【十二支別】恋愛相性~酉年、戌年、亥年~

星座、九星、姓名判断……世の中にはたくさんの相性占いがあります。気になる人とよい関係をつくっていくためには、さまざまな側面から相性を知っておくことがおすすめです。
ここでは、十二支別の恋愛相性を「酉年」「戌年」「亥年」の場合で見ていきましょう。

酉年生まれと相性がよい干支とは?

「丑年」とは一見会話が弾まないように見えますが、酉年が丑年の理解者となる好相性です。
「寅年」と酉年は気が合い、おたがいの弱点を補うことができる組み合わせといえます。ただし、酉年が自己主張を控えたほうがよいでしょう。
「辰年」とはとても相性がよく、おたがいに癒やし合えます。また、協力することで大きな成果が挙げられます。
「巳年」とは言葉がなくても通じ合えるたいへんよい相性です。また、巳年は酉年を成長させてくれます。
「未年」と酉年は性格の違いが、かえって好相性をまねく組み合わせです。おたがいに自分にない部分をフォローし合えます。
「申年」と酉年は似た者同士です。ケンカしながらも仲がよく、おたがいにとって気楽な存在になります。
「亥年」とは性格が異なる部分も多いですが、まっすぐな気質の亥年を酉年は愛しく思わずにはいられません。

逆に、酉年と相性がよくないのは、「子年」「卯年」「午年」「酉年」「戍年」です。
「子年」とは酉年の魅力が発揮できず、よくない相性です。さらに酉年が子年を傷つける場合もあるので注意が必要です。
「卯年」と酉年は性格が似ているため、反発し合います。距離を置いたほうがうまくいく組み合わせです。
「午年」とはおたがい惹かれ合いますが、価値観が違うため、不仲になりがちです。距離を保ちましょう。
「酉年」同士はおたがいにプライドが高いので、うまくいかない組み合わせです。干渉しないほうがよいでしょう。
「戍年」とは性格も考え方も違うため、まったく合いません。ただし、おたがいに歩み寄ることができればうまくいきます。

関連記事ランキング