アラサーのバレンタイン!片思い中の本命に告白するためのチョコは何がいい?

アラサーのバレンタイン!片思い中の本命に告白するためのチョコは何がいい?

アラサーになってもバレンタインは一大恋愛イベントのひとつですよね。片思い中で好きな人がいるなら、本命チョコを用意して告白しようと考えているアラサー女子もいるでしょう。一方で、アラサーにもなってバレンタインで本命に告白なんて笑われるかも…と心配している人もいるのでは?今回はアラサーのバレンタインについてまとめてみました。参考にしてみてくださいね。

アラサーのバレンタイン…片思いしててもスルーすべき?

なんとなく、バレンタインはアラサーに関係ない、学生や若者の文化と考えていませんか?社会人になるとなおさら、会社ではバレンタインやらないから自分には関係ない行事になってしまっているアラサーの人が多そうですよね。
では、片思いしていてもバレンタインはスルーすべきか…といったら、そんなことはありません。
片思いしていて、好きな人にバレンタインチョコを渡したいときは、アラサーとか社会人とか学生とか関係なく、渡しましょう。告白するタイミングが掴めないなら、バレンタインをきっかけにするのも悪くはありませんよ。

社会人になっても、アラサーになっても、バレンタインにチョコをもらうことや告白されることは嬉しいという意見が多いです。

アラサーでバレンタインに告白するときの本命チョコ

バレンタインに告白するぞと決めたら、どんな本命チョコを選ぶといいでしょうか?アラサーになってチョコを選ぶのも久しぶり、本命の人にあげるチョコを選ぶのは緊張するという人は参考にしてみてください。

アラサーのバレンタイン本命チョコは手作りでもOK

バレンタインにあげる本命チョコの定番といえば、手作りですよね。男性の意見の中にも「彼女からもらう手作りチョコは嬉しい」というのがあるので、バレンタインに本命チョコを手作りするのはOKです!
ですが、アラサーにもなると「手作りのものをいきなり渡されるのって怖くない…?」という不安もあるのではないでしょうか?
バレンタインに手作りチョコを遠慮した方がいいのは、出会って間もない相手やあまり話したことがない相手など、信頼関係が築けていない相手へのチョコです。見知らぬ相手からの手作りはさすがに食べづらいでしょう。

既に友達関係で仲がいいなら、市販のチョコよりも手作りチョコの方が本命ということが伝わりやすいでしょう。告白するにも本気度が伝わるかと思います。

アラサーのバレンタインに市販のチョコを本命に渡すのもOK

バレンタインに手作りチョコを渡さない方がいい相手がいると紹介しましたが、バレンタインチョコをあげて告白するのはNGではありません!告白しないでいると片思いのままで終わってしまう可能性もあるので、バレンタインをきっかけにチョコを渡して本命の好きな人に告白しましょう。

手作りチョコが良くない場合は市販のチョコがおすすめです。買ってきたチョコの中でも義理チョコに感じられるもの、本命チョコに感じられるものがあります。手作りを渡さないときは、市販のチョコの中でも本命に感じられるものを選び、渡すようにしましょう。
アラサーになれば自由に使えるお金も増えていると思うので、片思い中の好きな人に渡すチョコは奮発しましょう。男性にあげる場合はあまりブランドに詳しくない可能性があるので「ゴディバ」や「ジャン=ポール・エヴァン」など有名なチョコレートを選ぶといいでしょう。

アラサーがバレンタインに告白するとき、チョコの渡し方は?

バレンタインに告白を決めたけれど、告白なんて久しぶりすぎてどうすればいいかわからないアラサーも多いのではないでしょうか?
バレンタインにチョコを渡して告白するなら、きちんと言葉を伝える方が確実です。特にアラサーになると「傷つきたくない」という気持ちをお互いに持つため、遠回しな言い方では告白ではなかったと処理される可能性が高いでしょう。そのため、チョコを渡すときには「好きです」と間違われないように伝えるようにしてくださいね。
二人きりになるためにはLINEなどを使って呼び出すのも有効的な手です。

チョコの渡し方に悩んだときはこちらの記事を参考にしてみてください。

男子の理想のバレンタインって何か知っていますか?バレンタインでのチョコの渡し方に、理想のシチュエーションがあるんだそうです。そこで今回は男子理想のシチュエーションは何か、バレンタインでの渡し方をまとめてみました!片思い中の高校生、社会人、そしてカップルで彼氏に渡すときのシチュエーションに悩んでいるときは参考にしてくださいね。

★こちらの記事をチェック:バレンタインでの渡し方♡バレンタインで男子の理想のシチュエーションは?(by ベリーグッド 編集部)

アラサーになってのバレンタインは?体験談まとめ

最後に、アラサーになってバレンタインにあった出来事の体験談をまとめて紹介します。アラサー女子が過去にどんなバレンタインを過ごしたのか、参考にしてみてくださいね。

アラサーのバレンタイン体験談①うれし恥ずかし勘違いバレンタイン

アラサーのバレンタイン体験談①うれし恥ずかし勘違いバレンタイン
最初に登場するのはA子ちゃん(33歳)です。
職場では比較的しっかりもので通っている彼女ですが、実は友人たちの間では極度の天然として知られているA子ちゃん。
昨年のバレンタインデーは、意中の男性への本命チョコレートと、職場の同僚たちに配る義理チョコの2種類を用意していました。

彼女曰く“本命チョコにはメッセージを添えて、ちゃんと用意していたんです”。
いよいよバレンタイン当日、彼女はまず職場の同僚たちに義理チョコを配ることにしました。
手際よく義理チョコを配っていると、そこに偶然隣の部署の男性が現れたんだとか。

“え? いいなぁ、A子さんからのバレンタインがもらえるなんて”と彼は周りをきょろきょろ……。
なんだかいたたまれなくなった彼女は、何を思ったのか、チョコレートを詰めていた袋の一番奥に隠していた本命チョコを、隣の部署の男性に渡してしまったんです!

いやぁ、慌てすぎですよ……。
“あ、俺ももらえるんだ、ありがとう!”と颯爽と自分の部署に戻っていった男性。
A子ちゃんは後の祭りです。

結局意中の男性には義理チョコを渡し、なんだかスッキリしない気持ちで帰宅したという彼女に思いもよらぬ出来事が起こったのは、バレンタイン翌日のことでした。
“本命チョコに入れていたメッセージを読んだ隣の部署の男性が、翌日食事に誘ってくれたんです。今さら渡すつもりではなかったとも言えず、一緒にランチに行ってみたら、なんだかとっても楽しくって。これまでは気にもしていなかった男性が突然、すごく気になる存在になってしまったんです”。

今、A子ちゃんはその隣の部署の男性とお付き合いをしています。
こんなことってあるんですね。

アラサーのバレンタイン体験談②30代初の大失敗で恋も大失敗……

一方、30歳のB子さんは昨年のバレンタインで苦い経験をしました。
彼女の誕生日は2月10日。
昨年のバレンタインデーは、30歳になって初めてのバレンタインだからこそ、思い出に残るものにしたいと考えていました。
当時お付き合いをしていた彼のいたB子さんはバレンタイン前日の2月13日、初めて作る大作・ガトーショコラに挑んだそうです。
が、結果は大失敗……。

“ガトーショコラというよりも、すっごく歯ごたえのあるチョコレート味の漬物石みたいなもの”が出来上がったとのこと。
一体何をしでかしたのか、疑問です。
そんな珍作をそれでも彼にプレゼントしたというから、ある意味勇敢なB子さんに彼は“ごめん、もうちょっと料理ができるような女性らしい人が良い……”という冷たい一言を残して、去って行ってしまいました。

“なんででしょうね? きっとずっと不満に思っていたんだと思います。それがあのバレンタインで、パンとはじけたというか。しょうがないです、かね?”

アラサーのバレンタイン体験談③逆バレンタインでドッキリ体験

アラサーのバレンタイン体験談③逆バレンタインでドッキリ体験
筆者の仲良しの先輩・Cさん(34歳)は、良くも悪くもざっくばらんで、あけっぴろげな性格です。
女性からの評判は抜群なのですが、男性受けは……まぁまぁといったところ。

昨年のバレンタインも、例年通り、パートナーのいない男女を集めて、バレンタイン飲み会を開催していました。
この会は、筆者も参加したことがあるのですが、女性が男性に義理チョコを用意し、バレンタイン気分を盛り上げる代わりに、一次会の費用は男性が持つという謎の宴です。

昨年は男性5名、女性5名の大所帯での会になったそう。
その場でいつものように女性たちがチョコレートをプレゼントしようとしたところ、“今年は男たちからの逆チョコをお楽しみください!”と、なんと男性たちから某高級ショコラティエのチョコが振舞われました。

そのドッキリに一番喜んだのが、何を隠そう主催者のCさん。
“バレンタインって、女性側がチョコレートをあげる日だと思っていたのに、逆チョコなんていうのがあるのね。知らなかった。

久しぶりに男性から、たとえ義理だとはいえ、プレゼントをもらうっていう体験をして、すごくドキドキしたわ”とご満悦でした。

アラサーのバレンタイン体験談④女3人のバレンタイン女子会の行方

最後は、バレンタイン飲み会はバレンタイン飲み会でも、女子3人のバレンタイン女子会を決行したDちゃん(30歳)。
“楽しいんですよ。気心知れた女同士であれこれしゃべって。でも、なんだか、バレンタインだと思うと、帰りの電車でむなしくなっちゃって……”。

普段の女子会なら100%満喫できるという彼女ですら、さすがにバレンタインデーの女子会は何かしら思うところがあった模様。

その日からDちゃんは真剣に婚活をスタートしたのでした。

まとめ

いかがでしたか?
アラサーになるとバレンタインに本命の好きな人に告白するのも緊張しますよね。ですが、片思いしているときはバレンタインをチャンスだと思って、行動を起こしてみましょう。もしかすると、体験談にあるようなたなぼた的なラッキーがあるかもしれませんよ♡

関連記事ランキング