【辛口オネエ】4月後半の運勢◆牡羊座・獅子座・射手座

4月後半の月運の扉(もくじ)はこちら

★告知★辛口オネエの新刊『マニアック相性占星術』配信開始!

他の星座はこちら⇒牡羊座・獅子座・射手座|牡牛座・乙女座・山羊座|双子座・天秤座・水瓶座蟹座・蠍座・魚座

<4月後半の月運 by辛口オネエ>

こちらは牡羊座・獅子座・射手座ね。

※今回、火の3星座は特殊事情で全体運と恋愛運がごっちゃになってるけど大目に見てねん。

【牡羊座】
2017年後半占いを今、バリバリやってるんだけど。10月に木星が蠍座に入ると、それまではもうちょい軽め・ワクワクなトーンだった「誰か・何か」との関わりが「切っても切れない」深い感じになっていくのね。

で、その相手や対象になる物事とは、もしかするともう4月前半までの時点で縁が生じてて、この後半15日を過ぎるとそれがより明確になっていくんじゃないかと。

誰かのためって言っても「自己犠牲」じゃない。自分さえ犠牲にすればうまくいくものでもない。倒れちゃったら終わるから、倒れちゃいけない。

もっと戦略も覚悟も必要だけど、それは自分の心のどこかにあった「自己実現」の願いでもあるから、決して重くはない感じ。

出逢ってしまった運命の人と、いざ付き合ってみるとその人は大きな課題か野望か夢か、とにかく「その人だけではこれまでできなかった大きなこと」を抱えてて。

それを「私がいるから大丈夫!」ってやっちゃうと男のプライド傷つけるから「あなたなら大丈夫!」って信じる眼差しで相手の気持ちを鼓舞しつつ、その人のお城の建設を影から支えていくような。

決して楽じゃないんだけど、そのお城は決してその人だけのものじゃなくて「君も一緒に住むんだよ」ってなるし、それが分かってるからこそ真剣になれるはずよ。

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

辛口オネエ

魑魅魍魎の蠢く夜の世界でX年。業界口コミNo.1の辛口オネエ占い師(通称「魔女」)が占い・スピリチュアル情報を発信。【人は本来誰もが、自分が進む道はすでに知っています。けれど、悩みや不安で道に迷ってしまったときに、占いは<その方の人生の地図を、横からライトで照らしお伝えするもの>視界が開けているときには必要ないものですし、目的地へ行くルートは幾つもあります。振り回されず、ご自身の選択のヒントにしてくださいね】