2017年の吉方位・凶方位・凶作用を減らすには?【芦屋道顕の九星占い】

2017年の吉方位・凶方位・凶作用を減らすには?【芦屋道顕の九星占い】

a1380_001668

早いもので、2016年も残すところあと2か月。2017年などあっという間にやってくるのう。

というわけで、さっそく2017年の吉方位と凶方位を紹介するぞよ。

ちなみに、九星での年の区切りは節分となるゆえ、ここでいう「2017年」は「2017年2月4日~2018年2月3日」のことじゃ。


■2017年の年盤

2017年2月4日~2018年2月3日

asiya2017kkyou

年の吉方位:西(※)・東南・北西

※風水・気学は流派によって解釈が異なる。2017年の西については「定位対冲」なる、「もとの定位盤の五行と回座した九星の五行の相性が悪いときは吉方位にならない」とする考えを採用する流派では「凶方位」とするであろう。おぬし自身の信じる流派があるならば、その流派の方位を採用するがよいぞ。

年の凶方位:南・北・東
★西は「大歳」で吉方位

西は2017年、その年の干支である「酉」が入るゆえ、非常に発展的なエネルギーが働く、大吉方位となる。これは、1年を通じてすべての人にとって吉方位ではあるが、より詳細に個人の生まれとの相性を見ていった場合には、月によっては凶方位となることもあるので注意したい。

 

★東南と北西は「天道」で吉方位

東南と北西は「天道」なる吉神が回座するゆえ、吉方位となる。

★南は「五黄殺」で凶方位

特に南は五黄土星が回座しており「五黄殺」という九星の凶方位の四天王でも最強の凶作用が働く方位となっている。

★北は「暗剣殺」で凶方位

他に、五黄殺の南よりは多少凶作用は減退するものの、北も注意すべき方角となる。

2017年の北は、五黄殺の南の向かいであり、風水でいう鬼門と裏鬼門のような関係となる北は「暗剣殺」といい、その方角に行くと何かと災難に巻き込まれやすい方位となる。

★東は「歳破」で凶方位

西が吉方位となるゆえに、その反対側はエネルギーが枯渇してしまう。運気を吸い取られ、何をやってもうまくいかない、あるいは無気力になりがちな方位となる。