【十二支別】恋愛相性~卯年、辰年、巳年~

星座、九星、姓名判断……世の中にはたくさんの相性占いがあります。さまざまな占いの種類から相性を知っておくことは、気になる人とよい関係をつくっていくために大切です。
ここでは、十二支別の恋愛相性を「卯年」「辰年」「巳年」の場合で見ていきましょう。

卯年生まれと相性がよい干支とは?

「卯年」を「丑年」は、気が合います。小さなことでケンカになるときもあるでしょうが、そのときは、卯年が引くことで円満解決します。
それから、頼りになる「寅年」に卯年は強く惹かれるでしょう。一目ぼれする可能性もあります。
「卯年」同士は、共通点があり、おたがいに自分を見ているようで、それがかえって成長につながる組み合わせです。
「巳年」とは以心伝心の好相性です。ただ、「巳年」は少し嫉妬深いところがあるので、注意が必要です。
「午年」は普段は仲良くできますが、一度ケンカをすると仲直りは難しい可能性があります。振る舞いに気をつけましょう。
「未年」とは一緒にいるだけで幸せを感じられる最高の相性です。
「申年」とは、対照的な性格ですが、それがおたがいの魅力となって惹かれ合う組み合わせといえます。
「戌年」と寅年は考え方が似ているため、おたがいに心を開きやすく、いいところを引き出し合えるでしょう。
「亥年」と寅年は信頼し合い、なんでも話し合える相性です。とてもよい関係がつくれるでしょう。

逆に、卯年と相性がよくないのは、「子年」「辰年」「酉年」です。
「子年」と卯年は、おたがいに人懐こく仲良くできますが、仲が深まると揉める場合もあります。ほどよい距離感を忘れないでください。
「辰年」とは性格が合わず、協力し合うのが難しい相性です。
「酉年」とは無意識にライバル視してしまうかもしれませんので、卯年が寛容になることが大切です。

関連記事ランキング