる、と覚えておきましょう。

奉拝の読み方

奉拝とはどんな読み方なのか、こちらもチェックしておきましょう。奉拝の読み方は「ほうはい」です。一般的には参拝ということが多いからか、六方拝と同じく「ほうはい」とキーボードで打ってもなかなか出てこないかもしれません。

六方拝のやり方・順番

六方拝のやり方・順番

六方拝とはすべてに感謝することと紹介しました。では、やり方や順番はどうやればいいのでしょうか?
六方拝は「東・西・南・北・天・地」に感謝することですので、それぞれの方角に手を合わせて感謝することです。
感謝する順番(方角の順番)は次の通りです。方角によって感謝する対象が変わってきます。

  1. 東…自分の血縁になる先祖、両親に感謝
  2. 西…夫婦や兄弟、家族、親戚に感謝
  3. 南…先生や上司、人生の師に感謝
  4. 北…友達や知人、仕事の関係者に感謝
  5. 天…太陽や月など空の自然に感謝
  6. 地…動物や植物など大地の自然に感謝

六方拝で感謝するのは自分を生んでくれた両親や家族、親戚、ご先祖だけではありません。友達や仕事で関わる人、人生で関わってきた人達に感謝し、更には天と地、大自然にも感謝していくことです。
「私が生きてここにいるのは命を授けてくれた両親のおかげ」「自分を成長させてくれた友達や先生、仕事の人達のおかげ」「生きていられるのは自然があるおかげ」と順番い感謝することが、六方拝です。

六方拝はいつすればいい?毎日やるべき?

六方拝はいつやればいいのでしょうか?六方拝をいつやるかは自分が行えるタイミングでやるといいですが、習慣とするなら決めた時間帯に行うといいでしょう。
おすすめは朝、起きたときに太陽の光を浴びながらやるか、寝る前の落ち着いた時間帯にリラックスして行うかのどちらかです。朝と夜は習慣を作りやすい時間帯ですよね。
また、六方拝は毎日やるといいでしょう。一日感謝すればOKではなく、日頃から感謝の気持ちを伝えるように、毎日六方拝を行ってください。

六方拝の効果とはあるのか

六方拝がすべてに感謝することは紹介した通りですが、ここで気になるのは「感謝することで何が変わるの?」「六方拝をすると何か効果でも感じられるの?」ということではないでしょうか?最後に、六方拝を行うことについて考えていきましょう。

六方拝で感謝を習慣にすると人に対して感謝する気持ちが持てる

六方拝を毎日行うことは、感謝するのが習慣になります。両親に対しての感謝や友達への感謝、仕事の関係者への感謝の気持ちが自然と持てるようになるでしょう。
感謝することが疎かになると、簡単に「ありがとう」という言葉も出てきにくくなりませんか?六方拝で感謝するのが習慣化されたら周りの人に対してもするりと「ありがとう」という言葉が出てきやすくなるのではないでしょうか。

六方拝で自然に感謝することで環境にも有難い気持ちになれる

六方拝で感謝するのは人だけではありません。空や大地の自然にも感謝するのが六方拝です。自然に感謝するのが習慣化すると、日常でも環境に目を向けるようになるでしょう。
「いただきます」と言うだけでなく「美味しいものが食べられることに感謝」という気持ちが持てたり、雨の日に出掛けるとき偶然晴れたりすると「ありがたいな」と感謝するようになるのではないでしょうか。環境を守りたいという気持ちも、感謝から生まれるでしょう。

六方拝で感謝するのが癖になるとストレスが減る?

感謝をするときにおすすめされる瞑想法があります。それが「マインドフルネス瞑想」というものです。マインドフルネスとは「今」に意識を集中させる瞑想法になります。自分の呼吸を観察し、リラックスしてきたなと感じたところで六方拝を行うといいでしょう。
感謝することでストレスの軽減や睡眠の改善などが望めると言われています。

参考:感謝の瞑想とマインドフルネス |アイネット

おわりに

六方拝についてご紹介しました。

感謝する気持ちは人の心やあり方を変えていきます。人や物だけではなく、この宇宙すべてのもの、何より自分への感謝する気持ちを忘れないでいましょう。

感謝の回覧板を回して、自分だけではなく、自分に関わるすべての人へ、しあわせのおすそ分けが出来るような毎日を過ごしていきたいですね。