婚活宣言から1週間、アラサー女子に変化はあるのか!? 婚活リアルタイムレポート

婚活宣言から1週間、アラサー女子に変化はあるのか!? 婚活リアルタイムレポート

ワタクシ、アラサーと言えるのはあと数年になってしまった独身女子です。
こんにちは。
なんだか悲しくなる自己紹介ですね……。
これまで何名かの男性とお付き合いしてきましたが、残念ながら、結婚に至らず、この歳になってしまいました。
もちろん結婚したくない訳ではないのですが、どうしてでしょうね?
でも、そろそろ本気で婚活をしないと、いよいよ結婚に結びつく出会いがないのではと焦り始めたのが1週間前。
そこでまず、周囲に婚活宣言を発令することにしました。
ここからが今回の婚活リアルタイムレポートの始まり。
果たして、婚活宣言から1週間の間に、筆者に何か変化が訪れるのでしょうか?

 

婚活宣言! その後、後悔

今回筆者が婚活宣言をしたのは、男女8人の仲良しグループで飲んでいた土曜日の深夜のこと。
“このままじゃ出会いもないし、やばいよね?”といういつものトークになった時、グループのうちの1人が、筆者にこう言ったのです。
“いやいや、そのセリフずっと言ってるじゃん。言うだけで、どうせ何もしないでしょ?”
ここで火がついてしまったワタクシ、勢い余って“じゃあ明日から婚活する!”と宣言してしまいました。
その時は酔っ払いの力も手伝って、なんてこともなかったのですが、翌朝、二日酔いの中で目覚めたワタクシの元に届いていた1通のLINEで大きく後悔をすることに。
なんと昨日のグループのメンバーの1人であるAさんが、実際に男性を紹介してくれると言うではありませんか!
いや、もちろん、うれしいんですよ。
でも、なんだかちょっといきなりすぎて……。
どうしてよいのか分からぬまま、“え? そんないきなり??”とするだけで精いっぱいでした。

 

話はとんとん拍子に

Aさんは仲良しグループの中でもリーダーシップを発揮するタイプ。
しかも、多くの人に会う職業柄、知り合いも多い人です。
そんなAさんがワタクシのために選んだのが、数年前に仕事で知り合ったという男性。
同い年で、最近筆者の住む町に越してきたということでした。
“いや、でも、相手の意向もあるし……いきなり紹介されても……”となおも怖気づく筆者にAさんは強硬手段を取ります。
いきなりLINE上にAさん、Bさん、ワタクシの3人のグループチャットを作成してしまったのです。
その段階ではAさんと2人でしゃべっている勢いもあって、グループチャット上でご挨拶を済ませましたが、残念ながらBさんからの返信はなし……。
ここでまたワタクシ心が折れ、“やっぱり婚活宣言なんてしなきゃよかった……”といじいじしてしまいました。

関連記事ランキング