彼に結婚したいと思われるためにすべき行動(婚活編)

婚活で出会った男性は、それ以外で出会う男性よりも男性自身が結婚願望が強いことが多く、そのため女性を見る際に「結婚相手」としてどうか、をチェックしています。
そんな男性に、結婚したいと思われるためのポイントをご紹介します。

6ストックホルム症候群

◆彼の前では自分の買い物をできるだけしない

経済観念がしっかりしている男性は特に、結婚相手の女性に家計を預けることができるかどうか、を考えます。

そんな時、一緒に買い物に行き、たまたま立ち寄ったお店で、「これ欲しい」と金額も見ずに購入していると
男性から見ると「お金遣いが荒い」と思われてしまう可能性があります。
また、その人によっては、口には出さなくても「この商品にこの金額を払うの?」と思われたり、一緒にいるときに買い物をする姿を見せない方が無難です。
普段から、きちんと自分の中でルールを決めてお金を使っているのであればまだしも、独身の自由にお金を遣える時であれば、男性から見ると金銭感覚が違うと捉えられてしまう可能性があります。
また、貯金をしている男性であればあるほど、その女性のお金の使い方をよく見ています。
明らかに、自分とは金銭感覚が違うと思われてしまっては、その人との結婚は遠のいてしまうのです。

 

◆嫌われない努力をする

これは婚活だけでなく、恋愛においても当てはまることですが、最初に好きだと言ってもらった時とは違い、付き合っていくうちについついわがままな面や、自分勝手な一面を出してしまう人もいるのではないでしょうか。

相手と長く一緒にいるためには、自分も嫌われないように努力することが必要です。
確かに、長く一緒にいるとリラックスしたり、相手に心を許しているからこそできる行動も、相手にとって不快だと感じる行動であれば慎むべきです。
相手に注意されたことには、素直に耳を傾けることも必要です。
その注意された内容が、どうしても自分には納得できない場合は別として、人としてどちらが正しいのかを考えた上で、彼が言っていることが正しいと思える内容であれば、それは直すことで自分にとってもプラスになるのです。

関連記事ランキング