彼にとって最愛の人になるためのたった5つのテクニック

あなたは付き合っている彼に愛されていると実感できていますか?
時に不安を感じたり 彼の態度がそっけないと不満思ったりはしていませんか?

そんな時彼の気持ちを確かめたくて「ねぇ私のこと愛してる?」と たずねる女性も多いと思いますが これが度重なると 帰って逆効果になり 彼に「めんどくさい女だな」と思われてしまうことにもなりかねません。

そこで今回は言葉でなく あなた自身から行動を起こし彼に歩み寄ることであなたが彼にとっての最愛の人になるためのテクニックををご紹介したいと思います。

 


胃袋を掴もう

 

男性は付き合っている彼に限らず お腹を満たしてくれる女性に 惹きつけられる傾向があります。また「男は胃袋を掴め!」という ことわざがある様に 男性が交際相手や結婚相手を選ぶ時の条件の中でも 料理が得意な女性は 大変ポイントが高いのです。

もちろん 料理があまり得意ではない女性が最初から 複雑なレシピや 高度な技が必要な料理を作る必要はありません。お米を炊くことや 味噌汁を作ることや 卵焼き一品から始めても良いのです。レシピサイトやマニュアル本から これなら出来そうだな!と思う料理を選んでも良いでしょう。大切なのは 気持ちです。

仮に失敗したとしても 彼は 貴女が自分の為に一生懸命作ってくれたんだな…と 嬉しくなること間違いなしです!そして エプロン姿で 自分の為に料理をしている貴女を見るだけで 可愛いな 愛おしいなと感じてくれると思いますよ!

料理を作る時の一番のポイントは 愛情を込めて作ることです。愛情は料理を美味しく感じさせる為の 何よりのスパイスです!

 

都合の良い女にならない

 

男性は付き合いが長くなってくると まるで お母さんに甘えるように わがままになりがちな方が多いです。
自分の都合で いきなり呼び出したり、そうかと思うと 急に用事を思い出したと言って帰ってしまったり、お金に困った時に「貸してくれない?」と気軽に頼んで来たり、そんな風に振り回す彼の場合は 要注意です。
特に世話好きで 面倒見が良く 母性本能が強い女性は こういった 依存心の強い男性と 付き合いやすい傾向があります。

もし 貴女の彼が甘えん坊でわがまま 自分勝手な人だったら、決して彼に支配されてはいけません。
彼の要求を断ったら 彼が離れていったとしてもです。そのような場合は それだけの人だったとあきらめましょう。
本当に貴女を大切に思ってくれている彼なら、きっぱり貴女が断った瞬間に、自分が悪かったと反省して 態度や行動を改めるはずです。

母性本能が強い女性は つい 何でもしてあげたくなりがちですが、それは 彼を増長させる原因にもなります。
親しき中にも礼儀あり のことわざ通り、互いにステディな関係であれ 他人であることに変わりはありません。人と人は互いに尊重し合ってこそ 良い関係が築けるものです。

彼にとって都合の良い女にならないことは 貴女自身だけでなく 彼にとっても 大事なことなのです。

 

関連記事ランキング