胸キュン★恋がしたくなるドラマ★おすすめ韓流恋愛ドラマ

胸キュン★恋がしたくなるドラマ★おすすめ韓流恋愛ドラマ

「見たら恋がしたくなるドラマ」「恋がしたい女性におすすめする韓国の恋愛ドラマ」をご紹介します♪

日本やアメリカのドラマも素敵な恋愛ドラマがたくさんありますが、韓国のドラマは胸きゅんポイントが盛りだくさんで見ると恋がしたくなるドラマが多いですよね。

これを観れば、今すぐあなたも恋人に会いたくなったり、あるいは今すぐ恋がしたくなるかも。おすすめドラマを見て胸きゅんしちゃいましょう♪

恋がしたくなるドラマ★屋根部屋のプリンス

元東方神起のユチョン主演の大ヒットファンタジーラブコメディー

――私の部屋に突然現れたのは、300年前からタイムスリップしてきた王子様!?

屋根部屋のプリンス

恋がしたくなるドラマ★屋根部屋のプリンスのあらすじ

三百年前。朝鮮王朝の世子(皇太子)のイ・ガクは、池で溺れ死んでいた嬪宮(皇太子妃)を見て絶望する。周囲は事故死と断定するも、イ・ガクは嬪宮の死に疑惑を持ちウ・ヨンスル、ト・チサン、ソン・マンボを臣下にし、嬪宮の死の謎を解こうと独自に調査する。しかし、調査中に襲撃を受け逃げている途中で崖から落ちてしまう。

一方、現代の方ではアメリカから一人の女性が韓国の地に降り立った。彼女の名前はパク・ハ。幼いころ事故で記憶をなくしてアメリカで養子縁組となっていた。生き別れた父親を探して韓国にもどって来たものの、なんと父は亡くなってしまっていた。身寄りのないパク・ハは父の再婚相手であるコン・マノクや義理の姉妹ホン・セナを本当の家族のように大切に思いながら韓国で暮らすことに。

そんなパク・ハの新居に突然現れた四人の不法侵入者。彼らこそ三百年前からタイムスリップしてきたイ・ガク達だった――――。

三百年前の人間である彼らは現代の常識や技術に驚愕する。そんな彼らの事情を理解したパク・ハは四人の面倒を見ることに。そんな時、イ・ガクは街中で亡くなったはずの嬪宮を見つける。しかしその嬪宮にそっくりな女性は、実はパク・ハの義理の姉妹ホン・セナであった。そして、イ・ガクは自分にそっくりな人物、現在行方不明中であるヨン・テヨンの抱えた問題にパク・ハと巻き込まれていくことに・・・・・・。

行方不明のヨン・テヨンは生きているのか。嬪宮の死とタイムスリップは関係があるのか。そして、パク・ハの秘密とは・・・・・・!

恋がしたくなるドラマ★屋根部屋のプリンスのおすすめ胸キュンシーン

火事に巻き込まれ、一人倉庫に閉じ込められた状態のパク・ハ。そんな彼女の危険を知り、商談中にも関わらずパク・ハの元へ駆けつけたイ・ガク。彼女を救うべく、単身火事の中へ飛び込み、みごと救出する。何もかもかなぐり捨ててパク・ハを救うイ・ガクの姿にはジーンときます。

 

 

恋がしたくなるドラマ★パンダさんとハリネズミ

韓国の人気アイドルsuperjuniorのドンへ初主演作

――閉店に追い詰められた”カフェ・パンダ”に現れた謎めいたイケメン天才パティシエ。彼は何物!?

パンダさんとハリネズミ

恋がしたくなるドラマ★パンダさんとハリネズミのあらすじ

天才的な腕前を持つパティシエ、コ・スンジは何故か副業で金貸しをしている。今日も今日とて債務者を追いかけては、ケーキ店のオーナー、ビョンムに叱られる日々。あくる日、スンジはビョンムが女性と会っているのを目撃する。恋人かと思いきや、その女性はビョンムの一人娘、ミヒャンだった。ミヒャンはとある事件の犯した犯人とされ服役していたが、ようやく刑期を終えて戻ってきたのだった。現在、ビョンムの家で暮らしているスンジはミヒャンのために、そして面倒を見てくれたビョンムへの恩返しのために、自立する事を決意。

就職先を探していたスンジは、カフェ・パンダというケーキ店のパティシエ募集中の張り紙を見つける 。さっそく店にやってきたスンジは店にあった不味いケーキを見事美しくておいしいケーキに直して、オーナーのパン・ダヤンを大喜びさせる。

こうして住み込みで働くことになったスンジと急接近してドギマギするダヤン。そこへ、幼い頃からダヤンに片思いしていたダヤンの幼馴染、チェ・ウォニルが現れる。ウォニルがあの一流ケーキ店、サン・ノレの若社長と知るとスンジは態度を一変させる。

実は、スンジには棘で身を守るハリネズミのように隠された過去の秘密があった―――。

カフェ・パンダを舞台に繰り広げられる三角関係ラブコメディー。

恋がしたくなるドラマ★パンダさんとハリネズミのおすすめ胸キュンシーン

営業が終わった後のカフェ・パンダの調理室で、一人黙々と新作ケーキの準備に取り掛かるスンジ。そこへ様子を見にやってきたダヤン。取りとめのないことを話しているうちにスンジがダヤンにキスを求める。慌てるダヤンは『最高の父親になれるならいい』と言う。その言葉に困惑するスンジにダヤンは自らスンジにキスをして・・・・・・。思わずキュンとなったシーンでした。ダヤンからのキスに固まるスンジがかわいい!

 

恋がしたくなるドラマ★アラン使道伝

イ・ジュンギの除隊後、復帰作

――満月二つ、それが私に残された最後の時間。

アラン使道伝

恋がしたくなるドラマ★アラン使道伝のあらすじ

ウノは幼い頃母親と暮らしていたが、父親に引き取られ離れ離れになる。月日が経ち、行方知れずになった母親を探すため下僕のトルセと母親がいるとおもわれる町に向かっていた。その道中、ウノは死神にから逃れてきた幽霊少女―アランを見る。実はウノには幽霊を見ることができる能力があった。面倒くさかったウノはアランを見えないふりをしてやり過ごそうとするも、結局ばれてしまう。

しつこく付きまとうアランにウノは使道になれたらアランの望みを手伝うと冗談半分で約束するも、アランはあらゆる手段を行使して見事ウノを新任使道にしてしまう。使道になったウノは、自分が母に贈った簪をなぜか幽霊のアランが持っているのを見つけて問い詰める。しかしアランには生前の記憶がなく自分が何者であったのかすら覚えてないという。

アランの記憶を取り戻せば母の居場所が分かるかもしれないと考えたウノはアランの「正体探しを」手伝う。そうして、調べた結果。アランの正体がイ・ソリムという名で、権力者チェ大監の息子ジュワルという許嫁がいることが判明した。そして、三年前に行方不明になっていたアラン―イ・ソリムの遺体までもが見つかる。自分の死体にショックをうけたアランは一人、玉皇上帝に会うべく三途の川を渡る。

生きている者と死んでいる者。そんな二人の出会いが隠された真実を暴く―――!

恋がしたくなるドラマ★アラン使道伝のおすすめ胸キュンシーン

共に行動するうちに想いを通わせるようになるアランとウノ。やがて好きだと告げるウノにアランは自分は死者であり、定められた期間の間でしかこの世に留まることはできないと話す。死んでしまったアランはどうしったってあの世に戻るしかない。そんなアランを抱きしめるウノの姿は必見です。

 

恋がしたくなるドラマ★シンイ―信義―

人気俳優イ・ミンホの主演作

――あなたが護ってくれるから、私は諦めないで立ち向かえる・・・・・・。

シンイ―信義―

恋がしたくなるドラマ★シンイ―信義―のあらすじ

整形外科医のユ・ウンスの前におかしな装束を身にまとった男が現れる。男はウンスに怪我人を救ってほしいと言い、手術道具を持って怯えるウンスと共に光の渦へ入っていく。渦から出た先で待っていたのは、見知らぬ場所にウンスを連れてきた男と同じ格好をした人達。そして首の動脈を切られてぐったりと横たわる女性の姿だった。

言われるままにその女性を手術したウンス。これで帰れると安心するもつかの間、偉そうな男性が男にウンスを帰すなと命じたことでウンスは帰れなくなってしまい、光の渦も掻き消えてしまう

後に、ウンスはこの世界が西暦1351年の高麗―かつて昔の韓国であり、ウンスが手術をした女性は高麗王・恭愍王(コンミンワン)の妃であったこと。何よりウンスをこの世界に連れてきた男が近衛隊長チェ・ヨンであることを知る。

ウンスの持つ未来の医術や知識は王の目に留まり、ウンスは『神医』と噂される。難しい立場に立たされるウンスにチェ・ヨンは必ず元の世界に帰れるようにする、それまでは私が護ると告げる。

時空を超えて出会うはずのない二人が出会い、運命の扉が開く

恋がしたくなるドラマ★シンイ―信義―のおすすめ胸キュンシーン

なんといっても、チェ・ヨンの騎士っぷりです!剣一本で敵に立ち向かい時にウンスを護ろうと戦う姿はカッコいい!!普段はクールな表情がウンスの前でだけは崩れてしまう・・・・・・そんなシーンも素敵です。

 

恋がしたくなるドラマ★まとめ

日本のジャニーズとはまた違った魅力のある韓国のイケメンが出演している恋がしたくなるドラマをご紹介しました!

韓国のドラマは日本と違い、人気であるほど話も20話を超えますので、観るときは気を付けてくださいね。

土日に予定がない日や、平日の夜毎日疲れて帰ってきたときは、恋がしたくなるドラマを見て胸きゅんしちゃいましょう♥

関連記事

やっぱり美人になりたい!雰囲気美人を目指すための方法は?

『恋活』のすすめ!新しい恋愛をするために出会いを掴む方法4つ♡

胸キュン!!お家デートのキスの種類とタイミング

彼氏がいないと落ち着かない!恋愛に依存する女性の5つの特徴

出会いがないと諦めないで!大学生、社会人、アラサーの年代別のおす...

あそこが臭い原因は?あそこの悪臭を抑える石鹸とデリケートゾーンお...

    

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

bulk

フリーウェブライター、恋愛ライターとしても活動中。主にいろいろな目線で、ライフスタイル/恋愛/占いについて執筆。たまにライブ活動も行うが執筆最優先の生活が続いている。常に面白いことを探しに旅をしている。「初めまして、バルクです。ベリーグッドではいろいろなジャンルの記事を書かせていただいてます!読者のみなさんのお役に立てたらうれしいなと思います。よろしくお願いします。」