【十二支別】職場でのあなたの評判は?~子年、丑年、寅年、卯年、辰年、巳年~

あなたは自分のことをよく知っているという自信がありますか? たとえば、職場において、「自分にそんな才能があったなんてびっくり」「周りからはそういうふうに見られているんだ!」など、自分の意外な能力や一面を知ることはありませんか? 自分ではまだ気づいていない長所や可能性を知っておくことで、運命が開けていきます。
そんな気づきを得る手段のひとつとして、干支は大いに有効です。生まれた年の干支は、その人の人生に影響を与えています。今回は十二支別に職場での評判を探っていきましょう。

子年

子年生まれの人は、人当たりがよく、いつも落ち着いて物事を観察することができる長所だと思われています。状況に合わせて行動ができますし、危機管理能力にも優れ、危険を回避する能力が備わっているでしょう。
悩みごとの相談や、もめごとの解決、意見の調整役などの役割を果たすことが多いのではないでしょうか。
それから、適応能力が高く、逆境でもふんばりがきく人とも思われています。どんな過酷な環境に置かれても対応可能で、乗り越えていけるはずです。
また、細かい作業が得意で、会計や経理、銀行員など、お金を扱う業務に適性がありそうです。

丑年

丑年生まれの人は、非常に働き者と思われています。コツコツと着実に仕事を進めていくタイプですので、経験したことを実績としてしっかり積み上げられるでしょう。職場でも重宝されているはずです。
自分の好きなことを生業としている人が多いのが丑年生まれの特徴です。周りにも「この人は好きな仕事をしているんだな」という印象をもたれているでしょう。
丑年生まれの人は、とくにお金関係の業務に向いています。経理、営業事務などを安心して任せることができます。それから、世話好きで献身的な性格ですので、新人教育の担当者として指名されることもありそうですね。

寅年

寅年生まれは、とてもパワフルで行動的という印象をもたれています。実際、逆境に立ち向かい、どんな困難を目の前にしても、ひるまずに立ち向かっていけるでしょう。性格的にも几帳面で、簡単には妥協できないところが信頼されています。それから、チャンスを見極める勝負強さも併せ持っているので、決断力のある人というイメージもあるでしょう。
さらに、才能のある人が多いのも寅年の特徴です。企画力やアイデア力にはとくに秀でているため、なにかと頼りにされるでしょう。
また、おしゃべり好きで話し上手なため、接客や営業職に適性があります。
他にもたくさんの長所を持っているので、うまく引き伸ばせば、より自分をいかすことができるでしょう。

関連記事ランキング