【辛口オネエ】占いvs.引き寄せ?引き寄せを知れば占いはいらない?は「NO!」【不幸な人生を自分で脱却する方法(3)】

(1)引き寄せの法則には「大失敗例」もたくさんあるから、まずその話ね

(2)世の成功法則は全部コレ!「生存者バイアス」の怖さとは?

の続きね。

引き寄せについて、これからどんどん掘り下げていくというかいろんな立場や価値観の人に「どれかは響く」ようにアレコレ角度を変えて話していくけど、その前に。

生年月日を使った占いをこれまでとっても大好きで、占いで出る「生まれ持ったあなたの運命」みたいなものが「当たる!」って実感してる人の場合、引き寄せってぶっちゃけ「運命みたいな決まったものはありません」って前提で話が進んでいくことが多いから、混乱する人の比率も多いんじゃないかと思うのね。

ってことで、先に「占いと引き寄せ」について。

■相反する二つ、どっちを信じる?どっちかは嘘?

acient-planet-1841699_640

結論からいくと、どっちも信じる価値があると思う。(だからアタシは両方やってるし話してる)

だけど、どっちにも向き・不向きとか、その人の元々の性格的にどっちが好みかとか、受け入れやすいかとかもあると思ってる。(で、その「元々の性格」を知るにはやっぱり生年月日使う占いよね~!って思ってる。飽くまでアタシの独断と偏見)

西洋占星術でいえば、自分の出生のホロスコープじっくり検討して「ああ、小学校時代がいじめられてて黒歴史だったけど、私っていじめに遭いやすい運命だったのか」とか「この時期がそうだったのか」とか。

あの子との相性最悪だったとか、彼とは結ばれなかったけど、彼の好みはこうで、私はこうだからしかたないかとか。

知って「すでに起きてしまったこと」に納得できる意味付けをするのにはすごく便利なのよね。

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

辛口オネエ

魑魅魍魎の蠢く夜の世界でX年。業界口コミNo.1の辛口オネエ占い師(通称「魔女」)が占い・スピリチュアル情報を発信。【人は本来誰もが、自分が進む道はすでに知っています。けれど、悩みや不安で道に迷ってしまったときに、占いは<その方の人生の地図を、横からライトで照らしお伝えするもの>視界が開けているときには必要ないものですし、目的地へ行くルートは幾つもあります。振り回されず、ご自身の選択のヒントにしてくださいね】